【米ビルボード・アルバム・チャート】サム・スミス自身初の全米No.1、マルーン5が2位初登場

2017年11月15日 / 09:00

 サム・スミスの2ndアルバム『スリル・オブ・イット・オール』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 全世界で1200万枚を売り上げたデビュー作『イン・ザ・ロンリー・アワー』(2014年)から約3年半振り、2作目のスタジオ・アルバムとなる『スリル・オブ・イット・オール』。初動ユニット数は237,000で、内アルバムの売上は185,000枚。セールスも好調で、ストリーミングとのバランスも理想的。9月8日にリリースされた1stシングル「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」の大ヒット(今週4位)も、アルバムのヒットに貢献した。母国イギリスやスウェーデンでは、『イン・ザ・ロンリー・アワー』から2作連続の首位獲得、その他、カナダやアイルランド、ノルウェーなどでも初登場1位を記録するなど、全世界で大ヒットしている。

 1位のサム・スミスとは倍近く離されたが、初動ユニット数122,000を獲得して2位に初登場したのは、マルーン5の新作『レッド・ピル・ブルース』。アルバムの売上は94,000枚で、こちらもセールスとストリーミング・ポイントのバランスは良かった。本作からは、「ドント・ワナ・ノウfeat.ケンドリック・ラマー」、「コールドfeat.フューチャー」、そして今週のソング・チャートで9位にランクインしている「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat. SZA」の3曲がヒット。しかし、アメリカやカナダ(同2位)では上位デビューを果たしたが、イギリスやフランスなどヨーロッパ諸国ではTOP10入りを逃し、前作『V』から売上も順位も落としている国が多い。

 4位には、カントリー・シンガーのブレイク・シェルトンが初登場。本作『テクソマ・ショア』は、昨年5月に最高3位をマークした『イフ・アイム・オネスト』から1年半振り、通算11作目のスタジオ・アルバム。初動ユニット数は63,000でアルバムの売上は55,000枚、ストリーミングによるポイントはごく僅かだった。2011年リリースの6thアルバム『レッド・リバー・ドリーム』で初のNo.1に輝き、それから本作まで、6作連続のTOP10入りを果たしている。また、カントリー・アルバム・チャートでは、4作連続、通算5作目のNo.1獲得を記録した。

 先週に引き続き、今週も初登場作品が多く、TOP10内5作が新作だった。7位には、テイラー・スウィフトのインスタグラムに登場し、注目された女性カントリー・シンガー、ケルシー・バレリーニの新作『アンアポロジェティカリー』が初登場。2015年リリースのデビュー・アルバム『ザ・ファースト・タイム』から2年半振りとなる2作目のスタジオ・アルバムで、自身初のTOP10入りを果たした。カントリー・アルバム・チャートでは、前作の4位を上回る3位にランクインしている。

 続いて8位には、ベテラン・ロッカー、キッド・ロックの新作が初登場。本作『スウィート・サザン・シュガー』は、前作『ファースト・キス』から2年半振りの新作で、スタジオ・アルバムとしては11作目となる。アルバムの発売前に、政界進出をニオわせる今風(?)のプロモーションを行ったことも、ヒットにつながった。本作で、ダイヤモンド・アルバム(1000万枚)に認定された1998年の出世作『デヴィル・ウィズアウト・ア・コーズ』から、8作連続のTOP10入りを果たしている。

 12位には、ヒット曲満載の人気コンピレーション『ナウ』シリーズの64作目が初登場。本作には、今年最大のヒット曲、ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」や、ロジックの「1-800-273-8255 featアレッシア・カーラ&カリード」など、チャートを賑わせたヒット曲が多数収録されているが、毎作TOP10入りしていたこれまでのシリーズと比べると、売上は大分落ちている。おそらく、ストリーミングが主流になり、ダウンロードするリスナーが少なくなったことが原因かと思われる。

 次週は、テイラー・スウィフトの新作『レピュテーション』が、首位デビューする。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、11月15日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『スリル・オブ・イット・オール』サム・スミス
2位『レッド・ピル・ブルース』マルーン5
3位『ハートブレイク・オン・ア・フル・ムーン』クリス・ブラウン
4位『テクソマ・ショア』ブレイク・シェルトン
5位『ウィズアウト・ワーニング』オフセット、21サヴェージ、メトロ・ブーミン
6位『ライヴ・イン・ノー・シューズ・ネーション』ケニー・チェズニー
7位『アンアポロジェティカリー』ケルシー・バレリーニ
8位『スウィート・サザン・シュガー』キッド・ロック
9位『ストーニー』ポスト・マローン
10位『÷(ディバイド)』エド・シーラン


音楽ニュースMUSIC NEWS

アップアップガールズ(仮)全曲サブスクリプション解禁

J-POP2018年6月19日

 アップアップガールズ(仮)が、これまで発売してきた全ての楽曲を、サブスクリプションにて解禁した。  解禁となったのは、2018年6月19日に発売されるニューアルバム『5th アルバム(仮)』をはじめ、初のオリジナル曲「Going my ↑ … 続きを読む

KOHH、北米18か所で行われるアジア・カルチャー・メディア『88rising』主催ツアーに参加

J-POP2018年6月19日

 KOHHが、アメリカのヒップホップシーンに次々とスターを送り出し、世界中の音楽ファンから注目を集めているアジア発のメディアプラットフォーム『88rising』主催の北米ツアーに、スペシャルゲストとして参加する。  日本のみならず世界でも活 … 続きを読む

KREVA、待望の新EP『存在感』8/22発売決定

J-POP2018年6月18日

 KREVAの約1年半ぶりとなる新作『存在感』が、8月22日に発売される。  昨年2月には7枚目のオリジナルアルバム『嘘と煩悩』をリリース、また8月には自身が所属するKICK THE CAN CREWとしても、14年ぶりのニューアルバム『K … 続きを読む

それでも世界が続くなら、活動中止前にラストアルバム発表&全曲ティザー解禁

ジャパニーズロック2018年6月18日

9月で活動を一時中止することを発表し、6月20日には初のベストアルバム『ALL TIME BEST ALBUM 2011-2018「僕は音楽で殴り返したい」』をリリースするそれでも世界が続くならが、活動中止前ラストアルバムとなる3rdミニア … 続きを読む

SUGIZO公式ライヴストリーミングにTAKURO&HISASHI(GLAY)、ミヤ(MUCC)、GLIM SPANKYが生出演

ニュース2018年6月18日

SUGIZOによる公式ライヴストリーミング『SugizoTube』の第3回放送が6月21日(木)20時~より配信されることが発表された。 『SugizoTube』では、開催が間近に迫ったLUNA SEA主宰による最狂のロックフェス『LUNA … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top