【Chart insight of insight】テレビのパワーで洋楽ヒット! オースティン・マホーンとジャスティン・ビーバー

2017年3月4日 / 12:00

 毎週毎週しのぎを削るHot100を眺めていると、上位10位や20位以内に入るのは至難の業だなとつくづく実感する。手厚くプロオーションされる邦楽でもそうだから、洋楽だとなおさら困難な道のりといえるだろう。しかし、先週、今週と2週連続でベスト10入りしたオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」の動きを見ると、何が起こるかわからないものだとも思わされる(【表1】)。

 先週同様に今週も8位となったこの曲は、ご存知、ブルゾンちえみがネタのBGMで使用したことで人気急上昇中のナンバーだ。もともとは、2015年の7月にダウンロード・リリースされた楽曲だが、オースティン本人の思惑とはまったく違うところで人気を得た。とくに動画の閲覧数の急進ぶりは強力で、2週連続2位という結果(赤のグラフ)。セールスは先週より少し落ちたとはいえ(紫のグラフ)、逆にラジオのオンエア回数がアップ(緑のグラフ)。ブルゾンちえみの露出次第ではあるが、まだまだ勢いは収まりそうにない。あとは、ここで得た知名度をどう次作につなげて行くかが、オースティンの課題だろう。

 もう一曲勢いある洋楽チューンが、ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」だ(【表2】)。この曲も2015年発表のアルバム『パーパス』からカットされていたシングルで、すでにその当時から上位にチャートインしていた。しかし、ソフトバンクのCMでピコ太郎と共演したことで再注目。ここ数週間でじわじわとチャートを上昇中だ。しかし、過去2年間の推移を見ていると、実はずっとチャートに残り続けている根強いヒット曲だということがわかる。今回のアクションはCM効果とはいえ、ジャスティンの人気を少し後押ししただけという印象だ。とはいえ、さらに違う層に広まることは間違いなく、これもまた次作にどうつなげていくかが、日本国内におけるプロモーションのポイントとなりそうだ。text by 栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

足立佳奈の書き下ろし楽曲「恋する気持ち」を起用した新WEB動画が公開 ゆりやん、ミキらが恋と青春のスクールライフを熱演

J-POP2019年5月22日

 シンガーソングライターの足立佳奈による書き下ろし楽曲「恋する気持ち」が、ロート製薬株式会社のスキンケアブランド「肌ラボ」のWEB動画『恋する肌キュン~春篇〔出会い〕~』に起用された。  足立佳奈は2014年に、LINE×SONY MUSI … 続きを読む

星野源主演映画『引っ越し大名!』気合の表情おさめた本ビジュアル公開 投票企画も開催決定

J-POP2019年5月22日

 8月30日に公開される映画『引っ越し大名!』のメインビジュアルが解禁となった。  「引っ越しは戦でござる!」のキャッチコピーの通り、まるで戦に臨むかのような気合に満ちた表情を浮かべる星野源、高橋一生、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊ら … 続きを読む

『5月22日はなんの日?』モリッシー60歳の誕生日、新作ALリリース迫る

J-POP2019年5月22日

 5月22日は元ザ・スミスのモリッシーの60歳の誕生日。  モリッシーことスティーヴン・パトリック・モリッシーは1959年5月22日、イギリス・マンチェスター生まれ。ザ・スミスのボーカリストとして80年代を席巻し、バンド解散以降はソロ・アー … 続きを読む

スカパラ 西島秀俊×西田敏行『任侠学園』主題歌に決定、ロケ訪問で新曲インスピレーション

J-POP2019年5月22日

 今野敏の人気小説『任侠』シリーズを、西島秀俊と西田敏行のW主演で映画化した『任侠学園』が2019年9月27日に公開することが決定した。  本作は社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が、義理と人情を武器に、倒産寸 … 続きを読む

椎名林檎、ニューアルバムの音像を可視化した「鶏と蛇と豚」MV公開

J-POP2019年5月22日

 椎名林檎が、5年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『三毒史』から「鶏と蛇と豚」のMVを椎名林檎オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した(https://youtu.be/u77yCRwSCXg)。  「鶏と蛇と豚」は、新作アルバム『 … 続きを読む

page top