今市隆二がMCを務める音楽番組「LOVE or NOT♪」、第8回のゲストにCrystal Kayが登場

2017年11月3日 / 10:00

音楽番組「LOVE or NOT♪」第8回 (okmusic UP's)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二が初MCを務める音楽番組「LOVE or NOT♪」。ベッキーとともに、毎回ゲストを迎えて“LOVE”と“MUSIC”をテーマにトークを繰り広げ、今市自身の音楽観も語りながらゲストの魅力を引き出していく同番組の第8回が11月3日AM1dTVとFODで同時配信を開始した。

今回は第7回に引き続きCrystal Kayがゲストとして登場。今市から改めて、『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015“BLUE PLANET”』のツアーに参加した感想を伺う話から始まり、Crystal Kayは思わず『超プレッシャーだったんだけど!!』と笑いながら当時の思い出を熱く語る。
今市は、『全く感じなかったですけど…』とCrystal Kayの意外な反応に驚いていたが、Crystal Kayは、『考えてみてくださいよ。あんまりLDHに所属したことを知られていなかったから、(お客さんの)「え?どういうこと?なんで出てるの?」という感じがあったから…。PKCZなどオールメンズに囲まれて…。』と当時の苦悩を語り、今市は、『(男に囲まれているのは)たしかにつ、辛いですね。そこまで考えられてなかったです。』と同感し、思いやる場面も。そんな中Crystal Kayは『ドームスケールの公演は初めてなのにしかもフロントで、ドキドキでしたが、「女性のパワーみせたるで!!」と一人で気合を入れて頑張っていた。』と力強い一面も魅せている。さらにベッキーから、『ステージから見る三代目さんのライブの光景って?』と質問されると、Crystal Kayは、『ファンに夢を与えてるって感じがする、夢の時間をみんなで一緒に過ごしてる、みたいな。身体中のパワーを使って音楽聴いて、(三代目もファンも)みんなが楽しみたいという気持ちが伝わってくる。また7人個性が違うので見ていて面白いし、ファンからのエネルギーに(三代目も)全力でお客さんにパフォーマンスで返しているのが伝わってきて、ものすごく楽しかったですね。』と魅力を語った。
今市より『自分とけいちゃんと言えば、「Very Special」でコラボさせていただいて、本当にありがとうございました。』と話し、Crystal Kayは『ライブで今市さんが歌っている瞬間を見て、歌や音楽に対しての愛や情熱が伝わってきて、一緒に歌えたらいいなと思って。』とオファーしたきっかけを語っている。
ベッキーより『コラボするときに気を付けたこととかってあるんですか?』と聞かれると、今市は、『けいちゃんが歌ったのを聞かせてもらって、自分なりに寄り添って歌えたらいいなと思って歌わせていただきました。』と話し、Crystal Kayは、『(原曲が)洋楽のR&Bだけど日本語で歌うから、(R&Bの)バイブスは無くさずに日本語をしっかり伝えたいなと思って、それがバランスよくいい感じにできてよかった。』と語った。そんな話を聞き今市は、『色んな方にデュエットで歌ってほしい』と希望も語っている。
今市から『けいちゃんはNew Yorkに音楽の修行をしていましたよね、何年前ですか?』と伺うと、Crystal Kayは『戻ってきたのが2年前ですね、2015年!!』と答え、すかさずベッキーが『修行!?どうでしたか?』と聞くと、Crystal Kayは、『大変だったー!!やっぱ厳しいですね。歌がうまいとか、才能がある人なんてごろごろいて、世界中からアメリカンドリームを掴みに来ている人たちが集まっている場所なんで、それと比べると日本って平和っていうか、主張とかしなかったりするので、そういう感じでいくとおいてかれちゃう、がつがつしている人の方がいいとされてて…。』と苦悩を語った。
ベッキーから『具体的にどんな修行をされたんですか?』と質問され、『アメリカで曲作りをしたり、配信をしたり、滞在1年ちょっとで60曲以上を作った。』と話し、ベッキーが『その時に作った曲出してないんですか?』と聞くと、Crystal Kayは『出してないし、一生でないかもしれないし…』と語った。今市もベッキーも『60曲って相当じゃないですか…アルバム5枚分!!』とアメリカでの創作活動に驚いていた。
ベッキーから『(New Yorkで)厳しいというのは、教えが厳しいのか、言われたことができないという厳しさなのか?』と問うと、それに対しCrystal Kayは、『自分が弱いと感じた。自分をしっかり持っていないと、君いらないという感じ、はったりみたいな。New Yorkは日本の素晴らしい謙虚さは全くいらなかった。』と語った。さらに、『「君は何ができるの?」と聞かれ、日本の列からはみ出てはいけないという感覚とは違うからいい勉強になった、自分にアピール力が足りないので困り、LADYGAGAのマネージャーに会った時も、うまくアピールできず、「日本でキャリアがあるからこっちでも成功できると思ってるの?」ぐらいに捉えられてしまい、自分もガツガツできないからお高く留まっていると思われて…』と当時の苦い思い出も語っている。それを聞き、ベッキーも『日本だと明るいイメージだけど、国が変わると(印象が)違うんですね。』と意外な印象に驚いた。
今市も『ロスでブライアン・マックナイトの家に2か月間ホームステイさせてもらって…』とアメリカでの秘話を話し出す。『自分も日本人の謙虚さって、あっちじゃまったくいらなくて、(謙虚に振る舞うと)逆に話がややこしくなる、アメリカ人はYesかNoかなので、気を遣うとどっちなの?と言われ、アメリカ人のガツガツさと素晴らしい日本人の謙虚さの半分ずつ取れればいいのに、と思った。』とアメリカでの過ごし方や感覚を語り合っている。
Crystal Kayが“人生の中で一番 よかったライブ”を語る

また、今市より『(New Yorkでの)一番すごい出来事とかありましたか?』という質問を。Crystal Kayは『ライブですね、アコースティックで。』と即座に答え、『全部自分でやったから、私とギタリストのみだったからこじんまりしていたし、帰る前に何か形にしたいと思い挑んだから~』とNew Yorkで一からライブをしたと語る。『スタッフも何もいなかったから、友達に紹介してもらったギタリストとセントラルパークでセッションして、自分でチケット代も決めて、お客さん来るかもわからないからInstagramで告知をして、60人ぐらいが入るところだったんですけど…そしたらSold outになって、会場の人から「速攻売り切れたので次の日もやってもらってもいいですか?」と言われ、2Daysやった。』と当時を振り返り語った。
さらにそのライブについて『人生の中で一番よかったライブだった』と語っている。『出来事すべて、うまいとかではなく、裸で私の曲を聞いてください、初心に戻れた、素直な気持ちで本当に伝えたいという気持ちがでできて、みんなが楽しんでくれた。達成感もあったし、自信になった。』と当時のことを語っている。『ライブの中で「恋におちたら」も歌って、そしたらみんな一緒に歌ってくれていた。アメリカのファンに会うのも初めてで、現地のファンから、「10年以上待ってたよ、5時間かけてNew Yorkまで運転してきたよ!!」と話をされ驚いた。』と話した。
ベッキーからの『New Yorkに行く前と行った後で変わったのではないか?』という質問には、『日本人の血も入っていないし、あんまり同じ人がいなかったから自分の中でのコンプレックスがあったが、アメリカでは人と違うことに対して自分に誇りを持ちなさいと言われ、自分を見つめ直すことができた、(アメリカでの)デビューにはつながらなかったが、得るものがあった。』と自身を持てた経験も語った。
今市から『自身の曲の中で好きなラブソングはありますか?』と聞かれ、「帰り道」と話すCrystal Kay。『ラブソングって言っても、失恋ソングなんですけど、自分の中では勝手にジブリっぽいなと思っていた」と話し、「同じタイミングで“千と千尋の神隠し”が出たため、使ってほしいと思っていた、イントロから和な感じで…、(最近の)ライブとかでも歌っていないから歌ってみようかな。』と話した。
ベッキーより『今市さんの中でCrystal Kayさんの曲の中で好きなラブソングはなんですか?』と質問し、「恋におちたら」と答える今市。『自分は、(Crystal Kayさんを)知った曲ですし、あんなにキャッチーな曲はないな、耳に残る曲。』また、『地元のやつも好きで~、(地元の友人が)その時期に振られて「りゅうくん、これやばいから」と言われ、聞いていた。』と当時の思い出も語っている。
また今回は、Crystal KayとともにJAY’EDも登場し、クロストークも公開。今市より『二人は、JAY’EDさんのアルバムで「Without You feat.Crystal Kay」という曲でコラボされていますが、どうでしたか?』と質問を。JAY’EDからは、『僕にとっては夢のような…元々リスナーとして聞いていたのでうれしかった。僕からオファーをさせていただいて、メールをした。』とオファーの流れを話すJAY’ED。(コラボの)想いをより伝えるため久しぶりに英語でメールを書き、『久しぶりの英語だったので文法を英語の先生であるお母さんに見てもらい、文法確認してもらったが、想いがありすぎて、「最後にこれで大丈夫かな?」とお母さんに確認したものをそのまま送ってしまってしまったが、すぐに是非やろうよ、と連絡をくれて…「しいて言うなら、こういう言い方もあるんじゃないかな?」と逆にCrystal Kayからアドバイスもあった』と天然エピソードも。『かみ合っていない感じがあり、説明するのが大変だった』と素直に語るJAY’ED。Crystal Kayが当時を思いだし、『お母さんチェックが入っていたんですね~』と改めて笑いながら驚いていた。
ベッキーが『(JAY’EDからのメールには)どんなことが書いてあったのですか?』と聞くと、『アルバムを作ろうと思っていて、コラボとか…時間とかかみ合えば是非、参加していただけないですか?』という話をし、今市、ベッキーともに笑いながら、『謙虚の鏡ですよね。本当に腰が低い!』とJAY’EDの姿勢を絶賛!
実際コラボしてみてどうでしたか?という質問に、JAY’EDは、『ついていくのが必至でした、すごくたのしかったですよ。』と話し、Crystal Kayは『語りが多かったですね。歌詞を書いて、いろんなアイデアを考えて、ラブソングにする?どうする?と、5回ぐらい書き直した。最初は、恋愛というより、友達っぽくない?でも遠距離にする?どうする?というように…』と語った。『1回から5回までの修正のふり幅がすごい』と語るJAY’ED。今市も『(そんな2人の)レコーディングに立ち会いたい!』と語った。
JAY’EDが製作秘話として、『レコーディングをしたときに、強調したいときは、歌詞に丸をするといい、というアドバイスをもらうなど、勉強になった。』と語る。
さらにCrystal Kayが『ディレクションされるのは、すごいうれしいです。ブースに入っているときは寂しい、自分の耳になってくれる人が近くにいないと…、(今回のコラボは)シンガー同士だから、こうしたい、こうしにくいと思う時がわかるから(一緒にやれて)たのしかった。うるさかったらすみません』、『いや全然楽しかったです。』と、当時を謙遜し合いながら、振り返っている。
そして今回のTODAY’S LOVE or NOT♪LIVEは、コラボ曲の秘話をクロストークで繰り広げたゲストJAY’EDとCrystal KayがNEW ALBUM『Here I Stand』収録の『Without You feat.Crystal Kay』を歌唱! 第8回は、dTVおよびFODにて配信中。
【今市隆二、ベッキー コメント】

――留学中の日本人のメンタリティなどについて、共感や刺激を受ける部分もあったのでは?

今市:ケイちゃんがニューヨークに行ってやったことは、話を聞くだけでも過酷だし、孤独もあったろうし、そういう話を聞けて、自分もそうやって自分を奮い立たせてやらないと!って思いましたし、シンプルにすごいなって思いましたね。なかなかできることじゃないので。99%が海外の観客の前でライヴをするって、簡単にはできない。すごいですね。

――ゲストのCrystal Kayさん、JAY’DEさんも含めて、ワーッと明るくテンション高めの印象があったんですが、お話を聞いていると、4人ともお互いに気を遣う方々で、謙虚で…。優しいトークでした。

今市:2人とも自分は事務所が一緒というのはあるんですけど、「LOVE or NOT♪」の空間で話せたってのがすごく大きくて、あそこまで細かく深く話す機会って実はなかなかないですし、あそこまで真剣に話し合うってないので、いい番組だなぁって思いました。

ベッキー:本当にJAY’DEさんが謙虚で、大和撫子のような方で(笑)。驚きで面白かったですね。結構、明るくパーンとはじけた印象のクリちゃんも、意外とニューヨークに行ったら「自分は日本人なんだ」って発見があったとか。今日は4人の内、3人が濃い顔なのに、精神は大和撫子という(笑)。それが面白かったです。

――Crystal Kayさんとのコラボレーションについても、彼女から「『VERY SPECIAL』という往年の名曲を一緒にやれたら」という熱烈なラブコールがあったことが明かされました。技術的な部分での難しさについても、語られていましたが、あのコラボレーションに対してはどんな思いで?

今市:それもJAY’DEさんの時と似ているんですが、やはりボーカリストとして挑ませてもらったというのがすごく強かったですね。デモを聴かせていただいて刺激を受ける部分もありましたし、何よりやはりデュエット曲としていろんな人に歌ってもらえるような曲になったら嬉しいなと思いました。

――「デュエット」という最近、なかなか聞かなくなった言葉が素敵ですね。

ベッキー:そうなんですよね。やはり、同じですが才能ある2人、化学反応が面白いし。デュエットがすごく細かいんですよ。ポンポンポンッと歌割りがラリーをしているような面白さもあって。このご時世、「デュエット」ってあまり聞かないけど、もっと広まればいいですよね。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ずっと真夜中でいいのに。、スペシャルライブ【本格中華喫茶・愛のペガサス ~羅武の香辛龍~】をBlu-ray化

J-POP2024年7月23日

 ずっと真夜中でいいのに。が、2024年9月25日にLIVE Blu-ray『本格中華喫茶・愛のペガサス ~羅武の香辛龍~』をリリースする。  本作には、2024年5月4日・5日の2日間にわたって神奈川・Kアリーナ横浜で行われたスペシャルラ … 続きを読む

BUMP OF CHICKEN、ドラマ『西園寺さんは家事をしない』主題歌「strawberry」配信リリース決定&ジャケットアートワーク解禁

J-POP2024年7月23日

 BUMP OF CHICKENが、最新曲「strawberry」を7月31日に配信リリースする。  「strawberry」はTBS系火曜ドラマ『西園寺さんは家事をしない』の主題歌。ドラマ放送第4話に合わせて配信リリースされることが決定し … 続きを読む

GLIM SPANKY、書き下ろしCMソング「風にキスをして」デジタルリリース&MVも公開

J-POP2024年7月23日

 GLIM SPANKYが、現在放映中のスズキ「ソリオ バンディット」書き下ろしCMソング「風にキスをして」を、7月24日0時にデジタルリリースする。  デジタルリリースと同時に「風にキスをして」のミュージックビデオも公開となる。 ◎松尾レ … 続きを読む

<ライブレポート>Newspeak、メジャー1stアルバムのリリースパーティー開催 今の彼らの勢いを感じられる一夜に

J-POP2024年7月23日

 Newspeakが7月19日、メジャー1stアルバム『Newspeak』の発売を記念したリリースパーティーを東京・渋谷WWWにて開催した。  開演するとメンバーが颯爽とステージに登場。遅れてボーカルのReiが現れるとすぐに1曲目「Silv … 続きを読む

<ライブレポート>Bimi、独自の魅力を最大限に伝えるステージ【Bimi Live Galley #03 -cosmic-】開催

J-POP2024年7月23日

 舞台『鋼の錬金術師』、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage等で知られる俳優、廣野凌大によるアーティスト・プロジェクトBimiが、昨年12月よりスタートしている【Live Galley … 続きを読む

Willfriends

page top