【ザ・クロマニヨンズ ライヴレポート】『ザ・クロマニヨンズ ツアー ラッキー&ヘブン 2017-2018』2017年11月29日 at マイナビBLITZ赤坂

2017年12月7日 / 16:00

(okmusic UP's)

 10月26日からツアー『ラッキー&ヘブン 2017-2018』をスタートさせたザ・クロマニヨンズ。初日から約1カ月後の11月29日、東京・マイナビBLITZ赤坂で彼らのライヴを観ることができた。

 満員の観客を前に、10月11日リリースのアルバム『ラッキー&ヘブン』からのナンバーを中心に全力疾走のステージを展開していく4人。8月にリリースされた最新シングル「どん底」、そのカップリング曲「ぼー」など、シンプルにして攻撃力あふれるナンバーが次々に観客に襲いかかる。曲の切れ目がほとんどないままスピード感に満ちた演奏と歌が続く中、昭和歌謡的なムードコーラスを聴かせる「足のはやい無口な女子」、リズミカルにタイトルを何度も繰り返す「ハッセンハッピャク」など、コーラスを強く意識させる曲がアクセントを与える。

 そして、「ワンゴー」では、ロックンロールのレジェンド、チャック・ベリーの得意とするイントロのギターフレーズを真島昌利(Gu)が奏でて盛り上げる。一貫してパワフルなヴォーカルの甲本ヒロト(Vo)は、「ユウマヅメ」ではやさしげな、「ペテン師ロック」では荒々しいハープを聴かせ、強烈なカラーで彩りながら、さまざまな表情を観せていく。鋭利な刃物のような演奏と猛々しいヴォーカルを高いテンションのまま維持し、楽曲の個性がより際立ったライヴを展開してくれた。ツアーは年をまたいで来春まで続くので、今後も各地で熱いステージが繰り広げられることだろう。
撮影:柴田恵理/取材:岡本 明
セットリスト
現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
ザ・クロマニヨンズ
ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!


音楽ニュースMUSIC NEWS

ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

J-POP2018年11月13日

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、2018年12月5日にリリースするニュー・アルバム『ホームタウン』より、タイトル・トラックのMVを公開した(https://youtu.be/7z-7klgUSyU)。  新曲「ホームタ … 続きを読む

ク・ハラ(ex.KARA)、クリスマスイブの夜にファンミーティング開催

J-POP2018年11月13日

 ク・ハラが、ソロファンミーティング【Koo HaRa Japan Fanmeeting 2018~約束~】を、2018年12月24日に神奈川県民ホールにて開催する。  ク・ハラは、 KARAのメンバーとして、 2010年8月「ミスター」で … 続きを読む

高木正勝、初のプライベート・ピアノ曲集&エッセイ集『こといづ』発売

J-POP2018年11月13日

 高木正勝が、初のプライベート・ピアノ曲集『Marginalia(マージナリア)』を、2018年11月21日にリリースする。  細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の映画音楽をはじめ、CM音楽、執筆など幅広 … 続きを読む

篠原涼子ら東京ミッドタウン点灯式に登壇、特等席から見るイルミネーションに「贅沢です」 

J-POP2018年11月13日

 2018年11月13日から12月25日の間に開催される【MIDTOWN CHRISTMAS 2018】の点灯式が、東京ミッドタウンで行われた。  今年で12回目を迎える本イルミネーションでは、約100個の光るバルーン球体に加え、1日約45 … 続きを読む

【氣志團万博】初日、森山直太朗/TRF/BiSH/打首獄門同好会らが作り上げた最高の集会

J-POP2018年11月13日

 2018年9月15日に開催された、氣志團主催の野外フェス【氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~】初日のライブレポートが到着した。  ウェルカムアクトであるオメでたい頭でなによりが「We will luck you」などで会場を暖めた後 … 続きを読む

page top