Rihwa、映画『ユリゴコロ』主題歌 「ミチシルベ」MVを解禁

2017年9月20日 / 12:30

「ミチシルベ」MV (okmusic UP's)

2017年7月にデビュー5周年を迎えたRihwaのニューシングル「ミチシルベ」の表題曲「ミチシルベ」のMVを解禁! 今回メガホンをとるのは、映画『ユリゴコロ』の監督を務める熊澤尚人、主演には映画で主人公の美紗子を演じた清原果耶が迫真の演技で挑む。 『ユリゴコロ』の学生時代を掘り下げるアナザーストーリーとして、熊澤監督がMVのためにオリジナルのシナリオを制作し、魅了する映像と引き込まれる展開にRihwaの切なくも優しく包み込む歌声がシンクロする作品となっている。

今回MVを公開した「ミチシルベ」は、9月23日から全国映画館にて公開する吉高由里子主演映画『ユリゴコロ』の主題歌として書き下ろした楽曲とのこと。Rihwaと映画の脚本・監督を務めた熊澤尚人が綿密な打ち合わせを度重ねて制作した楽曲とあって熊澤監督の思い入れも強く、監督自らMV制作に挙手し『ユリゴコロ』の熊澤組が再集結したという。

MV撮影を行なったのは、残暑厳しい8月下旬。栃木県と群馬県の2県を跨ぐ撮影現場に、映画さながらの大型クレーンや水中カメラが次々にセッティングされていく中、『ユリゴコロ』の編集を終えたばかりの熊澤監督が現地入り。劇中のクライマックスでも使用されたロケーションでRihwaのリップシーンの撮影が敢行され、吉高由里子の壮絶な演技が映された実際のロケ地での撮影とあってRihwaにも緊張の色が見えたが、渡良瀬川の水面、波の揺らめきと共に「ミチシルベ」が示す姿を幻想的に映し出すシーンが完成した。

アナザーストーリーのシナリオは、1974年のとある私立女子中学校を舞台に展開される。清原果耶が演じる美紗子は、学校では自分から誰かと話すことはなく同級生たちの話題も全く興味が持てない。美紗子に好意を寄せている二人の生徒から「友達になろうよ」と話し掛けられるが美紗子は困惑する。ある夜、その二人から学校のプールで花束を受け取るが・・・。予想もつかない展開と常に孤独と隣り合わせで居続ける美紗子の少女時代の心模様を描いたストーリー、そして熊澤監督が映し出す美しい映像と、透明感のある清原果耶の姿に目を奪われる映像に仕上がっている。愛を知り、愛することの苦しさを知り、“それでも愛している”と紡ぎ、儚く優しく流れるように歌うRihwaの容赦のない愛と“ユリゴコロ”を求めていた美紗子が映像内でシンクロする。映画『ユリゴコロ』を掘り下げたこのMVは、Youtubeでフル公開! 映画を観る前も観た後も、より深く「ミチシルベ」の世界観に浸れることだろう。
【コメント】

■Rihwa

「「ミチシルベ」を聴いて頂き、ありがとうございます。 映画「ユリゴコロ」があったからこそ出来た作品なので、このような形でまた繋がることが出来てすごく嬉しいです。この機会をくださったこと、感謝します。 美紗子の背景を描くという熊澤監督の発想がまず面白くて、お話を聞いた時、どんな映像になるのかワクワクしました。熊澤監督が鮮やかに描いた、この世界に不信感を抱いている美紗子の、水の中で感じる開放感と安心感がこの作品の魅力だと思うので、そこを皆様にも感じて頂きたいです。

清原果耶さんがこのMVで演じた美紗子は、まだどこか自分も自分のことを理解していないような、でもなにか悟っているような、すごく惹きつけられるものがありました。 プールに飛び込むシーンや蜘蛛を手に乗せるシーンなど大変な撮影も多々含まれていましたが、静かに狂気を感じさせる素晴らしい演技で映画の世界観をこのMVにも吹き込んでくれました。個人的には、果耶さんの表情に注目して頂きたいです。

映画に寄り添う気持ちから生まれた「ミチシルベ」でしたが、この作品を通して「ユリゴコロ」と「ミチシルベ」がそれぞれにリンクしながら別々の道も歩んでいける存在になれた気がします。 どちらの作品も素晴らしいです。心から、自信を持って言えます。 是非、どちらも観て、楽しんでもらいたいです。 」

■清原果耶

「初めて聴いた時、繊細で胸が締め付けられるような歌詞をRihwaさんの力強い声と壮大な演奏で暖かく包み込んでいて、本当は悲しいはずなのにとても前向きになれる世界観に圧倒されました。そして、「ユリゴコロ」を観終わり、流れてきた「ミチシルベ」に観客である私も、作品中の登場人物も、救われる想いがしました。映画の中では描き切れない美沙子を、新たに熊澤監督に創って頂き、とても幸せな時間でした。「ユリゴコロ」も「ミチシルベ」も一人でも多くの方に触れて頂きたいです。 」
「ミチシルベ」MV

https://www.youtube.com/watch?v=XPvY5Ye6chwシングル「ミチシルベ」
2017年9月20日発売

TFCC-89626/¥1,200+税

<収録曲>

1.ミチシルベ(映画「ユリゴコロ」主題歌)

2.羽」

3.THE GATE(JRA札幌競馬場2017 CMソング)
『5周年記念全国ツアー<Hi! Five! Live! Tour>

~Welcome to Rihwa Cafe~』
11月10日(金) 広島・BACK-BEAT

11月11日(土) 岡山・城下公会堂

11月12日(日) 鳥取・米子BEXX

11月23日(木・祝) 新潟・ジョイアミーア

12月10日(日) 宮城・仙台retro BackPage

~Get back from REALITY~

12月23日(土・祝) 福岡・ROOMS

<2018年>

1月07日(日) 大阪・umeda TRAD

1月11日(木) 愛知・名古屋SPADE BOX

1月14日(日) 東京・WWW X open

1月21日(日) 北海道・札幌PANNY LANE24


音楽ニュースMUSIC NEWS

マルーン5のミッキー・マデン、逮捕を受けてバンドを一時的に離れることに

洋楽2020年7月16日

 マルーン5のベーシストであるミッキー・マデンが、バンドを一時的に離れることになったと複数のマスコミが報じている。  数週間前、米ロサンゼルス市警察(LAPD)によりDV容疑で逮捕されたマデンは、「現在、私には向き合って、解決しなければらな … 続きを読む

セレーナ・ゴメス&トレヴァー・ダニエル、ステイホーム中に自ら撮影した「Past Life」のMV公開

洋楽2020年7月16日

 セレーナ・ゴメスとトレヴァー・ダニエルのコラボ曲「Past Life」のミュージック・ビデオが公開となった。  この作品では、【グラミー賞】ノミネート経験のあるヴァニア・ヘイマンとガル・ムージャのペアが監督を務め、セレーナとトレヴァーが新 … 続きを読む

ボブ・マーリー、生誕75周年を記念した3つの新企画が始動

洋楽2020年7月16日

 UMeとタフ・ゴング・ワールドワイドは、ボブ・マーリーに関する3つの新企画を発表した。ひとつは、息子ジギー・マーリーによる1回限りのヴァーチャル・パフォーマンス。そして、2つ目は、シリウスXMラジオによる限定版タフ・ゴング・ラジオ・チャン … 続きを読む

乃木坂46の新曲「Route 246」配信決定、秋元康×小室哲哉が10年ぶりタッグ

J-POP2020年7月16日

 乃木坂46が新曲「Route 246」を7月24日に配信リリースする。  同曲の作曲・編曲を手掛けたのは、乃木坂46とは初タッグとなる小室哲哉。作詞は秋元康が手掛け、2010年11月に発売されたやしきたかじん「その時の空」以来、10年ぶり … 続きを読む

『7月16日はなんの日?』伝説のブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターの命日 没後6年

洋楽2020年7月16日

7月16日はブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターの命日。ジョニー・ウィンターは1944年2月23日、アメリカ・テキサス州生まれ。弟のエドガー・ウィンターとともに音楽活動をスタートさせ、『ザ・プログレッシヴ・ブルーズ・エクスペリメント』 … 続きを読む

page top