ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成ツアーの2016年総収益が約216億円に

2017年2月6日 / 15:40

 ガンズ・アンド・ローゼズの【Not in This Lifetime】再結成ツアーの2016年の総収益が1億9,200万ドル(約216億円)になったことが、米ビルボード・ツアー・チャート“Boxscore”の集計で明らかになった。

 1993年以来初めてアクセル・ローズとスラッシュとダフ・マッケイガンが集結し、2016年4月に開幕したこの再結成ツアーは、2017年も続いている。BABYMETALがオープニング・アクトを務めたことも話題になった1月21日の大阪公演を皮切りにアジア・オセアニア14都市を回り、5月末からはヨーロッパ18都市、そして7月から9月8日の最終日まで北米で16公演を予定している。

 現時点で最も収入が多かった会場は2016年7月23日と24日に公演が行われたニューヨークのメットライフ・スタジアムで1,160万ドル(約13億円)、次が11月4日と5日のアルゼンチン、ブエノス・アイレスのエスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ・スタジアムで1,100万ドル(約12億円)だった。11月11日と12日に行われたブラジル、サンパウロのアリアンツ・パルケ・スタジアム公演も1,000万ドル(約11億円)を超えた。

 ガンズの2016年世界ツアー総収益を押し上げる結果となった南米ツアーのプロモーターは、最新の“Hot Tours”ランキングでガンズに次いで2位に入っているエアロスミスの南米ツアーもプロデュースしている。エアロスミスの【ロックン・ロール・ランブル・ツアー】は、2016年9月29日にコロンビアのボゴタを皮切りに南米8都市を回った。収入が最も多かったのは10月8日のブエノス・アイレス公演で290万ドル(約3.2億円)を記録し、南米ツアー全体の興行収入は1,700万ドル(約19億円)だった。

 エアロスミスは“フェアウェル・ツアー”と銘打った【Aero-Vederici Baby!】ツアーを2017年5月17日にイスラエルのテルアビブから開始する予定。ツアー・タイトルの“Aero-Vederici”は、“また会いましょう”、“さよなら”を意味するイタリア語の“Arrivederci”とエアロスミスをかけた造語だ。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ナズ&トラヴィス・スコット、ヒップホップの未来を語る「ラップ音楽は止められない」

洋楽2019年3月19日

 トラヴィス・スコットとナズが、2019年3月18日に公開された米誌プレイボーイの“The Speech Issue”と題された最新号で対談している。ヒップホップの新世代を代表するトラヴィスが、尊敬する先輩として対談相手にナズを指名し、ラッ … 続きを読む

フィオナ・アップル、自宅スタジオで新しい音楽をレコーディング中

洋楽2019年3月19日

 2012年の『アイドラー・ホイール』以来、新作を発表していないフィオナ・アップルが、自宅スタジオでレコーディングしている様子を捉えた2本の映像が公開された。  インスタグラムのファン・アカウントに投稿された1本目の映像では、自宅スタジオに … 続きを読む

BTS (防弾少年団)、4月発売のニューALの予約販売枚数が260万枚を突破

洋楽2019年3月19日

 2019年4月12日にリリースされるBTS (防弾少年団)のニュー・アルバム『Map of the Soul: Persona』の予約販売枚数が260万枚を突破したことが明らかになった。  グループの所属事務所Big Hit Entert … 続きを読む

G-FREAK FACTORY、ニューシングル「FLARE / Fire」は『山人音楽祭2018』を収録した総再生時間70分のDVD付き

ジャパニーズロック2019年3月19日

G-FREAK FACTORYなりの究極のラブソングを収録したダブルA面シングル「FLARE / Fire」が5月15日に発売となる。 今作はM-1「FLARE」とM-2「Fire」のダブルA面で、初回限定盤(CD+DVD)と通常盤(CD) … 続きを読む

ビルボードライブの新店舗が2020年春に横浜でオープン 歴史建造物をリノベーション

J-POP2019年3月19日

 東京、大阪に続き3店舗目として、ビルボードライブ横浜が2020年春に開業することが決定した。  ビルボードライブは2007年に東京、大阪を開業。今までスティーリー・ダンやローリン・ヒル、バート・バカラック、ハービー・ハンコック、ジョージ・ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top