【Chart insight of insight】テレビのパワーで洋楽ヒット! オースティン・マホーンとジャスティン・ビーバー

2017年3月4日 / 12:00

 毎週毎週しのぎを削るHot100を眺めていると、上位10位や20位以内に入るのは至難の業だなとつくづく実感する。手厚くプロオーションされる邦楽でもそうだから、洋楽だとなおさら困難な道のりといえるだろう。しかし、先週、今週と2週連続でベスト10入りしたオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」の動きを見ると、何が起こるかわからないものだとも思わされる(【表1】)。

 先週同様に今週も8位となったこの曲は、ご存知、ブルゾンちえみがネタのBGMで使用したことで人気急上昇中のナンバーだ。もともとは、2015年の7月にダウンロード・リリースされた楽曲だが、オースティン本人の思惑とはまったく違うところで人気を得た。とくに動画の閲覧数の急進ぶりは強力で、2週連続2位という結果(赤のグラフ)。セールスは先週より少し落ちたとはいえ(紫のグラフ)、逆にラジオのオンエア回数がアップ(緑のグラフ)。ブルゾンちえみの露出次第ではあるが、まだまだ勢いは収まりそうにない。あとは、ここで得た知名度をどう次作につなげて行くかが、オースティンの課題だろう。

 もう一曲勢いある洋楽チューンが、ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」だ(【表2】)。この曲も2015年発表のアルバム『パーパス』からカットされていたシングルで、すでにその当時から上位にチャートインしていた。しかし、ソフトバンクのCMでピコ太郎と共演したことで再注目。ここ数週間でじわじわとチャートを上昇中だ。しかし、過去2年間の推移を見ていると、実はずっとチャートに残り続けている根強いヒット曲だということがわかる。今回のアクションはCM効果とはいえ、ジャスティンの人気を少し後押ししただけという印象だ。とはいえ、さらに違う層に広まることは間違いなく、これもまた次作にどうつなげていくかが、日本国内におけるプロモーションのポイントとなりそうだ。text by 栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

Plastic Tree、結成25周年を記念して東京ニューシティ管弦楽団と共演

ジャパニーズロック2019年7月23日

Plastic Treeが7月20日、東京芸術劇場にてバンド史上初の管弦楽団と共演! 『結成25周年“樹念” Plastic Tree Symphonic Concert at 東京芸術劇場』と題されたコンサートは全編、東京ニュ … 続きを読む

UNISON SQUARE GARDEN、トリビュート盤の初回盤トレーラー&過去作MVフルサイズ公開

J-POP2019年7月23日

 UNISON SQUARE GARDENが、2019年7月24日にリリースするトリビュートアルバム『Thank you, ROCK BANDS! ~UNISON SQUARE GARDEN 15th Anniversary Tribute … 続きを読む

AIRFLIP、ニューアルバム『NEO-N』の詳細解禁

ジャパニーズロック2019年7月22日

AIRFLIPが、10月9日(水)に発売されるメジャーファーストフルアルバム『NEO-N』の、アルバムジャケットと楽曲タイトルを公開した。 同アルバムには先行配信曲「Meaning」はもちろん、今回再レコーディングされる、2017年に公開さ … 続きを読む

FM802主催ライブ【HIGH!HIGH!HIGH!】に菅原卓郎/Jose&Shun/はっとりの参加決定&タイムテーブル発表

J-POP2019年7月22日

 FM802が主催する【FM802 30PARTY ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-SPECIAL LIVE HIGH!HIGH!HIGH!】の弾き語りステージ追加出演者と当日のタイムテーブルが発表された。 … 続きを読む

そらる、“この歌を必要としているような人間”が主人公「ワンダー」MV公開

J-POP2019年7月22日

 そらるが、2019年7月17日に発売した3rdアルバム『ワンダー』より、表題曲「ワンダー」のミュージックビデオを公開した。  楽曲「ワンダー」は、「奇跡」といったファンタジー的な意味合いの“wonder”と、「さまよう」という意味の“wa … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top