BUCK-TICK、映画世界最速先行上映会レポート到着

2017年6月19日 / 19:00

 映画『BUCK-TICK~CLIMAX TOGETHER~ON SCREEN 1992-2016』の先行上映が、6月16日に新宿バルト9にて行われた。

 この日は30年前にBUCK-TICKがメジャー進出を発表した記念日であり、星野英彦(G)の誕生日でもある。さらに当日は、2013年に公開された『劇場版 BUCK-TICK~バクチク現象~Ⅰ&Ⅱ』と、同作の初回限定特典として収録された『劇場版 BUCK-TICK~バクチク現象~Ⅲ』のイッキミ上映会、6月28日に発売されるLIVE ALBUM『CLIMAX TOGETHER-1992 compact disc-』の世界最速先行試聴会も行われ、トータル10時間40分、まさにBUCK-TICK一色に染まった一夜だ。

 このオールナイトイベントが行われたのは、新宿バルト9の13階にあるシアター9。2005年にリリースしたアルバム『十三階は月光』を想起させることから、公式のTwitterやファンの間ではバルト9の“十三階”と表記され、開催を心待ちにされてきた。十三階の会場には最新ビジュアルのBUCK-TICKメンバーの写真が撮れる映画特製パネルや、メッセージが書き込める特製バナーが設置され、当日は開演前から大賑わい。開演直前まで特製パネルで撮影をする人が後を絶たず、特製バナーは30周年を迎えるBUCK-TICKを祝う愛あるメッセージで埋め尽くされていた。

 19時に、映画『BUCK-TICK~CLIMAX TOGETHER~ON SCREEN 1992-2016』の上映がスタート。映画は、1992年、2004年、2016年と12年周期で開催された3つの“CLIMAX TOGETHER”のステージを、メンバーのインタビューと、過去に作品として発表された映像の未公開シーンを加えて再編集したもので、BUCK-TICKの深い歴史と進化の軌跡を辿る作品になっている。映画館ならではの大スクリーンと臨場感のある音響で、白熱のステージが時代を超えてリアルに再現され、息を飲んで見つめる人もあれば、曲に合わせて体を動かす人もいて、観客はそれぞれのスタイルで作品を楽しんでいる様子。エンドロールが終わると自然に拍手が沸き起こり、この映画で伝えたかったBUCK-TICK“CLIMAX TOGETHER”の核なる部分が、観た人それぞれの胸に響いたであろうことを確信することができた。

 その後始まったBUCK-TICKデビュー25周年の一年間を追ったドキュメント作品『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~Ⅰ&Ⅱ&Ⅲ』イッキミ上映会では、普段あまり見ることのないステージの裏側やレコーディングでのメンバーの様子を堪能。

 さらに続いたLIVE ALBUM『CLIMAX TOGETHER-1992 compact disc-』の試聴会。当時発売されたビデオ作品は2日間のステージを編集したものだったが、この2枚組LIVE ALBUMは、それぞれのステージがそのままパッケージされているので、それまで作品としては未収録だった曲や、その日限りのライブアレンジを聴くことができ、映画とはまた違う“CLIMAX TOGETHER”を楽しむことができた。

 4本の映像と2枚の音源を視聴し終えたのは、朝の5時40分。全ての作品を通して、時代とともに進化したバンドの成長や絆を体感することで、改めてBUCK-TICKが30年続いてきた理由がわかった気がする。
トータル10時間40分に及ぶオールナイトイベントが終了した時、同じ時間を過ごした同志達への称賛と、BUCK-TICKへの敬愛の念がこもった温かい拍手が再び沸き起こっていた。

 映画『BUCK-TICK~CLIMAX TOGETHER~ON SCREEN 1992-2016』の公開は6月24日。上映会場は順次増えている。また、今回公開を記念して作られたグッズが、劇場以外にBUCK-TICKのオフィシャルウェブショップ、タワーレコードの限定店舗、タワーレコード オンラインにて発売決定している。

◎公開情報
『BUCK-TICK~CLIMAX TOGETHER~ON SCREEN 1992-2016』
2017年6月24(土)~新宿バルト9ほか 2週間限定公開
http://bt-movie.com


音楽ニュースMUSIC NEWS

斉藤和義、デビュー25周年記念のベスト盤リリース決定

ニュース2018年5月22日

斉藤和義が、2008年にリリースしロングヒットとなっている15周年記念オールタイムシングルズベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007』の続編となる、25周年記念シングルズベスト『歌うたい25 SINGLES … 続きを読む

群馬にて開催の『山人音楽祭2018』にヤバイTシャツ屋さん、THE BACK HORNなど6組が出演決定

ジャパニーズロック2018年5月22日

9月22日(土)23日(日)に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて初の2DAYSで開催する『山人音楽祭2018』の第3弾出演アーティストを発表! 今回発表となったのは、打首獄門同好会、かりゆし58、THE BACK HORN、HAWAIIAN … 続きを読む

藤原さくら、LINE LIVE番組“第3回EP『green』バイノーラル試聴会”にて「Sunny Day」MVフルサイズでオンエア

J-POP2018年5月22日

 藤原さくらが、2ndアルバム『PLAY』よりおよそ1年ぶりにEP盤『green』を6月13日にリリース。その収録曲を5月8日~6月12日まで、毎週火曜日の夜10時からLINE LIVEで1曲づつオンエア解禁していく“超ショートプログラム” … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】ポスト・マローン『ビアボングス&ベントレーズ』が3週目の首位、P!NKP!NK)の『ビューティフル・トラウマ』が追う

洋楽2018年5月22日

 ポスト・マローンの2ndアルバム 『ビアボングス&ベントレーズ』が3週目のNo,1獲得となった、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。  初登場1位に輝いた2018年5月12日付チャートで、週間最高となる461,000ユニットを獲得した … 続きを読む

MALIYA、Miu Ideの幻想的なダンスで魅せる「Wisp Of Smoke」MV公開 制作はmaxillaが担当

J-POP2018年5月22日

 MALIYAが2月にリリースした1stアルバム『ego』より、「Wisp Of Smoke」のミュージック・ビデオが公開された。  「Wisp Of Smoke」は、“なかなか届かない自分の想いや葛藤”を煙(Smoke)にたとえて紡がれた … 続きを読む

page top