吉澤嘉代子 まるで“おとぎ話の読み聞かせ” 獣ツアー公演にて、愛溢れる一つの物語

2017年5月19日 / 22:00

 開演のブザーが響いた。薄暗いステージ上には、アンティークなスタンドライトや鏡台。これから目の当たりにしていく おとぎの世界 への期待で胸膨らますオーディエンスに、吉澤嘉代子は「ユートピア」で始まりの合図を告げた。

 4月29日 岡山公演よりスタートした【吉澤嘉代子ワンマンツアー「獣ツアー 2017」】。その東京公演が、5月7日 東京国際フォーラム ホールCにて行われた。この日、吉澤嘉代子がライブで届けた音楽と物語。オムニバスの短編小説のようなアルバム『屋根裏獣』の楽曲たちは、ライブで彼女が提示する視点により、また違った楽しさを共有させていくのであった。

<吉澤嘉代子 「獣ツアー 2017」東京公演でのおとぎ話>

 「あなた、お仕事行ってらっしゃ~い!」エプロンをつけた吉澤嘉代子が『奥さまは魔女』のオープニング風に“旦那様を愛しすぎている奥さま”と紹介される。朝起きて、朝食をとり、出かけていく夫の全てを目に焼き付けて今日も幸せを感じる妻。そんな風景が見えた「ラブラブ」、タンバリンを愉快に鳴らし、くるくる回って浮かれる熱烈な愛情は、「ねえ中学生」で彼女のあったようでなかったような思春期に抱いた純粋な恋心とリンクされ膨れ上がっていった。

 会社に着いたら来るはずの連絡「今日はまだかかってこないなあ…」早くつながりたい、この想いを伝えたい気持ちが「らりるれりん」に乗り破裂しそうになる。すると、待ちに待った電話の着信が。“あなた!?”……と思いきや、それはお義母さまからだった。姑との嬉しくない電話のやりとり、大好きな夫の母親なのに…自分の居場所が狭められ、いつかなってしまうのではないかという切ない気持ち。「えらばれし子供たちの密話」「屋根裏」にて、それがよからぬ方向へと誘われていくようであった。

 鏡台の前に座って、疲れている様子の彼女は、いつまでも幸せなままでいられたら なんて淡い恋物語、カタチあるものはいつか無くなっていく、すべては自然の流れなのだと受け止めるしかなかった「人魚」となっていった。それでも揺れる心、悲しみに声も震える。“あの子ダメねぇ”聞こえてくる周囲の声。しかし、彼女は「いいの、あの人がわたしを綺麗だと思ってくれたなら」あの時の彼に依存することで落ち着きを取り戻そうと努めるのであった。

 “ダメ、ダメ、……”それでも押し寄せる不安と恐怖。そこへ鳴った玄関のチャイム、彼の帰宅だ。極限の淵にたたされた私を早く救ってほしい、あなたならそれが…「あなた お帰りなさい!」――“おまえ、ダメだな”、彼女は勢いよく刃物を振り切った。「あなた 愛してる!!」彼女は夫婦旅行でもするかのように夫の首を連れて、タクシーに乗り込む。自由な世界を目指し乗り込んだそれが地獄へと連れてゆく「地獄タクシー」とも知らずに。

 二人が出逢った7年前、彼女の働く海辺の「カフェテリア」での淡い記憶。嬉しい、楽しい幸せな思い出のはずなのに、その歌声に涙が誘われる。世間はこの女性を忘れ、事件を忘れ、いつもと変わらず行ったり来たり「ぶらんこ乗り」のように日常を取り戻していくのだった。 “読みかけの本があるうちは、守られている気がしていた” このときライブは本編ラスト「一角獣」、あっという間だった。物語が終わってしまうという焦燥感や喪失感が沸き起こり、吉澤嘉代子が歌唱している姿をみるのもやっとだった。

<新シングル『月曜日戦争』の新曲もお届けのアンコールステージ“おやすみなさい”と閉幕>

 「ビートカモン!」とヒップホッパー風のメンバー紹介や、「麻婆」にて黒子とドラゴンを引き連れ会場中を練り歩くなどライブ本編では、素の表情をあまり見せなかった吉澤嘉代子。アンコールでは、本音を交えてグッズ紹介やこのライブに関する想いを語る。そして、5月24日に発売となる新シングル曲「月曜日戦争」、本人が歌いたかったという「ストッキング」を披露した。またWアンコールステージでは、新シングルc/w曲「フレフレフラレ」も歌唱。2階までハイタッチしながら笑顔と歌声を届けていく。そして、“おやすみなさい”と投げキスを贈りライブの幕を下ろすのであった。

 まるで読み聞かせのように展開していったライブだが、歌声、表情によってかわる楽曲の印象。できるだけで生音によって再現される臨場感。彼女の音楽をライブでしか味わえない楽しみ方が、ここに提示された気がした。そんな魅力溢れる吉澤嘉代子の音楽、ライブには今後も注目が集まっていくだろう。

取材:フルカワタイスケ
撮影:田中一人

◎セットリスト
【吉澤嘉代子ワンマンツアー「獣ツアー 2017」】
5月7日(日)東京国際フォーラム ホールC
01.ユートピア
02.ラブラブ
03.ねえ中学生
04.らりるれりん
05.えらばれして子供たちの密話
06.屋根裏
07.人魚
08.綺麗
09.地獄タクシー
10.麻婆
11.カフェテリア
12.ぶらんこ乗り
13.一角獣
En1.月曜日戦争
En2.ストッキング
WEn.フレフレフラレ

◎リリース情報
シングル『月曜日戦争』
2017/5/24 RELEASE
<初回限定盤(CDS+カセットテープ)>
CRCP-10371 1,852円(tax out.)
<通常盤(CDS)>
CRCP-10372 1,111円(tax out.)
http://yoshizawakayoko.com

◎【吉澤嘉代子 「月曜日戦争」 発売記念インストアイベント】
5月24日(水)19:00~
タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
イベント内容:サイン&チェキ会

5月25日(木)18:30~
タワ-レコ-ド名古屋パルコ店 店内スペース
イベント内容:サイン&チェキ会

5月26日(金)19:00~
HMV&BOOKS TOKYO
イベント内容: サイン&チェキ会 (サイン会ゲスト: たなかみさき)

5月27日(土)19:00~
ヴィレッジヴァンガード下北沢店 店内イベントスペース
イベント内容:サイン&チェキ会(衣装:OL)

5月28日(日)14:00~
タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
イベント内容:ミニライブ&サイン会
http://bit.ly/2q0mt1y


音楽ニュースMUSIC NEWS

ラクルイノヨルニ、初のMV「明日葉」公開。忘れらんねえよ柴田から熱いコメントが到着!

ジャパニーズロック2017年11月19日

ラクルイノヨルニが初のミュージックビデオ「明日葉」を公開した。ラクルイノヨルニは、カタミチカラを中心に、kukatachiiやkent kakitsubataでも活動するサイキタクト(Dr)の2人で結成。シンガーソングライター・カタミチカラ … 続きを読む

ハープ奏者・松岡みやび、11月末に癒しのコンサートを開催

ニュース2017年11月19日

ハープ奏者/心理カウンセラーの松岡みやびが贈る、ハープ演奏とトークのコンサートが11月29日(水)重要文化財に指定されている自由学園 明日館(東京都豊島区)で開催されることがわかった。古くから癒しの「薬」としても演奏されてきたハープは、アメ … 続きを読む

松本隆、秦基博とNHK学園の校歌を制作することを発表

ニュース2017年11月19日

松本隆がNHK学園高等学校が55年ぶりに制定する新校歌の作詞を担当し、その作曲を秦基博が手がけることがわかった。 NHK学園(日本放送協会学園)高等学校NHK学園高等学校は、2018年の4月に開校55周年を迎える。これを記念して、新しい校歌 … 続きを読む

THE ALFEE、ニューシングル「人間だから悲しいんだ」ジャケ写を公開

ジャパニーズロック2017年11月19日

THE ALFEEが12月20日にリリースするニューシングル「人間だから悲しいんだ」のジャケット写真とメインヴォーカルが解禁された。今回メインヴォーカルを務めるのは、坂崎幸之助。坂崎幸之助がシングル曲のメインヴォーカルを務めるのは2001年 … 続きを読む

さとり少年団、リリースイベントで2018年に初ワンマン開催を発表

ニュース2017年11月19日

さとり少年団が11月19日(日)にららぽーと新三郷にて行なったリリースイベントで、2018年3月に初のワンマンライブを開催することを発表した。 さとり少年団はスターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN (恵比寿学園 … 続きを読む

page top