【SPICY CHOCOLATE】 曲を作る中で一番大事にしているのは “間違ったことを伝えない”ということ

2017年10月4日 / 12:00

(okmusic UP's)

さまざまなリアルな恋愛のかたちを歌に、曲にしてきたSPICY CHOCOLATE。渋谷純愛物語3部作の完結編となるベストアルバムが遂に完成! 今作のために書き下ろされた新曲とともに、名曲の数々を堪能してもらいたい。
──ついに“渋谷純愛物語”の完結編であるベストアルバムが完成しましたね。今の心境を教えてください。
「純粋に、いろんなアーティストさんと楽曲を作らせてもらったなって思っています。だからこその幅広さがあるし、客観的に聴いていてもすごく面白かったですね。特にこのシリーズは“純愛”を軸にしているので、どんな物語を散りばめようかと考えながら作ったんです。もちろん、僕だけの意見では尽きるものがあるので、各アーティストさんの恋愛経験などを思い切り引き出させてもらいながら作ることができました。」
──恋愛観や恋愛経験って、ものすごくプライベートなことだからこそ、引き出させるにもテクニックがいりますよね。
「そうですね。さまざまな方と一緒にやらせていただくことで、だいぶコミュニケーション能力が付きましたし、アーティスト側から出来上がってきた歌詞を見て、“こんな一面があったんだ!?”って驚くことも多かったんです。さらに、僕らは受け身に徹し、コラボする相手が最高のテンションで歌えるように、相手のレコーディング方法に合わせながら曲を制作していきました。」
──それって、かなりの柔軟性が必要になってきますよね。
「変幻自在でいることが、何より大事だと思っていますからこそ、僕らは常に固まらない“ぷよぷよ”でいようと思っているんです(笑)。人間の脳みそって凝り固まってしまうとアイデアも出てこないし、いい仕事はできないんです。そうならないためにも、常に人からの意見は吸収し、刺激を受けながら視野を広く持つことが大事だと思っているんです。」
──経験を積み続けているからこそ、一緒に作り上げるアーティストたちとの年齢差も開いていきますよね。
「今回のジャケットを飾ってくれた、みちょぱは10代後半とすごく若くて、僕は彼女の両親と同世代なんですよ。だからこそ、沸き出してくる言葉や表現の仕方がめちゃくちゃ面白くて新鮮なんです。そのフレッシュさはちゃんと受け入れて、作品に反映していかなくちゃいけないと思うんですよ。」
──例えばどんな言葉に衝撃を受けたました?
「地方のフェスで彼女と偶然一緒になった時、青のパンツと帽子、サングラスをかけている僕を見て、“なんかドラえもんみたいですね!”って言われて(笑)。その場で隣にいたMUNEHIROも、その発言に大爆笑していたんですよ。一応、僕はレゲエ界隈では、ある程度名を知られている存在なので、そんなことを言ってくる人はいないんですよ。その扱いもすごく新鮮でしたし、周りのみんなも堪え切れずに爆笑していたんです。僕も改めて自分の格好を見たら、“ほんとだ、ドラえもんだ!”ってなりました(笑)。」
──あはは。素敵なエピソードをいただき、ありがとうございます(笑)。さて、本作には新曲「君のことが好きだったんだ feat.BENI, Shuta Sueyosi (AAA) & HAN-KUN」も収録されていますが、この曲はどんな構想から生まれたのでしょうか?
「ベストアルバムの選曲でこれまでの曲を全て聴き直した時に、“告白”の曲がなかったんです。“純愛”がテーマなら“告白”は外せないということで、この曲を作りました。そこで誰に歌ってもらおうと思った時に、すぐにBENIさんが思い浮かんだんです。さらに、宇野美沙子さんやSKY-HIと一緒にやらせていただくことで、AAAの音源やライヴ映像を観る機会が増えていたんですね。そこで、末吉くんが僕の中に引っ掛かったんです。歌もすごく上手いし、パフォーマンスも素晴らしいし。“これは!”と思いオファーさせていただきました。そこに、レゲエのテイストを出したいということで、HAN-KUNにも声をかけ、この3人のコンビネーションが生まれたんです。」
──SPICY CHOCOLATEでしか成しえないコラボですよね。
「そうですね。それに3人はものすごく忙しくて、スケジュールも限られた日しかなかったんですが、その時間の中でスペシャルな化学反応が生まれたんです。この集中力にプロの仕事を見た気がして、圧倒されました。」
──この成熟した3人が“告白”というピュアなテーマを歌うのもすごくギャップがあっていいと思ったのですが。
「そうなんですよね。“告白”って淡い想いが蘇ってくると思うんです。好きな人に気持ちを伝えられられず、バレンタインのチョコを渡すのも戸惑ってしまったり…。さらには、好きな人の前では天邪鬼になって後悔したり。そんな世代の人たちが、この曲を聴くことで告白する勇気をもらったり、好きな人にアプローチしやすくなってもらえたらいいと思っています。今はこういったストレートなラブソングが少なく、変化球の恋愛ソングが多いような気がするんですよ。ニュースでは不倫とかドロドロとした恋愛が取り沙汰されていますが、そうではなく、純粋でストレートな純愛を正面から表現したいと思い、この曲が生まれたんです。」
──さらに、本作にはターニングポイントとなった「ずっと feat.HAN-KUN & TEE」も収録されますね。
「本当にこの曲がヒットして良かったです…。」
──心の声がだだ漏れしています!(笑)
「間違いないです(笑)。この曲以前も以後も間違いなく努力はしているのですが、唯一この曲は運に恵まれたなと。たくさんテレビで流れても、映画で使用されていても、売れないものは売れないし、何もしなくても、しっかり作っていれば売れるものは売れるんです。僕が考えるそこの差は、運が味方するかどうか。その運を手に入れるためには、純粋に日々の徳を積むことが大事だと思っているんです。毎日に感謝することが、夢を叶えることの一番の近道なんだということも、この曲が教えてくれました。」
──本作をどんなふうに聴いてもらえると嬉しいですか?
「僕が曲を作る中で一番大事にしているのは、“間違ったことを伝えない”ということ。このアルバムを聴いた人が幸せな気持ちになれるのはもちろん、恋人間の喧嘩を治す薬のようなものになれたら最高ですね。」
取材:吉田可奈
アルバム『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』
2017年10月11日発売

Virgin Music

【初回盤A(DVD付)】

UICV-9251 ¥3,500(税抜)

【初回盤B(MIX CD付)】

UICV-9252〜3 ¥2,980(税抜)

【通常盤】

UICV-1085 ¥2,500(税抜)
SPICY CHOCOLATE
スパイシーチョコレート:1994年に活動をスタートさせた、ジャパニーズレゲエ界に名を馳せるKATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER 率いるサウンド・クルー。 13年11月末よりOAとなった『NTTドコモ』テレビCMソングに「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」が起用され、配信チャート19冠を達成するなど一躍注目を集める存在に。その後も『渋谷純愛物語』シリーズを新たにスタートさせ、先行配信曲を含め各配信チャートを席巻。


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top