綾瀬はるか&坂口健太郎が奇跡を起こす映画『今夜、ロマンス劇場で』本予告公開! 主題歌はシェネル書き下ろし

2017年11月10日 / 06:00

 綾瀬はるかと坂口健太郎が出演する映画『今夜、ロマンス劇場で』の公開日が、2018年2月10日に決定。主題歌もシェネルの書き下ろし楽曲「奇跡」に決定し、本予告映像(http://youtu.be/ADCxJ5ycwcY)と本ポスターが公開された。

 本映画は、『のだめカンタービレ』シリーズを手がけたヒットメーカー武内英樹監督によるとびきりロマンティックな完全オリジナルラブストーリー。映画のヒロインへの恋という叶わぬ想いに身を焦がす健司(坂口健太郎)と、スクリーンの中から突如現れたモノクロ姿の美雪(綾瀬はるか)との運命、そして健司の働く映画会社の社長令嬢・塔子(本田翼)との間で繰り広げられる切ない三角関係が描かれる。

 公開された本予告映像では、美雪が抱える秘密が明かされる。それは「人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまう」ということ。“逢いたい”という気持ちが“奇跡”を起こし心を通わせる美雪と健司だが、2人に立ちはだかる“好きだけど触れられない”という障害。映像の最後には、健司に「最後に一度だけ、抱きしめて」と願い涙する美雪の姿も映し出されている。

 主題歌に決定したシェネル「奇跡」は、美雪と健司の「叶わない恋だけれど、一緒にいたい」という気持ちが真っ直ぐに伝わる切ない歌詞とメロディーに仕上がっている。

◎綾瀬はるか-コメント
物語と美雪や健司の思いをより感じて頂ける素敵な楽曲で感謝しています。
映像にのせて聴くのがとても楽しみです。
シェネルさんの美しい歌声と共に『今夜、ロマンス劇場で』を是非お楽しみ下さい。

◎坂口健太郎-コメント
ゆったりと優しい。そして力強い歌声で、台本を読んだ瞬間の感動と撮影をしていた時の健司の気持ちを思い出しました。
この曲を聴くとすぐにこの映画を想像できる。そんな音楽だと思います。
シェネルさんありがとうございました。

◎公開情報
映画『今夜、ロマンス劇場で』
2018年2月10日(土)公開
監督:武内英樹
脚本:宇山佳佑
音楽:住友紀人
主題歌:シェネル「奇跡」(ユニバーサル ミュージック)
キャスト:綾瀬はるか 坂口健太郎 本田翼 北村一輝 中尾明慶 石橋杏奈 西岡徳馬 柄本明 加藤剛
制作プロダクション:フィルムメイカーズ 配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師の新曲「TEENAGE RIOT」、ギャツビーの新TV-CMに起用(1回限定で特別版も全国オンエア)

J-POP2018年9月20日

 米津玄師の新曲「TEENAGE RIOT」が、ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」のコミュニケーション『GATSBY COP』テーマソングに決定した。  柳楽優弥、新田真剣佑がダブル主演を務める『GATSBY COP』。 CMシリー … 続きを読む

ジャニス・ジョプリンのデビュー作『チープ・スリル』が、完全復刻版としてリリース

ニュース2018年9月19日

ジャニス・ジョプリンのメジャー・デビュー作『チープ・スリル』が、幻のオリジナル・タイトルに加え25曲に及ぶ未発表音源を満載し、完全復刻版となって12月5日に発売を予定している(輸入CDとLPは11月30日)。 半世紀前は過激すぎるという理由 … 続きを読む

ウィリー・ハイタワー、10月の初来日を前に新作『アウト・オブ・ザ・ブルー』をリリース

洋楽2018年9月19日

 2018年10月に、スティーヴ・クロッパー、ハイ・リズム・セクションと共に奇跡の初来日公演を開催するウィリー・ハイタワーの新作『アウト・オブ・ザ・ブルー』が本日(2018年9月19日)にリリースされた。  エンジョイ/フューリー、キャピト … 続きを読む

la la larks、新曲「after」MVを大募集(勝手にYouTubeアップOK)

J-POP2018年9月19日

 la la larksが、2018年12月より開催するツアー【lark it up ! 2018】に向けた新企画をスタートさせた。  新企画では、ストリーミング限定配信がスタートとなったツアーのテーマ曲 「after」のミュージックビデオ … 続きを読む

Hi-STANDARD最新MV公開、待望のライブハウス&アリーナツアー発表も

J-POP2018年9月19日

 Hi-STANDARDのアルバム『The Gift』に収録されている「Free」のミュージック・ビデオが公開され、今冬にライブハウス&アリーナツアーが開催されることが明らかとなった。  「Free」は最新アルバム『The Gift』収録曲 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top