マニアックなサンプル・ネタにニヤリ、良曲ぞろいの2ndアルバム / 『ジャングル・ルール』フレンチ・モンタナ(Album Review)

2017年7月16日 / 19:00

 最新シングル「アンフォゲッタブルfeat.スワエ・リー」が、自身のタイトルとしては初の全米TOP10入りを果たした、米NYブロンクス出身のラッパー、フレンチ・モンタナ。この曲も収録された2ndアルバム『ジャングル・ルール』は、「アンフォゲッタブル」に負けずとも劣らない良曲が全18曲収録されている。

 イギリス出身の女性シンガーソングライター、イモージェン・ヒープの「ヘッドロック」(2006年)をサンプリングした「ジャンプ」や、米ブルース歌手・ポール・バターフィールドの「ラスト・ホープス・ゴーン」使いの「ブリング・デム・シングス」、Fran Sotoの「エオリアン」が起用された「ホワイト・ドレス」など、マニアックなサンプル・ネタも、フレンチ・モンタナらしくて面白い。

 ダンスホール調の大ヒットシングル「アンフォゲッタブル 」はむしろ浮いていて、ベースはハードコア寄りのヒップホップが中心のアルバムになっている。特に、「ホテル・バスルーム」や、フューチャーが参加した「ノー・プレッシャー」、「ストップ・イット feat. T.I.」、「トゥ・マッチ」などは、押しつぶされそうになるほど重い。

 トラヴィス・スコットとコラボした「ジャンプ」や、ミーゴズのクエヴォが参加した「ミーゴ・モンタナ」、「トリッピン」など、トラップ要素を含んだ最新のトラックも当然ある。しかし、本作の聴きどころは、“今っぽい”ナンバーよりも、ファレルが手掛けた90年代ヒップホップ「ブリング・デム・シングス」や、ディスコ・ステップを踏みたくなる「シー・ワーキンfeat.マーク・E・バッシー」、レゲエ調の「フェイマス」など、クラシカルなタイトルだろう。ザ・ウィークエンドとマックスBの豪華共演「ア・ライ」も完成度高い。

 制作・プロデュースは、フィーチャリング・ゲストとして参加しているアーティストの他、ケンドリック・ラマーの最新作『DAMN.』を手掛けたマイク・ウィル・メイド・イットや、クリス・ブラウンやスクールボーイQなどのプロデュースでも知名度を高めたニック・ナック、ドレイクの『モア・ライフ』(2017年)にも参加している、ロンドン・オン・ダ・トラックなどがクレジットされている。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ジャングル・ルール』
フレンチ・モンタナ
2017/7/14 RELEASE


音楽ニュースMUSIC NEWS

フジテレビ『警視庁いきもの係』エンディングで超特急メンバーを当てよう!

ニュース2017年7月21日

動物の生態をもとに事件解決に奔走するコミカル・アニマル・ミステリー『警視庁いきもの係』。日曜夜の「癒やしドラマ」として好評を博す中、番組のエンディングで渡部篤郎をはじめとしたキャスト陣が披露しているダンスにも注目が集まっている。 超特急によ … 続きを読む

KinKi Kids、「GYAO!」にてMVフルを無料配信!  撮影秘話を語るミュージックビデオコメンタリーも!

ニュース2017年7月21日

7月21日にCDデビュー20周年を迎えるKinKi Kids。映像配信サービス「GYAO!」では7月20日より毎週2映像ずつ、KinKi Kidsのフルバージョンのミュージックビデオを1週間限定で無料配信! それにあわせ、KinKi Kid … 続きを読む

【家入レオ】 自分らしさを言い訳せずに音楽を遊んでいきたい

J-POP2017年7月21日

冒険を伴う、想像を超えるいい裏切り。他者に“歌声”以外の全てを委ねた表題曲「ずっと、ふたりで」。そして、カジュアルな自作曲にウルフルズのカバーも! 日本武道館単独公演を経て、彼女のさらなる攻めの姿勢が聴こえてきた。──まずは目標だった日本武 … 続きを読む

illion(RADWIMPS野田洋次郎)映画『東京喰種』主題歌の特別SPOT映像公開

J-POP2017年7月21日

 野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト、illion(イリオン)による、映画『東京喰種 トーキョーグール』の主題歌「BANKA」。この特別SPOT映像が公開された(https://youtu.be/cBCgmkTeZmQ)。   … 続きを読む

ミスチル櫻井&小林武史による新曲「What is Art?」MV公開

J-POP2017年7月21日

 2017年7月22日~宮城県・石巻中心市街地と牡鹿半島にて開催される【Reborn-Art Festival 2017】。櫻井和寿(Mr.Children)と小林武史による同フェスのコンセプトソング「What is Art?」が完成し、配 … 続きを読む

page top