音楽番組「LOVE or NOT♪」第14回は前回に引き続き加藤ミリヤが登場!

2017年12月15日 / 16:00

音楽番組「LOVE or NOT♪」第14回 (okmusic UP's)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二が初MCを務める音楽番組「LOVE or NOT♪」。ベッキーとともに、毎回ゲストを迎えて“LOVE”と“MUSIC”をテーマにトークを繰り広げ、今市自身の音楽観も語りながらゲストの魅力を引き出していく同番組の第14回が12月15日より、dTVとFODで同時配信を開始した。第14回では、前回に引き続きゲストに加藤ミリヤが登場! コラボの魅力や恋愛ソングについてのお話も。
今市から「ミリヤさんは様々なアーティストと今までコラボしてきましたが、コラボの一番の魅力はなんですか?」という問いかけで番組はスタート。加藤は「違う扉が開くことです。みなさん、作り方の個性やスタイルがあって。自分の世界はこれしかないと思いがちだけど、こういう世界もあるんだなって気付けるし、自分の良いところも悪いところも解るからすごい勉強になります。」とコラボの魅力を語る。今市からの「(相手は)自分で選んでるんですか?」という問いには、「はい、自分で選んでます。」との回答。そこでベッキーから「大事なポイントは何ですか?」と即座に質問すると、「声! 好きな声かどうか」という回答。ベッキーから「声フェチですね!?」と言われると、加藤は「そう、この声と混ざってみたいと思うかがポイントです。」とコラボのポイントを話した。
ベッキーからの「これからコラボしたいアーティストはいますか?」という問いかけには「大好きなのが、椎名林檎さんです。」と答える。「まだしたこと無いんですか?」とベッキーが聞くと、「まだ無いですし、筋肉仲間なんですよ。」と意外な関係が明らかに。今市とベッキーが声を揃えて「筋肉仲間?」と驚きながら反応すると、「そう、ジムとか朝ごはん食べたりとか。憧れの存在です。」とのこと。今市は「似合いますよね!」と相槌を打つが、ベッキーから「似合うけど似合わない! ミリヤさんは渋谷のイメージだけど、椎名林檎さんは新宿歌舞伎町のイメージなので、その二人が異色な感じがします。でも、尖ってる二人っていう共通点ではすごく見たい!」とコメントをした。加藤は「とても憧れていて、今だったら良いなと思う自分になりたいです。」といつかコラボしたいという憧れを語る。
清水翔太とのコラボについて

今市から「ミリヤさんは清水翔太さんとコラボすごくしてるイメージがあるんですが、きっかけは何ですか?」という問いかけに、「たまたますごい子がいるって紹介されたのが翔太で、絶対うちの事務所に来てほしいと思っていて」と答えると、ベッキーが驚きながら「えー、デビュー前から??すごい!ミリショーですよ!」との反応。加藤も嬉しそうに「彼天才!絶対売れる!と思っていたらレコード会社も一緒で」と当時を思い出しながら語った。ベッキーから「清水翔太さんの一番の魅力は何ですか?」という質問に「声は絶対だし、音楽の神様この人に付いてるなって思う!」と答える。今市から「(清水翔太さんの)「HOME」をオーディションで歌って三代目 J Soul Brothersに入ったんですよ。ATSUSHIさんがそれぞれファイナリストに課題曲を与えるんですけど、自分は「HOME」与えられて、まー苦戦しましたね。」加藤は「えー、最悪ですね!」と相槌を打った。さらに今市は「ラップ調のフロウじゃないですか。それを今までやってこなかったのでかなり苦戦しました。」と当時を語った。ベッキーから「ここ(ミリヤさんと今市さん)がコラボするとしたらどんな楽曲やりたいですか?」という問いかけに対しては「私はすぐに思いついたんですよ。すっごい遅い曲! バラードのすっごい遅い曲。リズム気にしないで歌う曲とか良いなと思います。」と加藤が答える。今市は「是非、お願いしたいですね!」と嬉しそうに返した。
スポーツと音楽について

「ミリヤさんはオリンピックのキャンペーンソングを歌われたこともありますけど、そういう活動は今後もしたいなと思いますか?」というベッキーの問いかけに、加藤は「そうですね、スポーツと音楽は一つになってると思うので。東京オリンピックもありますし何か自分にも出来る事があると思います。」と答える。さらにベッキーから「スーパーボウルのハーフタイムショーは毎年見てます?」と聞かれると、加藤は食い気味に「見てますね!」今市も「あれは最高ですよね!」と盛り上がった。ベッキーが「まず今年誰が選ばれるのか?っていうのと、あの10分から20分ぐらいの時間で何詰め込むんだ?みたいな。誰のが好きでしたか?」との質問に加藤は「この間の(レディー・)ガガのは泣きました。」とのこと。今市は「すごかったですよね!あの演出が。」と相槌を打つ。さらに加藤は「すごくそれ(演出)にかける感じがあったのでなんかぐっときましたね。色んなバリエーションもあり、昔の曲もやってくれたりとか。最初から展開が意外だったから。」今市は「自分はコールドプレイ。ブルーノ・マーズとビヨンセが出た。あれがカッコ良かったですね。あの時までブルーノ・マーズが踊る印象が無かったんですけど、ヘッドセットでめちゃくちゃ踊ってたので、あれはカッコ良かったですね。」、「日本でああいうのやって欲しいですよね!スポーツも音楽もどっちも盛り上がるし」と語り、「スポーツで音楽の登場率って年々増えてますよね!総合的なエンターテイメントになってきてる」とスポーツと音楽についての話も盛り上がった。
作詞と恋愛について

今市から「ミリヤさんは女性の共感を呼ぶ恋愛ソングを沢山作られてますが、作詞の時は実体験ですか?」聞くと、加藤は「基本実体験が多いですけど、ファンの子の手紙からとか、友達の話ですごい残っている話とかを書くことは最近多いかもしれないです」と答える。ベッキーからの「ちなみに恋をすると曲に反映されますか?」という質問に対しては「もうガンガンです! むしろそれしか無いぐらい! 自分達が生まれた意味ですよ! だから、人を好きになる事はすごい事だと思うから」と語気を強めながら答える。また、ベッキーから「恋がうまくいっている時の方が曲出来ますか?それとも、うまくいっていない時の方が出来ますか?」という問いには、「どっちも!でも、どっちを求められてるか分からないですけど、やっぱり辛い時に歌聞きたいという人もいるし、HAPPYな時に聞きたいって人もいるけど、幸せな曲の方が難しいですよね? 自分が満足してるし」と作詞と恋愛の関係性についても語った。また、今市から「ミリヤさんは、10代の時にどんなラブソングを聞いていたんですか?」と聞かれると、「私は、メアリー・J・ブライジが大好きで、「Everything」という曲があって(坂本九さんの)「SUKIYAKI」をサンプリングしている曲なんですけど、10代の時はHIPHOPやR&Bが大ブームだったので聞いてました」と話していた。
ファッションについて

ベッキーから「ファッションのマイブームとかありますか?」という問いかけに対して加藤は「タイトな服」と答える。今市からの「へー、ストリートなイメージありましたけど」という反応に、「そういう服も好きなんですけど、わりと最近はかっちりしたのとか好きですけど、昔みたいに何でも沢山買うというよりは、すごい考えて買うようにしてます。もう大人だし。」と、加藤。ベッキーから「ミリヤさんを満足させる服って日本にあります? 海外でしか買ってないんじゃないかな?っていうぐらい。ちょっと普通のものは買わない感じがするんですけど」と聞かれると、「古着屋はすごい好き。個性があるものが好きですけど新しいものも好きです」とファッションについて話した。
そして、今回のTODAY’S LOVE or NOT♪LIVEは、加藤ミリヤがアルバム『Utopia』に収録されている原点をアップデートした曲「少女時代」を披露! 第14回は、dTVおよびFODにて配信中なので、お見逃しなく。
「LOVEorNOT♪」バンドメンバー募集
2018年2月に行なう公開収録イベントで今市隆二とステージに立ってパフォーマンスを披露するバンドメンバーを募集中。バンドメンバー募集はプロ・アマ・年齢・性別問わず、12月31日まで募集を受け付けているので、気になった方は「LOVEorNOT♪」の情報ページ、またはオフィシャルTwitterをチェックしてほしい。

■詳細ページ

http://dreamfactory.video/web/event/detail/32/

■「LOVEorNOT♪」オフィシャルTwitter

https://twitter.com/loveornot_music


音楽ニュースMUSIC NEWS

【ビルボード】ヒプマイシリーズ最新作『麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-』がダウンロードAL首位 iri『Sparkle』は5位に

J-POP2020年4月1日

 2020年4月6日付(集計期間:2020年3月23日~3月29日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、麻天狼の『麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-』が首位 … 続きを読む

【ビルボード】Aimer「春はゆく」が4万DLで首位デビュー、トップ10半数が初登場楽曲に

J-POP2020年4月1日

 2020年4月6日付(集計期間:2020年3月23日~3月29日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、Aimerの「春はゆく」が40,453ダウンロード(DL)を売り上げて、初 … 続きを読む

【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE…」がストリーミング7連覇 Uru「あなたがいることで」が初のトップ10入り

J-POP2020年4月1日

 2020年4月6日付(集計期間:2020年3月23日~3月29日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dismの「I LOVE…」が8,38 … 続きを読む

【ビルボード】Aimer『劇場版「Fate/stay night」』最終章「春はゆく」がアニメチャート1位、前2章主題歌も上昇

J-POP2020年4月1日

 2020年4月6日付(集計期間:2020年3月23日~3月29日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、Aimerの「春はゆく」が1位に輝いた。  本曲は『劇場版「Fate/stay … 続きを読む

【ビルボード】Kis-My-Ft2『To-y2』が総合アルバム首位 ヒプマイ麻天狼/ヒゲダンが続く

J-POP2020年4月1日

 2020年4月6日付(集計期間:2020年3月23日~2020年3月29日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Kis-My-Ft2の『To-y2』が総合首位を獲得した。  「Kis-My-Ft2が産み出す『音楽=おもち … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top