【先ヨミ】Kis-My-Ft2『PICK IT UP』が11万超セールスで首位独走中、菅田将暉のデビュー作もトップ5入り

2017年6月8日 / 16:30

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年6月5日~6月7日までの集計が明らかとなり、Kis-My-Ft2『PICK IT UP』が116,576枚を売り上げて首位を独走している。

 自身通算19枚目のシングルとなる『PICK IT UP』。表題曲は、メンバーの藤ヶ谷太輔も出演するフジテレビ系ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のテーマ・ソングとなっているほか、初回生産限定盤Bのカップリング曲「All Around The World」はフジテレビ系旅行バラエティ番組『もしもツアーズ』テーマ曲に、通常盤のカップリング曲「ズッキューン」はコーワ『ウナコーワクール』CMソングに起用されているなど、収録曲のタイアップも豪華な本作。前作シングル『INTER』の初週3日間での売上は下回るものの、2位以下を寄せ付けないCDセールスで暫定1位の座についている。

 そして、AKB48の48thシングルにして総選挙シングル『願いごとの持ち腐れ』が、2週目の集計となる今週26,243枚を売り上げて2位に。【第9回AKB48選抜総選挙】投票期限は6月16日15時までとなっており、それまではコンスタントなCDセールスが続いていくことが予想される。

 俳優、モデルとして第一線で活躍を続けている菅田将暉の”アーティスト”デビュー・シングル『見たこともない景色』は、その注目度の高さを裏付けるように、20,767枚を売り上げて堂々トップ5入りを果たした。CD発売日の6月7日に行われた初ソロ・ライブでは、シングル収録曲の披露はもちろんのこと、忘れらんねえよの「まだ知らない世界」を弾き語りでカバーするなど、ミュージシャンとしての活動も本格的にスタートさせた菅田。3位~5位までは5,000枚以内の小差なので、ここから順位を変動させることは十分にあり得るだろう。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年6月5日~6月7日までの集計)
1位『PICK IT UP』Kis-My-Ft2 116,576枚
2位『願いごとの持ち腐れ』AKB48 26,243枚
3位『どどどどどりーまー』ときめき宣伝部 24,186枚
4位『I’m FISH//』DISH// 23,005枚
5位『見たこともない景色』菅田将暉 20,767枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


音楽ニュースMUSIC NEWS

乃木坂46メンバー、真夏の海で「Sing Out!」約300人の学生と大合唱

J-POP2019年9月14日

 乃木坂46メンバーと約300人の学生が、コカ・コーラシステム『ファンタ』のTVCMソング「Sing Out!」を大合唱するスペシャルムービー「ファンタ坂学園と大合唱計画『Sing Out!』」が公開された。  全国の学生参加型のキャンペー … 続きを読む

SOIL&“PIMP”SESSIONS、12/4に新アルバム発売決定 秋にはヨーロッパツアーも

J-POP2019年9月14日

 SOIL&“PIMP”SESSIONSが、ニューアルバム『MAN STEALS THE STARS』を12月4日に発売することが決定した。  本作は”未来からやって来た詩人の架空の物語”をコンセプトに制作がスタート。結成以来、&# … 続きを読む

RADWIMPS、映画『天気の子』の主題歌「祝祭(Movie edit)feat.三浦透子」MV公開

J-POP2019年9月14日

 RADWIMPSが、新海誠監督の新作映画『天気の子』の主題歌「祝祭(Movie edit)feat.三浦透子」のミュージックビデオを公開した。  映画のストーリーの中で、空模様の変化とともに人々の気持ちが晴れやかに変化していくシーンで印象 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、フリーライブ開催中止を受けスタジオライブ生配信決定

ジャパニーズロック2019年9月14日

BLUE ENCOUNTが結成15周年、メジャーデビュー5周年を記念して、9月11日に代々木公園野外ステージにて開催する予定だったが、荒天により開催中止となったフリーライブ『to B.E. continued」。当日メンバーから「何か次を考 … 続きを読む

AAA、“Black or White”の世界観を表現した新曲「BAD LOVE」MV公開

J-POP2019年9月14日

 AAAが、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の主題歌で新曲『BAD LOVE』のミュージックビデオを公開した。  主演の水野美紀や小池徹平、松本まりからが描く危険な“狂愛”ドラマのイメージも連想させる不穏な色彩で、普段見慣れてい … 続きを読む

page top