清春のグラマラスなロックの美学が炸裂! 『TOUR天使の詩 ‘17「夜、カルメンの詩集」CARMEN’S CHARADE IN DESPAIR』ファイナル

2017年2月27日 / 18:45

2月26日(日)@新宿ReNY (okmusic UP's)

昨日2月26日(日)、清春の『TOUR天使の詩 ‘17「夜、カルメンの詩集」CARMEN’S CHARADE IN DESPAIR』が東京・新宿ReNYにて幕を閉じた。1月26日に恵比寿LIQUIDROOMから始まった全国ツアーの最終夜にあたるこの公演は、終始華やかな空気に満ち、清春と彼を愛する者たちが至高の音楽を共有する空間となった。

午後6時20分頃、ソールドアウトの場内が暗転すると、ダンサブルなSEが鳴り響く。1曲目の「赤の永遠」で闘牛士のように華麗に舞う清春。続く「夜を、想う」で赤の世界を深めると、開演前からすでに上機嫌だった観客の表情がさらに咲き誇った。

前夜に同会場で行なわれた公演でも清春の好調ぶりは明らかだったが、ツアーファイナルにして、そのコンディションは最高の域に達している。彼の歌と五人のサポートメンバー達の技術力。プロフェッショナルの技とはこういうことなのだと感慨深くなる。

このツアーでは、叙情的かつ情熱的な新曲群が次々と披露されたのも見どころ。イントロが鳴った瞬間に踊り出したくなるような曲や、身体の隅々にまで染み込んでいくミディアムバラードなど、“夜、カルメンの詩集”というテーマに引き寄せられた新楽曲の数々が、本編中盤で情感たっぷりに奏でられる。それらの鮮やかな色彩を噛みしめるように味わい、清春の声に全神経を傾けるオーディエンスの姿には、いつ見ても心打たれる。

この新宿2公演で急遽披露されることとなった大橋英之(G)によるギターソロのコーナーは、スパニッシュ風のフレーズを豊かな感性で魅せるひと時。これが本編の良いアクセントとなっており、続く「シャレード」の心地よい浮遊感を際立たせていた。エモーショナルな「Masquerade」から鋭利なヘヴィネスを誇る「COME HOME」に至る本編終盤では、フロアから伸びる手が狂おしいほどに美しい。特に、「Wednesday」の最中に即興的にフルサイズで挿入された「20 th Century Boy」は、清春のグラマラスなロックの美学が炸裂する瞬間だった。

「貴方になって」でしっとりと導かれたアンコールで、観客はいよいよ夢心地に。

「HAPPY」でとことん幸せ気分に浸っても、まだまだその熱気が冷めることはない。

当然のように始まった2度目のアンコールの冒頭で、即興的に「アロン」を弾き語りした清春に、オーディエンスの視線は釘付けになる。こうしたロックスターの細やかな心遣いがファンにはたまらなく嬉しいものだ。この夜最後の曲「あの詩を歌って」では、フロアから“ラララ”の歌声が自然発生し、その幸福な光景を先導する清春が満ち足りた表情を浮かべていたのが印象的である。

この夜用意された全楽曲が着地点を迎える頃、時計の針は午後9時50分を指していた。約3時間半に及んだ演奏時間が瞬く間に感じるほどの濃密なライヴだった。前夜の公演で清春が叫んだ“笑って帰って、泣いて会いに来てください”という彼の名言でもある言葉が、現在の彼の音楽を端的に物語っている。彼の歌を聴けば、誰もが強く優しく生きられるのだ。

清春の2017年の活動は、まだまだ始まったばかり。3月から12月にかけては、『MONTHLY PLUGLESS 2017 KIYOHARU LIVIN’ IN Mt.RAINIER HALL「エレジー」』と銘打たれたプラグレス形式の公演が予定されている。33日間のべ66回にわたる、現在の清春のライフワークとでも呼ぶべき形態は必見だ。音楽の在り方を根本から考えさせてくれる贅沢な時空に、できる限り多く足を運んでほしい。また、4月にはsadsとしてのイベント出演も決定しており、こちらからも目が離せない。

どんな状況にあっても、この至福の音楽だけは誰にも奪うことができない。清春はこの先も麗しい歌声と佇まいで我々を魅了してくれるはずだ。

TEXT:志村つくね

PHOTO:柏田芳敬


関連ニュースRELATED NEWS

音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top