マイケル・ジャクソンの死後、クインシー・ジョーンズが約20億円の印税を受け取っていたことが明らかに

2017年7月19日 / 12:20

 故マイケル・ジャクソンが2009年に死去してから2016年までの間に、プロデューサーのクインシー・ジョーンズに約1,800万ドル(約20億円)の印税が支払われていたことが法廷で明らかになった。84歳のジョーンズがマイケル・ジャクソンのエステート(遺産管理人)を相手取って起こした裁判の6日目の審理でソニーの印税監査責任者が証言した。

 ジョーンズは、自身が関わったマイケルのアルバム『バッド』、『スリラー』、『オフ・ザ・ウォール』、『ディス・イズ・イット』に関する契約違反により、エステートが少なくとも3,000万ドル(約33億円)の使用料を支払う義務があると主張している。

 彼は2003年に、自身を著作権使用料とプロデュース料の支払い対象外にするために「ビリー・ジーン」、「スリラー」、「ドント・ストップ・ティル・ユー・ゲット・イナフ」がリミックスされたとして、エステートとソニー・ミュージックを訴えた。契約では、これらの楽曲の編集または変更に関する最初の選択権は自分にあり、その機会を与えられなかったことで評判を傷つけられたと主張している。

 2017年7月18日にエステート側の証人として呼ばれたソニーの印税監査担当副社長のデイヴィッド・モロは、過去にジョーンズに支払われてきた金額を具体的に明らかにし、彼に対してはライセンス(使用許諾)契約による使用料ではなく、主にレコード印税が支払われてきたと証言した。また、“ジョイント・ヴェンチャー”契約によりジョーンズは他の金銭を受け取ることができないと説明した。

 ジョーンズが過去に監査を要求したことがあったかと聞かれたモロは、1981年から1989年の間に6回ほどあったと証言した。また、近年20万(2,240万円)から30万ドル(3,360万円)の間の額の和解金も支払われたことも明らかにし、印税の概要と、2009年から2016年の間にジョーンズに約1,800万ドルが支払われたことを証明する書類を陪審員に提出した。

 ジョーンズ本人も現地時間の木曜日(7月20日)に証人台に立つ予定になっている。


音楽ニュースMUSIC NEWS

RADWIMPS、配信楽曲「猫じゃらし(Orchestra ver.)」のMVを公開

ジャパニーズロック2020年5月29日

RADWIMPSが、5月29日(金)に配信楽曲「猫じゃらし(Orchestra ver.)」のMVをYouTubeにて公開した。 これまで彼らの作品に携わってきた映像作家を中心としたクリエイター陣が、混乱の状況下にある今、当たり前だった日常 … 続きを読む

Bye-Bye-Handの方程式、現体制ではラストとなるミニアルバム『Flowers』発売決定

ジャパニーズロック2020年5月29日

2020年2月に最終審査が行われたNo Big Deal Records主催オーディションにて、グランプリに選ばれた大阪発・平均年齢20歳の4人組ロックバンド、Bye-Bye-Handの方程式(読み:バイバイハンドノホウテイシキ)のミニアル … 続きを読む

[Alexandros]、初のコンセプトアルバムから「Run Away (Bedroom ver.)」を先行配信

ジャパニーズロック2020年5月29日

[Alexandros]が、5月29日(金)に初のコンセプトアルバムとなる『Bedroom Joule』より、先行配信第1弾として「Run Away (Bedroom ver.)」を各種音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスで配信し … 続きを読む

川谷絵音による楽曲が、3つのプロジェクトでデジタル配信スタート

ジャパニーズロック2020年5月29日

川谷絵音による楽曲が、5月29日(金)に3つのプロジェクトでデジタル配信されたことがわかった。 配信されたのは、川谷絵音のソロ名義“Enon Kawatani”の外出自粛期間に制作された「STAY HOME」。この楽曲はゴールデンウィーク中 … 続きを読む

美空ひばり、地名や名所が歌われている作品集『ひばりちゃんの東京うた散歩』がリリースに!

ニュース2020年5月29日

美空ひばりの誕生日である5月29日にアルバム『ひばりちゃんの東京うた散歩』が発売された。美空ひばりの音源の中から、「お祭りマンボ」「東京キッド」など自身の大ヒット曲はもちろん、「東京ラプソディ」「東京ブギウギ」「新宿の女」「なみだ恋」「矢切 … 続きを読む

page top