BiSH/N.E.R.D、FM OH! 12月のパワープレイに

2017年12月1日 / 14:00

 FM OH!がマンスリーで選ぶイチオシ・ニュー・ディスク、12月のパワープレイに邦楽にはBiSH「My Landscape」、洋楽にはN.E.R.D & リアーナ「レモン」が決定した。

 BiSHは、“楽器を持たないパンクバンド”として活動。幕張メッセイベントホール公演をSOLD OUT させるなど破竹の勢いで突き進むBiSH 待望のニューアルバムは「プロミスザスター」、「GiANT KiLLERS」を含む全 13 曲収録。リード曲「My landscape」はストリングスとバンドサウンドが融合した壮大な楽曲。メンバーの表現力の幅が広がった楽曲やLAで撮影されたMusic Video やアートワークなど一回り大きくなった BiSH を感じさせる作品となっている。

 N.E.R.Dは、7年ぶりにシーンを刺激する、5作目にして初のセルフタイトル作。2010 年の 4th アルバム発売後 N.E.R.D としての活動は途絶えていたが、その後ファレルはヴォーカルで参加したダフト・パンクの「ゲット・ラッキー」や自身の曲「ハッピー」等で世界的大成功を収め、最近では映画『怪盗グル―のミニオン大脱走』や『ドリーム』への新曲提供/プロデュースなど精力的な活動を続けていた。そして、N.E.R.D 名義では2015年に映画『スポンジボブ: 海のみんなが世界を救 Woo(う~)!』へ新曲 3 曲を提供し再始動、ファレルがヘッドライナーを務めた同年夏の【サマーソニック 2015】でもシェイがサプライズ登場し会場を沸かせたことも記憶に新しい。「誰も本当の意味では死なない」というグループ名をセルフタイトルとして掲げたニュー・アルバム(本作)は、11月4日に米カリフォルニア州ロングビーチで行われたイベント【ComplexCon】で、N.E.R.D と約30人のダンサーと共に巨大なリスニング・パーティという形で初披露されファンを驚喜させたばかり。ビビッドなサウンドとエネ ルギーに満ちたニュー・アルバムで、N.E.R.Dが新たなポップカルチャーを創造する。

◎リリース情報
BiSH 
Major 2nd ALBUM『THE GUERRiLLA BiSH』
2017/11/29 RELEASE
2017/11/29 RELEASE
<AL+Blu-ray+PHOTOBOOOK(100P)>
※初回生産限定盤EPサイズ豪華BOX仕様
AVCD-93752/B 10,000円(tax in.)
<AL+DVD>
AVCD-93753/B 5,800円(tax in.)
<AL>
AVCD-93754 3,000円(tax in.)

N.E.R.D
5th ALBUM『No_One Ever Really Dies』
2017/12/15 RELEASE
SICP 5647/2,200円(tax out.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

トム・ヨーク、イタリア人女優ダヤーナ・ロンチョーネと結婚

洋楽2020年9月25日

 レディオヘッドのトム・ヨークが、イタリア人女優ダヤーナ・ロンチョーネ(Dajana Roncione)と結婚したことが明らかになった。二人が彼女の出身地である伊シチリア州で2020年9月19日に挙式したとVanity Fair Italy … 続きを読む

元ワン・ダイレクションのゼイン、約1年半ぶりの新Sg「ベター」MV公開&配信開始

洋楽2020年9月25日

 ゼインが約1年半ぶりとなるニュー・シングル「ベター」の配信を開始、同ミュージックビデオもあわせて公開した。  2015年にワン・ダイレクションを突如脱退し、翌年に発表したシングル「ピロウトーク」/アルバム『マインド・オブ・マイン』がいずれ … 続きを読む

森口博子/矢井田瞳/藤巻亮太/中川晃教/サラ・オレイン出演、ポップス×オーケストラの祭典、開催決定

J-POP2020年9月25日

 2020年クリスマスシーズンに、森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、中川晃教、サラ・オレインらが出演する、ポップス×オーケストラ競演のフェスティバル【Daiwa House presents billboard classics festiva … 続きを読む

離婚申請したカーディ・B、しばらくシングルでいる理由とは?

洋楽2020年9月25日

 先日、夫オフセットとの離婚を申請してシングルになったばかりのカーディ・Bが、現地時間2020年9月23日に会員制サイトOnlyFansのアカウントへ投稿したライブ・ビデオの中で、離婚に関する胸の内を明かした。  米ピープル誌によると、カー … 続きを読む

リゾ、自身が思い描くボディ・ポジティビティについて語る

洋楽2020年9月25日

 その音楽性だけでなく、“自分の体形をありのままに受け入れよう”というボディ・ポジティビティのメッセージを発信し続けていることも愛される理由の一つであるリゾが、プラスサイズの黒人女性として初めて米誌Vogueの表紙を飾り、自身が思い描くボデ … 続きを読む

page top