たこやきレインボー、なにわンダーたこ虹バンドと共にサマソニ初参戦

2017年8月20日 / 16:30

 関西出身の5人組アイドルグループ、たこやきレインボーが8月19日に開催された【SUMMER SONIC2017】に出演した。

 ロックフェス初参戦となる“たこ虹”は、ユニコーンの手島いさむ(Gt)、川西幸一(Ds)らの凄腕ミュージシャンによる“なにわンダーたこ虹バンド”を率いて、BEACH STAGEに登場。根岸可蓮が「たこやきレインボーがこの会場にでっかい虹をかけたんでー」と叫び、ヒャダインこと前山田健一がプロデュースを手掛けた「RAINBOW ~私は私やねんから~」や「絶唱!なにわで生まれた少女たち」などを関西弁で明るく元気に歌い上げた。

 ウルフルズのカバー「ええねん」では、手島がギターソロ「Over The rainbow」のフレーズを奏でて盛り上げ、観客は「ええねん!」のコールとジャンプで応戦。根岸可蓮のデスボイスから始まる「365Go!」ではメンバーの激しいダンスに合わせ、場内が一体となってタオルを回し、彩木咲良が「最後にみんなで踊るぜー!」と煽った「ナナイロダンス」では、客席に大量の水がホースで巻かれ、メンバーは肩を組んで踊りながら熱唱した。

 また、MCでは9月10日に日比谷野外音楽堂で同じくバンド編成でのワンマンライブの開催をアナウンス。手島も「楽しみです。みなさん、来てください」と呼びかけた。

 大騒ぎの中でも確かな歌心でまっすぐなメッセージを届けた“たこ虹”は、ロックファンを魅了。大きな拍手が沸き起こる中、満面の笑顔で手を振り、ステージを後にした。

 たこやきレインボーは9月20日にニューシングル『まねー!!マネー!?Money!!』をリリースする。

◎セットリスト
SUMMER SONIC2017(8月19日@BEACH STAGE
1.overture ~tacoture~
2.RAINBOW ~私は私やねんから~
3.絶唱!なにわで生まれた少女たち
4.ええねん
5.365 Go!
6.ナナイロダンス

◎イベント情報
【オオサカアイドルフェスティバル2017 in TOKYO】
2017年9月10日(日)開場16:30/開演17:30 日比谷野外音楽堂
チケット:全席指定 5,000円(tax in.)

【西日本アイドルフェスティバル」present byたこやきレインボー】
2017年12月31日(日)大阪某ホール
※オフィシャルHPにて近日公開

◎リリース情報
Major 4th single『まねー!!マネー!?Money!!』
2017/9/20 Release


音楽ニュースMUSIC NEWS

Crossfaith、新曲「Digital Parasite」4/9リリース

J-POP2020年4月8日

 Crossfaithが新曲「Digital Parasite」を4月9日にリリースする。  アートワークを手掛けたのは、IDEA Magazineの表紙も飾ったJonathan Castro。同日17時にはミュージック・ビデオもプレミア公 … 続きを読む

忘れらんねえよ、“あの顔”LINEスタンプをリリース

J-POP2020年4月8日

 忘れらんねえよがLINEスタンプをリリースした。  これまで忘れらんねえよは、喜怒哀楽どの感情にも取れる印象的な柴田(vo,g)の顔写真を用いて、ユニークなコラージュアーティスト写真をいくつも公開してきた。最新のアーティスト写真は、決死の … 続きを読む

末吉9太郎(CUBERS)、日本テレビ『1周回って知らない話』に初登場

J-POP2020年4月8日

 CUBERSの末吉9太郎が、2020年4月15日放送の日本テレビ『1周回って知らない話』にパネラーゲストとして登場する。  この番組は今どきの視聴者が知らないギモン=「1周回って知らない話」を本人に直接ぶつけて明らかにしていく人気番組。4 … 続きを読む

韻シストBANDの新作EP『RAIN』リリース&アニメMV「パパはブルースマン」公開

J-POP2020年4月8日

 韻シストBANDの新作EP『RAIN』が本日4月8日にリリース。収録曲「パパはブルースマン」のMVが公開された。  ブルースは元々19世紀後半にアメリカ南部のアフリカ系アメリカ人から生まれた悲哀や孤独、哀愁を歌った音楽だが、同曲はそれを現 … 続きを読む

清水翔太、新曲「416」歌詞を先行公開

J-POP2020年4月8日

 清水翔太が、2020年4月15日にリリースする配信シングル「416」の歌詞を先行公開した。  約8か月ぶりとなる新曲「416」。既にファンの間では、意味深なタイトルや「IV I VI」とシンメトリーで表現されたジャケット写真などで、様々な … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top