東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)

2017年8月12日 / 18:00

 米NYハーレム地区を拠点とするヒップホップ集団エイサップ・モブのメンバー、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー・アルバム『12』が、2017年8月4日にリリースされた。2012年にリリースした、エイサップ・モブ名義のミックステープ『Lords Never Worry』には参加しているが、自己名義のアルバムとしては、本作が初となる。

 本作からは、エイサップ・ロッキーがフィーチャリング・アーティストとして参加した、「Diamonds」が先行曲として発表された。本作には、この曲のような90年代の東海岸を彷彿させる、クールで濃厚なトラックが全14曲、収録されている。

 特に、「Castle Hell」や「Strapped」、「Periodic Table」あたりは、ジェイ・Zやナズの絶頂期を思わせる、もろナインティーズを意識したナンバーだ。ASAP Rockyの従兄弟である、エイサップ・ナストが参加した「EastSideGhost」も、当時のイースト・コースト・ラップを感じさせる。

 ミッドチューンの「Yea Yea Yea (Maps)」や、ラストを飾るトラップ・バラード「Brothers」など、若干おとなしめのナンバーもあるが、やはりハードコアなナンバーが目立つ。「L.Y.B.B」や、エイサップ・ファーグが参加したトラップ調の「Hop Out」などは、かなりヘヴィ。フラットブッシュ・ゾンビーズが参加していることもあり、アルバム中もっともハードだったのは、「A Glorious Death」だった。1曲でお腹いっぱいになる、ボリューム満点のヒップホップらしいナンバーだ。

 NYブルックリン出身のラッパー、ジョーイ・バッドアスや、同NYクイーンズ出身のフレドロ・スターなど、ニューヨーク出身のアーティストで固めているあたりも、本作への拘りを感じられる。クールなトラックとタイトなフロウだけで勝負する姿勢も、エイサップ・トゥエルヴィの男気を感じる。大ヒットはせずとも、東海岸の屈指の名作として、受け継がれるのではないだろうか。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『12』
エイサップ・トゥエルヴィ
2017/8/4 RELEASE


音楽ニュースMUSIC NEWS

ゆず、「うたエール」弾き語りVerを配信リリース!売り上げは西日本豪雨被災地へ寄付!

ニュース2018年7月15日

ゆずが2018年にリリースした楽曲「うたエール」を弾き語りバージョンとして急遽レコーディングし、7月20日(金)に配信リリースすることを発表した。その収益金を西日本を中心に被害を受けた『平成30年7月豪雨』の被災地へ支援金として全額寄付され … 続きを読む

HYDE、ソロライブツアーに“東名福”14公演追加決定

ジャパニーズロック2018年7月15日

6月29日(金)ZEPP TOKYOより始まったHYDEソロライブツアー『HYDE LIVE 2018』の追加公演が決定した。すでに10公演が終了し、多くの公演をソールドアウトしている中、東京8公演・名古屋2公演・福岡4公演が追加され、全3 … 続きを読む

やくしまるえつこの新曲が聴ける『ハイスコアガール』ED映像公開

ニュース2018年7月15日

TVアニメ『ハイスコアガール』のエンディング映像が公開された。エンディングテーマを歌うのはやくしまるえつこ(相対性理論)の新曲「放課後ディストラクション」。やくしまるえつこがティカ・α名義で作詞・作曲・プロデュースを担当し、編曲、プログラミ … 続きを読む

トゥエンティ・ワン・パイロッツ 「ジャンプスーツ」&「二コ・アンド・ザ・ナイナーズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ(Song Review)

洋楽2018年7月15日

 2015年リリースの4thアルバム『ブラーリーフェイス』(全米1位)で大ブレイクを果たした、 米オハイオ州出身のオルタナティブ・ロック・デュオ=トゥエンティ・ワン・パイロッツ。本作からは、「ストレスド・アウト」(2位)と「ライド」(5位) … 続きを読む

『サマー・パック』 チャイルディッシュ・ガンビーノ(EP Review)

洋楽2018年7月15日

 本作『サマー・パック』は、夏をテーマにした「サマータイム・マジック」と「フィールズ・ライク・サマー」の2曲を収録した、2004年の『Kauai』以来4年振りとなるEP盤。EP盤というと、通常4~6曲は収録されるものだが、特に何曲以上という … 続きを読む

page top