【ビルボード】GLAYの14thアルバム『SUMMERDELICS』が総合アルバム1位獲得、ミスチルの配信ベストは好調続く

2017年7月19日 / 14:43

 今週の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、GLAYの14thアルバム『SUMMERDELICS』が首位を獲得した。

 自身通算14枚目にして約2年ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作は、CDを53,030枚売り上げてこの部門1位に。一方でダウンロードは5位、ルックアップは6位と、他指標にはまだ伸びしろが見られる。収録されている全14曲のうち13曲がタイアップ・ソングとなっており、マスへ広げるための要素は十分持っているので、これらがライト・ユーザーまでうまく訴求していけばロング・ヒットにつなげることもできるはずだ。

 また、前週1位に初登場したスピッツの3枚組シングル・コレクション『CYCLE HIT 1991~2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』は、CDセールス3位、ダウンロード3位、ルックアップ4位と、今週も全指標で高ランクを維持して2位に留まった。また、平井堅のベスト・アルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』は、CDセールス2位、ダウンロード4位と、ルックアップ23位と、セールスを中心にポイントを積み上げて総合アルバム3位に初登場。リリース初週以降も粘り強いセールスを維持できるのがベスト盤やコンプリート盤の強味なので、この2作品の次週以降のチャート・アクションにも引き続き注目していきたい。

 一方で、ダウンロードの1位と2位を独占したのは、Mr.Childrenの配信限定ベスト・アルバム2作品だ。そのうち『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』は、5月22日付の総合アルバム1位に初登場して以来トップ10内を維持、今週は前週から3ランク上げて総合アルバム5位に入っている。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『SUMMERDELICS』GLAY
2位『CYCLE HIT 1991~2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ
3位『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』平井堅
4位『#TWICE』TWICE
5位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
6位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children
7位『Summer』BOYFRIEND
8位『Familia』sumika
9位『サントロワ∴』南條愛乃
10位『ジャム』関ジャニ∞[エイト]


音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加

J-POP2020年1月27日

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする1stアルバム『1』の全収録楽曲情報を公開した。  既に収録がアナウンスされており、来週1月29日に先行配信がスタートされ … 続きを読む

【第62回グラミー賞】ジョナス・ブラザーズ、新曲2曲を披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、アルバム『ハピネス・ビギンズ』が全米1位を獲得したジョナス・ブラザーズがパフォーマンスを行った。  ブラスバンドを引き連れた3名は、新曲「What A Man Gotta Do」と … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リゾ「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、リゾの「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した。プレゼンターは、キース・アーバンとシンシ … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

洋楽2020年1月27日

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。 … 続きを読む

page top