【ビルボード年間Download Songs】星野 源「恋」が2位以下を大きく突き放すDL数で1位に

2017年12月8日 / 04:00

 Billboard JAPANが発表するチャートに、2017年10月9日付から仲間入りをしたBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”。本チャートは、GfK Japanが提供する国内主要音楽ダウンロードサイト(iTunes、amazon、Google Play Music、mora、mu-mo、レコチョク)の販売実績およびニールセンが提供するその他音楽レーベルのiTunesの販売実績による推計値を集計したものだ。

 記念すべき第1回目となる今年の年間トップを獲得したのは、星野 源の「恋」だ。2位のRADWIMPS「前前前世」の2.5倍以上のポイントを稼いだ本曲は、圧倒的なダウンロード数を誇り、“HOT 100”と合わせて2冠を獲得した。2位のRADWIMPS「前前前世」は1位こそ逃したものの、映画『君の名は。』のロングラン・ヒット上映やBlu-ray&DVDリリースが1年に渡って話題を集め続け、昨年に続き、今年も大奮闘の年だったと言えるだろう。

 トップ10の楽曲を見てみると、どれもCMや映画、テレビアニメやドラマのタイアップ曲であることに気づく。トップ10唯一の海外組であるオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」はブルゾンちえみ効果であることは目に見えているが、その後の来日ラッシュやNTTドコモのCMに起用されたことで、さらにその勢いを増したことだろう。トップ10にDAOKOとの「打上花火」(4位)、「ピースサイン」(10位)と2曲もチャートインした米津玄師も、今年、特に飛躍を遂げたアーティストの内の一人だと言える。

◎【Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2017】トップ10
1位 「恋」星野源
2位 「前前前世」RADWIMPS
3位 「やってみよう」WANIMA
4位 「打上花火」DAOKO × 米津玄師
5位 「ハッピーエンド」back number
6位 「おとなの掟」Doughnuts Hole
7位 「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
8位 「HANABI」Mr.Children
9位 「なんでもないや」RADWIMPS
10位 「ピースサイン」米津玄師


音楽ニュースMUSIC NEWS

ゆず、「うたエール」弾き語りVerを配信リリース!売り上げは西日本豪雨被災地へ寄付!

ニュース2018年7月15日

ゆずが2018年にリリースした楽曲「うたエール」を弾き語りバージョンとして急遽レコーディングし、7月20日(金)に配信リリースすることを発表した。その収益金を西日本を中心に被害を受けた『平成30年7月豪雨』の被災地へ支援金として全額寄付され … 続きを読む

HYDE、ソロライブツアーに“東名福”14公演追加決定

ジャパニーズロック2018年7月15日

6月29日(金)ZEPP TOKYOより始まったHYDEソロライブツアー『HYDE LIVE 2018』の追加公演が決定した。すでに10公演が終了し、多くの公演をソールドアウトしている中、東京8公演・名古屋2公演・福岡4公演が追加され、全3 … 続きを読む

やくしまるえつこの新曲が聴ける『ハイスコアガール』ED映像公開

ニュース2018年7月15日

TVアニメ『ハイスコアガール』のエンディング映像が公開された。エンディングテーマを歌うのはやくしまるえつこ(相対性理論)の新曲「放課後ディストラクション」。やくしまるえつこがティカ・α名義で作詞・作曲・プロデュースを担当し、編曲、プログラミ … 続きを読む

トゥエンティ・ワン・パイロッツ 「ジャンプスーツ」&「二コ・アンド・ザ・ナイナーズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ(Song Review)

洋楽2018年7月15日

 2015年リリースの4thアルバム『ブラーリーフェイス』(全米1位)で大ブレイクを果たした、 米オハイオ州出身のオルタナティブ・ロック・デュオ=トゥエンティ・ワン・パイロッツ。本作からは、「ストレスド・アウト」(2位)と「ライド」(5位) … 続きを読む

『サマー・パック』 チャイルディッシュ・ガンビーノ(EP Review)

洋楽2018年7月15日

 本作『サマー・パック』は、夏をテーマにした「サマータイム・マジック」と「フィールズ・ライク・サマー」の2曲を収録した、2004年の『Kauai』以来4年振りとなるEP盤。EP盤というと、通常4~6曲は収録されるものだが、特に何曲以上という … 続きを読む

page top