クリスチャン・スコット大阪公演レポート“まさに「新世代」のJazz、ここにあり”

2017年11月6日 / 22:00

 Robert Glasper、Esperanza Spalding、Kamasi Washington、Thundercatなどの活躍で、盛り上がりを見せている現在のジャズ・シーン。そんなシーンで10代から活躍する若きTrumpet奏者「Christian Scott」。

 2017年は、Original Dixieland Jass Bandが、初めて「Jazz」という単語を明記した商業用レコードを録音した年から100年を数える。そんな節目の年に “Jazz生誕100年”を記念した3部作「THE CENTENNIAL TRILOGY」の制作を発表し、『Ruler Rebel』、『Diaspora』に続く第3弾『The Emancipation Procrastination』を本国アメリカで発表したChristian Scott。2017年10月、初めてBillboard Live Osaka、そしてBillboard Live Tokyoに降り立った。

 今回の来日メンバーは、Piano,RhodesにShea Pierre、BassがKris Funn、DrumsはBUTCHER BROWNのメンバーでもあるCorey Fonville、そしてSaxophoneはChristian Scottと共にユニット「Next Collective」にも参加していたLogan Richardson。各方面で活躍する強力なバンド・メンバーと共に、どんなステージを見せてくれるのか。

 客電が落ち、拍手の中ステージに姿を現すChristian Scott。CHICAGO bullsのスポーツシャツにサングラスというとてもカジュアルな装いで、颯爽とステージ中央に立ち、Reverse Flugelhornを手にする。Adams Instruments社と共同開発のもと、独創的なデザインのブラスを使用する彼の、足元にはエフェクター類がズラリと並び、一体どんな音が奏でられるのか?と期待に胸が高まる。

 Sampling Padがリズムを刻み始め、Reverse Flugelhorn、Saxophoneの音が絡みだす。そこにひずみを帯びたUpright Bassの低音、クリアなPianoの音が重なっていく。ステージの幕開けは「Ruler Rebel」より「Encryption」、「The Coronation of X. aTunde Adjuah」。レコーディングではFluteのElena Pinderhugが参加していたナンバーを、今回のステージ用にアレンジ。伝統的なJazzの系譜も感じつつ、HipHop、Electronic Musicの影響も強く感じさせる、まさに「新世代」のJazz、ここにあり。曲の合間にサングラスを外し、ジッと会場を見渡すChristian Scott。Mardi Gras Indiansの家系に生まれ育ったという彼の横顔は、凛とした強さと気迫、そしてあどけなさが漂う。そのギャップが彼をより身近に感じさせる。

 「What’s up?Osaka!!」とステージに呼びかけつつ、 “Jazz生誕100年”という記念すべき年に発表した3部作を引っ提げ、この作品で新しいJazzの潮流を示していきたいと想いを語るChristian。そして今回のツアーでは、若いkeyboardist、Shea Pierreを帯同したことを紹介。ここでSheaがRhodes Pianoの前に座り、ソロフレーズを奏で始める。そこに静かにドラムとベースのリズムが重なり、3パートのセッショニカルな演奏でスタートした「Rise Again」。そんな三者のセッションが高まっていったところでステージ中央に進み、フレーズを奏で始めるChris とLogan。Chrisの奏でる音色は高音でありながらどこまでもクリアで伸びやかで、耳にスッと馴染んでくる。個人的にはJazzと言うと、夜が似合うイメージだが、Chrisの奏でる旋律はとてもクリアで、時に心地よい風の吹き抜ける真昼の光景もよく似合う。

 中盤のMCでは、P.A.スタッフも含めたメンバー紹介を紹介しつつ、「I’m also play Jazz for you,O.K.?」とチャーミングな笑顔で呼びかけ、後半がスタート。全体的にフリージャズ、インプロヴィゼーションの要素が強く、それぞれのパートが奏でるリズム、フレーズを受けて、どんどんメロディ・曲が発展・展開を繰り返す。Christian Scottというプレイヤー、彼の楽曲を媒体に、プレイヤーのポテンシャル、感受性が花開いていく印象。Jazzという音楽の持つ、無限の可能性を見た。

 11月にはNew Yorkの音楽の殿堂「Carnegie Hall」での公演も控えるChristian Scott。「100年のJazzの歴史を背負って、オレたちの世代がこれからの100年を作っていく」そんな言葉の通り、オーセンティックでありながら、革新的なプレイ。まさに、新たな歴史の鼓動を感じた、そんな夜であった。

Text by 杉本ゆかり
Photo by Kenju Uyama

◎公演情報
【クリスチャン・スコット】

ビルボードライブ大阪
2017年10月30日(月) 《終了》
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

ビルボードライブ東京
2017年10月31日(火) 《終了》
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/


音楽ニュースMUSIC NEWS

fripSide feat.Yoshino Nanjo、TVアニメ『夜桜さん』第2クールOP曲ノンクレ映像&MV公開

J-POP2024年7月22日

 7月21日放送のTVアニメ『夜桜さんちの大作戦』第16話で解禁となった、fripSide feat.Yoshino Nanjoが歌う第2クールオープニングテーマ「Secret Operation」のノンクレジット映像が公開された。  『週 … 続きを読む

<コラム>Da-iCEのSNSアイコンが突如“氷結状態”に――『FAIRY TAIL』主人公・ナツが鍵を握る? “氷結”の真相を解き明かす

J-POP2024年7月22日

 7月15日19時7分(7時7分)、Da-iCEがカッチカチに凍った。といっても、もちろん本人たちが凍ったわけではなく、SNSのアイコンの話である。この時刻、Da-iCEはちょうど【LuckyFes】のステージの最中だったが、突如公式XやI … 続きを読む

BRADIOが満員のO-EASTでツアーファイナル、結成15周年キックオフワンマンを発表<ライブレポート>

J-POP2024年7月22日

 BRADIOが7月19日、東京・Spotify O-EASTで全国ツアー【PARTY BOOSTER Release Tour 2024】のツアーファイナルを行い、最新アルバム『PARTY BOOSTER』収録の10曲を含む全17曲を披露 … 続きを読む

私立恵比寿中学、結成15周年イベント【えびちゅう夏祭り】8/4開催へ&生配信も実施

J-POP2024年7月22日

 私立恵比寿中学が結成15周年を記念し、結成日である8月4日に東京・西武新宿 PePe前広場にて【えびちゅう夏祭り】と称したフリーイベントを開催する。  また、イベントへ向かう様子に密着した映像、当日のライブの模様がABEMAにて生配信され … 続きを読む

名誉伝説、新曲「ナビゲーター」リリース決定&FM802『ROCK KIDS』で音源初解禁へ

J-POP2024年7月22日

 5ピースバンド名誉伝説が、新曲「ナビゲーター」を8月14日にリリースする。  合わせて、ジャケット写真とセルフライナーノーツが公開された。  また、今夜7月22日21時より放送のFM802『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Go … 続きを読む

Willfriends

page top