DUBFORCEのビルボード公演が決定 いとうせいこう、アイゴンらも参加

2017年5月10日 / 12:00

 元MUTE BEATの屋敷豪太、ダブマスター・X、増井朗人(を中心に結成された“DUBFORCE”の公演が8月8日にビルボードライブ東京にて開催される。

 80年代を駆け抜けたジャパニーズ・ライブ・DUB バンド、MUTE BEATのオリジナル・メンバーだった屋敷豪太(Drums)、ダブマスター・Xこと宮崎泉(Mix)、増井朗人(Trombone)の3人を中心に2015年に結成。手練メンバーが揃い、ニューウェーヴ/パンク/レゲエ/HIP HOPを昇華。唯一無二のダンス・ミュージックを紡ぎ、昨年はGREEN ROOM FESTIVALやいとうせいこうフェスに出演したほか、ホルガー・シューカイ、ジャー・ウォーブル、ASWAD、童謡のカバーからオリジナルまでを縦横無尽に料理した初音源『DUBFORCE』をリリースし話題となった。

今回のビルボードライブ公演には、COLDFEETのWatusi、アイゴンこと會田茂一、KEMURIのメンバーであり、増井朗人とともにAIR’S ROCKを結成しているコバヤシケン、かせきさいだぁやいとうせいこう&Dubflowerなどでキーボード奏者として活躍する龍山一平、オレスカバンドのSAKI、そしていとうせいこうが参加。まさに“スーパーユニット”と呼ぶにふさわしい孤高のグループが満を持してビルボードライブのステージに降り立つ。

◎公演情報
【DUBFORCE
屋敷豪太, Dub Master X, 増井朗人
いとうせいこう, Watusi, 會田茂一, コバヤシケン, 龍山一平, SAKI】

ビルボードライブ東京:2017年8月8日(火)
1stステージ開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場20:45 開演21:30
>>公演詳細はこちら
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10554&shop=1

メンバー
屋敷 豪太(Drums)
DUB MASTER X(Mix)
増井 朗人(Trombone)
いとうせいこう(Words)
Watusi(Bass)
會田 茂一(Guitar)
龍山 一平(Keyboards)
コバヤシケン(Tenor Saxophone)
SAKI(Trumpet)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ジャスティン・ビーバー、“Carpool Karaoke”に再び登場 トム・クルーズに突然挑戦状を突きつけた理由を明かす

洋楽2020年2月19日

 現地時間2020年2月19日、ジャスティン・ビーバーが、米トーク番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』の人気コーナー“Carpool Karaoke”に再び登場し、ヒット・ナンバー「Yummy」や「Love Yourself … 続きを読む

ちゃんみな、2/19にEP『note-book -Me.-』『note-book -u.-』を2作同時リリース スタジオ・セッション動画も3夜連続で公開

J-POP2020年2月19日

 日本語、英語、韓国語の3ヶ国語を操るトリリンガルラッパー/シンガーのちゃんみなが、2月19日に4曲入りEP『note-book -Me.-』と『note-book -u.-』を2作同時リリースした。  2019年8月に発売した『Never … 続きを読む

『インソムニア』に、鬼束ちひろにしか作り出せなかった歌詞世界の本質を見る

ニュース2020年2月19日

鬼束ちひろのデビュー20周年を記念して制作されたオールタイムベストアルバム『REQUIEM AND SILENCE』が2月20日に発売される。“死者のためのミサと沈黙”、あるいは“葬送曲と静寂”というタイトルが何とも彼女らしい感じであるが、 … 続きを読む

有安杏果、ライブで披露していた「サクラトーン」「虹む涙」の2曲を配信リリース

ニュース2020年2月19日

約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した「サクラトーン」、そして何十日もかけて「サクラトーン」を完成させた後 … 続きを読む

<ライブレポート>クリス・デイヴ、深化の一端を垣間見ることができる変則的で刺激的なビートに包まれた夜

洋楽2020年2月19日

 ロバート・グラスパー、ディアンジェロ、アデルなど、現代のジャズ、ブラック・ミュージック~ポップ・シーンの最重要アーティスト達と数々の共演を果たし、音楽の新たな可能性を切り拓き続けるドラマー、クリス・デイヴがクリス・デイヴ&ドラムヘッズとし … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top