the GazettE “いまでも未来に夢を見続け…” 十五周年記念公演 大日本異端芸者の夜に、名残惜しく舞う桜

2017年3月20日 / 15:50

 the GazettEが、3月10日 国立代々木競技場第一体育館にて【十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】を開催。この日集まった13,000人へ、愛執の念をもたらし、さらなる15周年の光明を与えた。

 「散らせるもんなら、散らせてみろ!」響き渡った場内アナウンスに呼応するファンの前に、桜の花びら舞い落ちるなか姿を現したthe GazettE。桜、松明、和太鼓…、この日の彼らが“大日本異端芸者”であるに相応しい空間が創り上げられ、【十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】は「貴方ノ為ノ此ノ命。」でスタートした。

<破壊、覚醒、静寂 … the GazettE「いいか、ハデにやろうぜ!」大日本異端芸者の夜が蘇る>

 冷静さの中に眠る強大な生命力を放つ近年のthe GazettEだが、15周年を6人目のメンバー(ファン)と迎えた彼らは、冒頭から浮ついた気持ちを抑えることなく“跳べ、跳べぇ!”、会場を破壊するほどの暴動を生み出していった。さらに「俺らがどこまでも引っ張っててやるからよ。気合入れてかかってこいよ!!」と、メンバーたちも懐かしさを語るほど珍しいセットリストでライブは展開。そして観衆は、猟奇的ナンバー「Back drop Junkie[nancy]」にあてられ覚醒状態へ誘われていくのであった。

 「Sugar Pain」では、酔いしれるギターソロを奏で後方へ倒れ消えた葵のパフォーマンス後、「蜷局」“愚流り(ぐるり)…”ステージ上で儀式が行われる。闇ではなく、光をもたらすアクトでロック、ポップ、バラードナンバーと幅のある楽曲を披露。最新リリースのバラードベスト『TRACES VOL.2』(2017/3/8 RELEASE)にも収録されている「Cassis」では、終始熱狂の会場も静まり、温かな視線と拍手が贈られていた。

 ここでRUKIがライブ前半戦を振り返り、久しぶりの楽曲にノリ切れていないファンへ「いつものお前ららしくないんじゃないの?」と渇を入れ、「いいか、ハデにやろうぜ! かかってこい!!」。揺れる会場、ひとりひとり頭を物理的に使い、再び暴動区と化す。「COCKROACH」「ワイフ」「Ruder」…激しさを増す怒涛のステージのまま「関東土下座組合」にて本編は締めくくられた。

<俺たちはthe GazettEの未来に、いまでも夢を見続けています。>

 15周年記念日ゆえ、まだまだ満たされきれない観衆のアンコールに応えるthe GazettEは、さらに5曲を贈る。「本日は俺たちの15周年というお祝いにきてくれてホント、めちゃくちゃ感謝してるぜ!」そして、久々の楽曲も“なかなかカッコいいじゃん”と改めて思い、今後のライブでも披露していくかも? と匂わせる。振り付きで「春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。」、ラップ/合唱も盛り込まれ笑顔がこぼれる「☆BEST FRIENDS☆」、「LINDA~candydive Pinky heven~」。彼らがメロコア/スカ/パンク/…ジャンルレスな世界的バンド the GazettEであり、大日本異端芸者であることを証明する。

 そして、Wアンコールへ。ここでまず伝えられたのは、多くの感謝だった。色んな景色を見てきて、何が正しいのかわからなくなったこともあった。しかし、信じてついて来てくれた皆がいてくれたから…と、真摯に語られる。そして、

「俺たちは the GazettE の未来に、いまでも夢を見続けています。」

 何年経っても、まだ見ぬ景色を目指して、最高の音楽とライブを作っていくことを誓った。“ラスト! 愛してます「未成年」”とパフォーマンスを締め、目頭が熱くなるメンバー含め、ひとりひとりのコメントも届けられて【the GazettE 十五周年記念公演】の幕は下ろされた。会場には、散り落ちることを拒んだ桜の花びらがまだ、ひらりひらり舞っていた。

<まだまだ続くthe GazettE結成15周年イヤー 9年ぶりとなる単独野外ライブ開催も決定>

 この日の終演後、the GazettE結成15周年イヤーの「NEXT ACTION」として、2008年以来9年ぶりとなる単独野外ライブ【LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」】を、8月19日 富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催することを発表。「BURST INTO A BLAZE」は過去2回開催されており、3度目となる今回は15周年に相応しくベストオブベストのLIVE、彼らの歴史が網羅された1日となる。

 4月には、FC限定にて全国5会場で開催となる【HERESY LIMITED TOUR17 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」追加公演】を控える。15周年イヤーに突入し、ますます加速度を上げるthe GazettEには今後も注目が集まる。

取材:フルカワタイスケ

◎セットリスト
【the GazettE 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】
2017年3月10日(金)代々木第一体育館
01.貴方ノ為ノ此ノ命。
02.舐~zetsu~
03.十四歳のナイフ
04.センチメンタルな鬼ごっこ
05.Back drop Junkie[nancy]
06.Sugar Pain
07.蜷局
08.飼育れた春、変われぬ春
09.Last bouquet
10.Cassis
11.ザクロ型の憂鬱
12.COCKROACH
13.ワイフ
14.Ruder
15.The $ocial riot machine$
16.関東土下座組合
EN1.泥だらけの青春
EN2.赤いワンピース
EN3.「春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。」
EN4.☆BEST FRIENDS☆
EN5.LINDA~candydive Pinky heven~
WEN.未成年

◎ライブ情報
【the GazettE LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」】
2017年8月19日(土)富士急ハイランド・コニファーフォレスト
OPEN 16:00 / START 17:00
<チケット>
全席指定 8,000円(税込)
7月8日(土)10:00~ 一般発売
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 平日12:00~19:00

【HERESY LIMITED TOUR17 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」追加公演 】
4月12日(水)Zepp Tokyo
4月14日(金)仙台PIT
4月20日(木)Zepp DiverCity(TOKYO)
4月24日(月)Zepp Nagoya
4月26日(水)Zepp Osaka BaySide
※本公演のチケットはHERESY会員のみご購入いただけます。

◎リリース情報
『the GazettE BALLAD BEST ALBUM「TRACES VOL.2」』
2017/3/8 RELEASE
<初回限定盤>
SRCL-9336 3,611円(tax out.)
<通常盤>
SRCL-9337 3,056円(tax out.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

【ビルボード】TWICE『One More Time』が219,131枚を売り上げシングル・セールス首位獲得

J-POP2017年10月23日

 自身初の日本オリジナル・ソングを収録したTWICE『One More Time』が、初動3日間で150,425枚、その後も順調に約7万枚伸ばし、初週累計219,131枚で週間シングル・セールスチャート首位を獲得した。名古屋発の5人組男性ア … 続きを読む

故ジョージ・マイケルのドキュメンタリー制作秘話をマネージャーが明かす

洋楽2017年10月23日

 故ジョージ・マイケルのドキュメンタリー『ジョージ・マイケル:フリーダム』が2017年10月21日に全米で放送された。彼が直接関わり、遺作となった90分の作品は、1990年の2ndソロ・アルバム『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス Vo … 続きを読む

SCANDAL「対バンって仲間をちゃんと増やせる場所なんだな」初の対バンツアーに幕

J-POP2017年10月23日

 SCANDALが東名阪3都市で開催した初の対バンツアー【SCANDAL TOUR 2017“SCANDALの対バンツアー”】が、10月21日の大阪公演で終了した。  この対バンツアーは、SCANDALが「今ライブがカッコいい」とリスペクト … 続きを読む

DJダイノジによるアドリブトーク番組形式のSpotifyプレイリスト公開

J-POP2017年10月23日

 「日本一フェスに呼ばれる芸人」として知られるお笑い芸人、DJダイノジによるトーク番組形式のプレイリスト「DJダイノジの『これで一緒に踊りたい!』」が、Spotifyにて公開された(http://spoti.fi/DJ_DNJ)。  本プレ … 続きを読む

羽生結弦「スケートの原点であり、本当に特別な曲です」、川井郁子7年ぶりのオリジナル・アルバムへのメッセージ公開

J-POP2017年10月23日

 11月1日に、川井郁子7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』がリリースされるのに際し、フィギュアスケーターの羽生結弦選手からのメッセージが公開された。  羽生選手は、2014年のソチ五輪フィギュアスケートのエキシビションで、チャイコフ … 続きを読む

page top