超特急、『GirlsAward 2017』で ゆりやんレトリィバァと初ランウェイ!

2017年9月16日 / 22:30

9月16日(土)@『GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』 (okmusic UP's)

超特急が、9月16日(土)に行なわれた日本最大級のファッション&音楽イベント『GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』に出演。ライブステージに加えてモデルとしても初ランウェイを披露し、ゆりやんレトリィバァという予想外のサプライズゲストも迎えて、幕張メッセに集まった3万人の大歓声を浴びた。

2010年に初開催された『GirlsAward』も16回目。今回より代々木第一体育館から幕張メッセへと会場を移して、さらなるスケールアップを遂げた本イベントに、2年ぶりに超特急が帰ってきた。彼らが登場したのは『NYLONGUYS×超特急×Schoffel』のスペシャルステージ。NYLONのコンテンツとはこれまでも数度にわたってコラボし、2017年の『NYLON JAPAN』10月号のスペシャルエディションでは表紙も飾った彼らだけに、旬で刺激的なストリートスタイルはお手のものだ。

それぞれのイメージカラーをモチーフにしたファッションに身を包み、まずは超特急のオシャレ番長・4号車のタクヤが笑顔で手を振りながらランウェイへ。続いて1号車のコーイチがはにかみながらも挑発的な視線を投げ、3 号車のリョウガが最新シングル「My Buddy」のハートマークを象る振りでおどけると、6号車ユースケは投げキスを贈りながらランウェイを闊歩する。2号車のカイは、まるで街を歩いているかのような自然な足取りでウィンクを決め、7号車のタカシはお馴染みの“やで”ポーズで笑顔満開に。そして最後に現れた5号車ユーキの隣には、なんと、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが! カップルさながらに手をつなぎ、ジャケットを肩から滑らせてポーズをキメる二人に、大歓声が湧き起こった。

本ステージに戻り、1号車から7号車まで順に並んだ超特急の面々が、再びゆりやんレトリィバァを呼び込むと、彼女は「あ…あ…」と言葉にならない声を震わせ、「My favorite……」と得意の英語を交えてスピーチ。「超特急の人、みんな顔小さすぎ!」「Girls Awardに出てるモデルさん、みんな私とキャラかぶってる!」と客席を笑わせた。

最後はレーザー光線が飛び交うなか、7人+ゆりやんでセンターステージへと進み出て、大興奮のフィナーレへ。初ランウェイとは思えない堂々たるウォーキングでも、それぞれの個性を露にし、モデルとしても高い能力を示したパフォーマンスで、3万人を魅了してみせた。


音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top