【Migimimi sleep tight インタビュー】ライヴハウスをダンスフロアーに!

2017年12月5日 / 10:00

L→R JOTARO(Ba&Cho)、宮川依恋(Vo&Gu)、松本誠治(Dr&Cho&Perc)、涼平(Gu&Cho&Pf) (okmusic UP's)

さまざまな可能性を追求したミニアルバム『The Lovers』から約1年半。Migimimi sleep tightの世界観を決定付ける2ndミニアルバム『The Massive Market』が完成した。
──前作の『The Lovers』リリース後、活動の勢いがぐんぐんと増していきましたね。
涼平
「メンバーそれぞれにがむしゃらだったと思うんですけど、今回の作品を作るまでライヴで試行錯誤しながらすごく模索していたんですよ。この作品ができたことでようやく着地できたというか。」
松本
「“君の人生で一番泣けて、一番踊れるバンド”というテーマを掲げて、いろいろなジャンルの音楽を試した曲がたくさんある中で、エレクトロニックな音色を使いながらダンスミュージックに絞っていこうってなってきたんです。」
宮川
「ジャンル、サウンド、ステージでの観え方も前作以上に定まってきて、これがMigimimiのサウンドだって言える作品になっていると思います。」
──全6曲それぞれに魅力があるのですが、おっしゃるようにMigimimiの世界観がタイトになったというか、バンドとしてよりひとつになってきたようなところが良かったです。今回の6曲はどんなふうに選んだのですか?
涼平
「BPM140前後の曲を選びました。「TREES ON FIRE」はちょっと違うんですけど、それ以外のアッパーな曲や、逆にミディアムテンポの曲は外しました。ライヴハウスで踊りやすいテンポなんですよ。」
宮川
「通して聴くと、1回分のライヴを観た感じになれる。」
──あぁ、なるほど。シンセをふんだんに使いながら、ライヴ感やバンド感も感じられるところも良かったです。
涼平
「そこは狙っているところでもあるんです。「Workaholic」以外、同じギターで音色もあまりいろいろ使わずに録ったんですよ。別のバンドではギターもアンプも音色も曲ごとに変えるってことをやっているんですけど、このバンドでは“Migimimiのギターの音はこうだよね”っていうぐらいシンプルでいいと思って、そこは意識しました。」
JOTARO
「僕はシンセに抗うというテーマがありました。だから、どうやったらシンセに負けずにグルーブできるのか、シンセが鳴っていなくてもフロアーを踊らせられるのか、とか考えながらリフやフレーズを作りました。」
松本
「ドラムはフロアーのステップを止めないことを基本に考え、変なフックは入れずにシンプルを意識しました。」
──涼平さんが作った曲が“君”を求める想いをファンタジックかつロマンチックに歌っているのに対して、宮川さんが作詞作曲した「Workaholic」だけ…
宮川
「全然テイストが違いますよね(笑)。現実味がある。サビの《今夜も定時に上がれそうにない》なんて他の人は使わないですよね(笑)。かなりインパクトがあると思うし、ファンの子たちが聴いても共感してもらえるんじゃないかな。」
──バンドの新たな一歩を示したという「MACAU:The Massive Market」ではどんな新しい試みを?
涼平
「EDMではドロップと言って、いわゆるサビがシンセのメロディーになっていることが多いんですけど、普段ロックを聴いている人たちは“歌じゃないの?”と不思議に思うということが分かったので、「MACAU:The Massive Market」ではドロップのあとに歌メロのサビを加えてみたんです。ライヴで聴いてもらったら絶対楽しいと思うんですけど、こういう曲の作り方は今後、Migimimiの新しい武器というか、キャラになっていくんじゃないかな。」
取材:山口智男
ミニアルバム『The Massive Market』
2017年12月6日発売

SPACE SHOWER MUSIC

DDCB-14056

¥1,800(税抜)
Migimimi sleep tight
ミギミミスリープタイト:2016年2月25日、涼平(メガマソ)と松本誠治(the telephones)を中心に、宮川依恋(NEXTRADE)、JOTARO(ex.FUNKIST)の4人で結成。同年5月1日に渋谷VUENOSでバンド初披露となるワンマンライヴを開催、大成功を収めた。 
ミニアルバム『The Massive Market』 トレイラー

https://www.youtube.com/watch?v=4gQMdadERDo


音楽ニュースMUSIC NEWS

蔦谷好位置×藤原聡(Official髭男dism)、『オオカミちゃん』挿入歌ピアノバージョンを初オンエア

J-POP2020年1月19日

 蔦谷好位置のプロジェクトであるKERENMIによる「ROOFTOPS feat.藤原聡(Official髭男dism)」のピアノバージョンの音源が、2020年1月20日放送のJ-WAVE『SONAR MUSIC』で初オンエアされる。  日 … 続きを読む

超特急、勇ましくクレイジーな男祭り「お前ら最高だ。だけど言うよ、来年はぶっ潰す!」

J-POP2020年1月19日

 超特急のオフィシャル・ライブレポートが到着した。  超特急が、1月18日(土)に東京・新宿BLAZEで男性限定ライブ【BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.06】を開催した。年イチの恒例行事となっている超特急の男祭りは、今年 … 続きを読む

安田レイ、4年ぶり新AL『Re:I』リリース決定

J-POP2020年1月19日

 安田レイが、新アルバム『Re:I』を3月18日にリリースすることが決定した。  約4年ぶりの発売となるオリジナルアルバムは、ドラマ『モトカレマニア』オープニングテーマとして配信ヒットを記録した「アシンメトリー」、アニメ『夏目友人帳 陸』エ … 続きを読む

上坂すみれ、新AL『NEO PROPAGANDA』映像特典ダイジェスト公開

J-POP2020年1月19日

 上坂すみれが、アルバム『NEO PROPAGANDA』初回限定版Aに収録される映像特典“NEO PROPAGANDA MAKING”のダイジェスト映像を公開した(https://youtu.be/1T6KfGljndU)。  映像特典が収 … 続きを読む

東方神起、新曲「まなざし」リリックビデオ公開

J-POP2020年1月19日

 東方神起が、新曲「まなざし」のリリックビデオを公開した(https://youtu.be/hnVaXftDgpQ)。  「まなざし」は1月22日に発売するニューシングルの表題曲で、そのミュージックビデオを先日公開したばかり。  これまで多 … 続きを読む

page top