the GazettE “いまでも未来に夢を見続け…” 十五周年記念公演 大日本異端芸者の夜に、名残惜しく舞う桜

2017年3月20日 / 15:50

 the GazettEが、3月10日 国立代々木競技場第一体育館にて【十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】を開催。この日集まった13,000人へ、愛執の念をもたらし、さらなる15周年の光明を与えた。

 「散らせるもんなら、散らせてみろ!」響き渡った場内アナウンスに呼応するファンの前に、桜の花びら舞い落ちるなか姿を現したthe GazettE。桜、松明、和太鼓…、この日の彼らが“大日本異端芸者”であるに相応しい空間が創り上げられ、【十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】は「貴方ノ為ノ此ノ命。」でスタートした。

<破壊、覚醒、静寂 … the GazettE「いいか、ハデにやろうぜ!」大日本異端芸者の夜が蘇る>

 冷静さの中に眠る強大な生命力を放つ近年のthe GazettEだが、15周年を6人目のメンバー(ファン)と迎えた彼らは、冒頭から浮ついた気持ちを抑えることなく“跳べ、跳べぇ!”、会場を破壊するほどの暴動を生み出していった。さらに「俺らがどこまでも引っ張っててやるからよ。気合入れてかかってこいよ!!」と、メンバーたちも懐かしさを語るほど珍しいセットリストでライブは展開。そして観衆は、猟奇的ナンバー「Back drop Junkie[nancy]」にあてられ覚醒状態へ誘われていくのであった。

 「Sugar Pain」では、酔いしれるギターソロを奏で後方へ倒れ消えた葵のパフォーマンス後、「蜷局」“愚流り(ぐるり)…”ステージ上で儀式が行われる。闇ではなく、光をもたらすアクトでロック、ポップ、バラードナンバーと幅のある楽曲を披露。最新リリースのバラードベスト『TRACES VOL.2』(2017/3/8 RELEASE)にも収録されている「Cassis」では、終始熱狂の会場も静まり、温かな視線と拍手が贈られていた。

 ここでRUKIがライブ前半戦を振り返り、久しぶりの楽曲にノリ切れていないファンへ「いつものお前ららしくないんじゃないの?」と渇を入れ、「いいか、ハデにやろうぜ! かかってこい!!」。揺れる会場、ひとりひとり頭を物理的に使い、再び暴動区と化す。「COCKROACH」「ワイフ」「Ruder」…激しさを増す怒涛のステージのまま「関東土下座組合」にて本編は締めくくられた。

<俺たちはthe GazettEの未来に、いまでも夢を見続けています。>

 15周年記念日ゆえ、まだまだ満たされきれない観衆のアンコールに応えるthe GazettEは、さらに5曲を贈る。「本日は俺たちの15周年というお祝いにきてくれてホント、めちゃくちゃ感謝してるぜ!」そして、久々の楽曲も“なかなかカッコいいじゃん”と改めて思い、今後のライブでも披露していくかも? と匂わせる。振り付きで「春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。」、ラップ/合唱も盛り込まれ笑顔がこぼれる「☆BEST FRIENDS☆」、「LINDA~candydive Pinky heven~」。彼らがメロコア/スカ/パンク/…ジャンルレスな世界的バンド the GazettEであり、大日本異端芸者であることを証明する。

 そして、Wアンコールへ。ここでまず伝えられたのは、多くの感謝だった。色んな景色を見てきて、何が正しいのかわからなくなったこともあった。しかし、信じてついて来てくれた皆がいてくれたから…と、真摯に語られる。そして、

「俺たちは the GazettE の未来に、いまでも夢を見続けています。」

 何年経っても、まだ見ぬ景色を目指して、最高の音楽とライブを作っていくことを誓った。“ラスト! 愛してます「未成年」”とパフォーマンスを締め、目頭が熱くなるメンバー含め、ひとりひとりのコメントも届けられて【the GazettE 十五周年記念公演】の幕は下ろされた。会場には、散り落ちることを拒んだ桜の花びらがまだ、ひらりひらり舞っていた。

<まだまだ続くthe GazettE結成15周年イヤー 9年ぶりとなる単独野外ライブ開催も決定>

 この日の終演後、the GazettE結成15周年イヤーの「NEXT ACTION」として、2008年以来9年ぶりとなる単独野外ライブ【LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」】を、8月19日 富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催することを発表。「BURST INTO A BLAZE」は過去2回開催されており、3度目となる今回は15周年に相応しくベストオブベストのLIVE、彼らの歴史が網羅された1日となる。

 4月には、FC限定にて全国5会場で開催となる【HERESY LIMITED TOUR17 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」追加公演】を控える。15周年イヤーに突入し、ますます加速度を上げるthe GazettEには今後も注目が集まる。

取材:フルカワタイスケ

◎セットリスト
【the GazettE 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】
2017年3月10日(金)代々木第一体育館
01.貴方ノ為ノ此ノ命。
02.舐~zetsu~
03.十四歳のナイフ
04.センチメンタルな鬼ごっこ
05.Back drop Junkie[nancy]
06.Sugar Pain
07.蜷局
08.飼育れた春、変われぬ春
09.Last bouquet
10.Cassis
11.ザクロ型の憂鬱
12.COCKROACH
13.ワイフ
14.Ruder
15.The $ocial riot machine$
16.関東土下座組合
EN1.泥だらけの青春
EN2.赤いワンピース
EN3.「春ニ散リケリ、身ハ枯レルデゴザイマス。」
EN4.☆BEST FRIENDS☆
EN5.LINDA~candydive Pinky heven~
WEN.未成年

◎ライブ情報
【the GazettE LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」】
2017年8月19日(土)富士急ハイランド・コニファーフォレスト
OPEN 16:00 / START 17:00
<チケット>
全席指定 8,000円(税込)
7月8日(土)10:00~ 一般発売
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888 平日12:00~19:00

【HERESY LIMITED TOUR17 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」追加公演 】
4月12日(水)Zepp Tokyo
4月14日(金)仙台PIT
4月20日(木)Zepp DiverCity(TOKYO)
4月24日(月)Zepp Nagoya
4月26日(水)Zepp Osaka BaySide
※本公演のチケットはHERESY会員のみご購入いただけます。

◎リリース情報
『the GazettE BALLAD BEST ALBUM「TRACES VOL.2」』
2017/3/8 RELEASE
<初回限定盤>
SRCL-9336 3,611円(tax out.)
<通常盤>
SRCL-9337 3,056円(tax out.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ゆるめるモ! 新曲「モイモイ」MV&踊ってみた動画を同時公開

J-POP2017年6月27日

 ゆるめるモ!が、2017年6月28日にリリースするミニアルバム『ディスコサイケデリカ』より、新曲「モイモイ」のミュージックビデオと踊ってみた動画を公開した。  「モイモイ」は小林愛作詞、ハシダカズマ(箱庭の室内楽)作曲・編曲の楽曲で、サビ … 続きを読む

ゆず、6/28放送の『テレ東音楽祭 2017』で新曲「愛こそ」初披露

J-POP2017年6月27日

 2017年でデビュー20周年を迎えたゆずの新曲「愛こそ」が、6月28日放送のテレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭 2017』にてテレビで初披露されることがわかった。  「愛こそ」は、有村架純が出演している伊藤園『お~いお茶』のCMソングとし … 続きを読む

Awesome City Club、新曲含むベスト盤の収録内容&新ライブ情報を解禁

J-POP2017年6月27日

 Awesome City Clubが8月にリリースするベスト・アルバムの収録内容が明らかとなった。  『Awesome City Club BEST』と題された本作には、これまでリリースされてきたアルバム4作の収録曲をはじめとする12曲に … 続きを読む

SF9、新曲『Easy Love』日本オリジナルビジュアル公開

洋楽2017年6月27日

 韓国ダンスボーイズグループ“SF9”のセカンドシングル『Easy Love』の日本オリジナルビジュアルが本日公開となった。  デビューシングルに続き、ジャケット3種類とアーティスト写真はすべて日本で撮り下ろされたオリジナル写真となり、今回 … 続きを読む

新譜を携えたミシェル・ブランチがエネルギッシュな歌声で魅了!ジャパンツアー初日の大阪公演レポート

洋楽2017年6月27日

 2001年、あのマドンナが設立したマーヴェリック・レコードから18歳でセンセーショナルなデビューを飾った歌姫、ミシェル・ブランチが6月26日にビルボードライブ大阪で公演を行った。  ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人でオン・ステージ … 続きを読む

page top