【ビルボード HOT BUZZ SONG】ミスチル「here comes my love」が断トツ首位、WANIMA「シグナル」はリリースで動画再生数が約3.5倍に

2018年1月27日 / 12:00

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週はMr.Children「here comes my love」が首位を獲得した。

 本作は、ドラマ『隣の家族は青く見える』の主題歌。1月19日に配信限定でリリースされ、集計期間3日で断トツ首位のポイントを獲得し、ダウンロード首位、Twitter35位で本チャートを制した。続く2位は前週より1ランクアップとなったTWICEの新シングル「Candy Pop」。動画再生数は前週と同じく2位だが、再生数自体は320万回から400万回と25%増加している。動画再生数1位は、今週で5週連続となった荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」。TWICE「Candy Pop」との差は現時点で約50万回まで迫っており、TWICEは2月7日のリリースに向けて、現在【TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018】が開催されているため、来週あたりで動画再生数連覇にストップがかかりそうだ。

 そして、初のトップ5入りとなったのがWANIMA「シグナル」。メジャー1stフルアルバムで今週、HOTALBUMSも制した『Everybody!!』の収録曲でダウンロード5位、週間動画再生数も前週より100万回以上多く11位に上昇している。

 その他、今週はAqoursのアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌がトップ10内に2曲チャートイン。6位「WATER BLUE NEW WORLD」、10位「WONDERFUL STORIES」ともにダウンロードが好調でトップ10内を獲得している。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年1月29日付)
1位「here comes my love」Mr.Children
2位「Candy Pop」TWICE
3位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
4位「シグナル」WANIMA
5位「瞬き」back number
6位「WATER BLUE NEW WORLD」Aqours
7位「Reboot」東方神起
8位「TOKYO MERRY GO ROUND」Da-iCE
9位「あなた」宇多田ヒカル
10位「WONDERFUL STORIES」Aqours


音楽ニュースMUSIC NEWS

サイダーガール、大きなシンガロングが会場に響いたワンマンツアーの最終公演をレポート

ジャパニーズロック2019年3月25日

サイダーガール史上最大規模、かつ初となるワンマンツアー『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』が、3月24日Zepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎えた。 炭酸の泡 … 続きを読む

sumika、アルバム『Chime』から“家族”をテーマに歌った「Familia」のMV公開

ジャパニーズロック2019年3月25日

sumikaが3月13日にリリースしたニューアルバム『Chime』より、「Familia」のMVを公開した。 「Familia」はアルバムの最後に収録されている“家族”をテーマに歌った楽曲。自分の意思で家庭や家族を作っていく、“住処R … 続きを読む

DESURABBITS、ファンとの絆の深さを提示した1年振りのワンマンライブをレポート

ニュース2019年3月25日

DESURABBITSが、2019年に入って掲げた“兎革命”。その第一弾として行なわれたのが、対照的な両A面シングル「卒業少女‐未来絵‐/でも、逃げんな」を引っ提げた、3月23日(土)渋谷CYCLONEでの1年振りとなるワンマン公演『DES … 続きを読む

THE YELLOW MONKEY、アリーナツアー追加公演&映画『オトトキ』復活上映を発表

ジャパニーズロック2019年3月25日

THE YELLOW MONKEYが、4月から開催する全国アリーナツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 –GRATEFUL SPOONFUL-』の追加公演を発表した。 今回発表されたのは、8 … 続きを読む

桜の開花を祝って、春うた名曲カバー5選

ジャパニーズロック2019年3月25日

いよいよ桜の開花宣言が各地で出始めた今日この頃。気温も上がってきて、暖房を使わないで大丈夫になってくると、“あ〜、春が来たなぁ”とか思いながら、調子がパシッと戻ってきたりするものです。花粉症もあと少しの辛抱。どうにか乗り切りましょう。という … 続きを読む

page top