東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)

2017年8月12日 / 18:00

 米NYハーレム地区を拠点とするヒップホップ集団エイサップ・モブのメンバー、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー・アルバム『12』が、2017年8月4日にリリースされた。2012年にリリースした、エイサップ・モブ名義のミックステープ『Lords Never Worry』には参加しているが、自己名義のアルバムとしては、本作が初となる。

 本作からは、エイサップ・ロッキーがフィーチャリング・アーティストとして参加した、「Diamonds」が先行曲として発表された。本作には、この曲のような90年代の東海岸を彷彿させる、クールで濃厚なトラックが全14曲、収録されている。

 特に、「Castle Hell」や「Strapped」、「Periodic Table」あたりは、ジェイ・Zやナズの絶頂期を思わせる、もろナインティーズを意識したナンバーだ。ASAP Rockyの従兄弟である、エイサップ・ナストが参加した「EastSideGhost」も、当時のイースト・コースト・ラップを感じさせる。

 ミッドチューンの「Yea Yea Yea (Maps)」や、ラストを飾るトラップ・バラード「Brothers」など、若干おとなしめのナンバーもあるが、やはりハードコアなナンバーが目立つ。「L.Y.B.B」や、エイサップ・ファーグが参加したトラップ調の「Hop Out」などは、かなりヘヴィ。フラットブッシュ・ゾンビーズが参加していることもあり、アルバム中もっともハードだったのは、「A Glorious Death」だった。1曲でお腹いっぱいになる、ボリューム満点のヒップホップらしいナンバーだ。

 NYブルックリン出身のラッパー、ジョーイ・バッドアスや、同NYクイーンズ出身のフレドロ・スターなど、ニューヨーク出身のアーティストで固めているあたりも、本作への拘りを感じられる。クールなトラックとタイトなフロウだけで勝負する姿勢も、エイサップ・トゥエルヴィの男気を感じる。大ヒットはせずとも、東海岸の屈指の名作として、受け継がれるのではないだろうか。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『12』
エイサップ・トゥエルヴィ
2017/8/4 RELEASE


音楽ニュースMUSIC NEWS

D'ERLANGER、トリビュート盤のジャケ写真と 特典ポスター公開

ジャパニーズロック2017年8月18日

9月13日にリリースされるD’ERLANGERトリビュートアルバム『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』のジャケット・アートワークと予約特典となるポスターデザイ … 続きを読む

KEYTALK、横浜アリーナ公演記念グッズとして 『KTEP COMPLETE』アナログレコードBOX限定発売

ジャパニーズロック2017年8月18日

9月10日に開催されるKEYTALKキャリア初となる横浜アリーナ公演のオフィシャルグッズが発表され、同時に事前販売受付がスタートした。定番アイテムの新作ラインナップはもちろんのこと、横浜アリーナ記念として、世界的に活躍するイラストレーターR … 続きを読む

Shout it Out、ぶつかり稽古2マンツアー大阪公演で cinema staffに挑む!

ジャパニーズロック2017年8月18日

Shout it Outが先輩バンドに対バンを挑む、ぶつかり稽古2マンライブツアー『虎の威を借り、狩られる狐~Season 2 ~』の大阪公演のゲストが、cinema staffであることがアナウンスされた。 リーダーの細川千弘(Dr)は高 … 続きを読む

【連載コラム】稚菜、ドラマ「わにとかげぎす」のテーマをカバー

J-POP2017年8月18日

こんばんは。 さて、まずはカバー曲、115曲目。 TOKIOの「クモ」 ドラマ「わにとかげぎす」の主題歌です。 TOKIOの曲はサビでグッと?ハッと?させられるものが多い。 長瀬さんの言葉選びの感覚とメロディーが混ざり合って、 力強さの中に … 続きを読む

トリプルギターが炸裂するレーナード・スキナード絶頂期のライヴ盤『ワン・モア・フロム・ザ・ロード』

ニュース2017年8月18日

70年代初頭から中頃にかけて、アメリカンロックのひとつの大きな柱となっていたのがサザンロックであった。サザンロックはその名の通り、アラバマ、ジョージア、フロリダ、テネシー等のアメリカ南部諸州から登場してきたロックグループの総称である。サザン … 続きを読む

page top