NHK紅白歌合戦は影響力はあるのか?! 安室奈美恵と竹原ピストルの動向【Chart insight of insight】

2018年1月14日 / 13:30

 新春初集計となる今週のHot100は、「NHK紅白歌合戦」の影響が顕著に出たチャートとなっている。視聴率の低迷が話題になっていたとはいえ、やはりユーザーには大きな影響を与えたといってもいいだろう。

 なんといっても目を引くのは、首位を獲得した安室奈美恵の「Hero」(【表1】)。社会的にも非常に話題性は高く、テレビの視聴率調査でも番組内で瞬間最高視聴率を記録したようだ。ダウンロード、ストリーミングでは圧倒的な強さを見せ、セールスポイントではダントツの1位(紫のグラフ)。それに追随するかのようにラジオのオンエア回数(緑のグラフ)や、ツイッターのつぶやき数(水色のグラフ)なども多数ポイントを獲得した。ベスト・アルバム『Finally』も売れ続けており、引退までにまだ何度もチャートを賑わせてくれる可能性を秘めている。

 首位以下も、紅白関連楽曲が多数上位にチャートインしている。欅坂46、TWICE、乃木坂46がベスト10、そして11位以降も、三浦大知、SHISHAMO、WANIMA、平井堅と続く。なかでも気になるのが、15位に浮上してきた竹原ピストル「よー、そこの若いの」の存在だろう(【表2】)。2015年リリースの楽曲だが、それまでHot100の圏内に入ってくることはなかった。しかし、今回の紅白出場によって話題を呼んだため、ラジオのオンエア回数では8位(緑の点)、ストリーミングなども含むセールスポイントで15位と、その底力を見せつけた。地道に活動してきた彼にとってはあくまでもひとつのきっかけでしかないだろうが、新しい年に向けた第一歩としては申し分ない結果といえる。

 批判も多数あるのだろうが、やはりそれでも「紅白歌合戦」は影響力の強い番組であることに変わりはない。そのことを実感させられる新年のチャートだった。Text:栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

青山テルマ「In This Place~2人のキズナ」を生歌初披露、今年は「感謝する一年だった」

J-POP2018年12月11日

 『シュガー・ラッシュ:オンライン』の日本版エンドソング「In This Place」を担当した青山テルマが、公開直前イベントに登場し、SHIBUYA109の特設ステージに多くの観客が押し寄せた。  本イベントで青山テルマは、日本版エンドソ … 続きを読む

BiSH、横浜赤レンガでのフリーライブより「サラバかな」のライブ映像公開

ニュース2018年12月11日

BiSHが12月7日から3日間にわたって開催した人気企画『BiSH参勤交代the beyond』の締め括りとして、12月9日に実施したフリーライブ『stereoなfutureにしないYOKOHAMA』より、2015年リリースのインディーズ1 … 続きを読む

超特急、BTS (防弾少年団)ら出演の音楽アワード【2018 MAMA】出演へ

J-POP2018年12月11日

 超特急が、2018年12月12日にさいたまスーパーアリーナで行われる【2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN】に出演する。  今年で10回目を迎える【Mnet Asian Music Awards(MA … 続きを読む

超特急、アジア最大級の音楽受賞式『2018 MAMA』に出演決定

ニュース2018年12月11日

超特急が12月12日にさいたまスーパーアリーナで行われる『2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN』に出演することが決定した。 2018年で10回目を迎える『Mnet Asian Music Awards( … 続きを読む

ヤバイTシャツ屋さん、新AL初回限定盤付属DVDのトレーラー映像公開

J-POP2018年12月11日

 ヤバイTシャツ屋さんが、12月19日にリリースする3rdアルバム『Tank-top Festival in JAPAN』の初回限定盤に付属するDVDのトレーラー映像を公開した(https://youtu.be/O31rvmOm4MM)。 … 続きを読む

page top