田村直美、30周年記念ライブでPEARL〜ソロまで数々の名曲を熱唱

2017年1月25日 / 12:00

1月22日@東京・下北沢GARDEN (okmusic UP's)

PEARLのボーカリストとして1987年にメジャーデビューを果たして以降、「永遠の一秒」や「ゆずれない願い」などのヒットソングを生み出しつつ、今なお突き進み続けるシンガーソングライター・田村直美が30周年のアニバーサリーライヴを1月22日に東京・下北沢GARDENで開催した。

場内ではVJ KITUNEによる映像と共に、DJ HACKが田村直美の楽曲のみをセレクトしてプレイし、開演までの間も観客を全く退屈させない。次々と流れる名曲の数々にフロアのテンションがどんどん高まってきたところで、スクリーンの映像が消えてドラムの音が鳴り響く。オープニングは何と小柳“Cherry”昌法(Dr.)のドラムと、DJ HACKのスクラッチとのセッションという驚きの展開に、オーディエンスが大いに湧いた。

バンドメンバーに続いて、主役の田村直美が登場すると大きな拍手と歓声が会場を包み込む。1曲目は、昨年9月にリリースしたニューアルバム『Śāntiḥ Śāntiḥ Śāntiḥ』でも幕開けを飾る「The future stars today」だ。ヒョウ柄のジャケットを身にまとった彼女がギターをかき鳴らしながら、冒頭から伸びやかな歌声を響かせていく。

「30周年、祝いに来てくれたんだろう? 最後まで楽しんでいこうね!」と客席に呼びかけてから、「One Step」へ突入。バンド隊が盤石の態勢で作り上げていく強靭なロックサウンドの中を、ハイトーンの力強い歌声が躍動する。続く「Gold Rush」では間奏で「もっと来い!」と煽る声に合わせて、たくさんの拳が突き上げられた。

最初のMCタイムで愛用のギターを手に「このギターを買って1週間以内に作った曲」という紹介から、演奏されたのは「Love Songを」。PEARLの記念すべき1stアルバムのオープニングナンバーだが、今演奏されているのを聴いてもフレッシュに感じられるのは常に進化しているからこそだろう。「Against」などの新作からの楽曲と並べて演奏されても、何ら違和感はない。

「みんなで楽しく踊れる曲」ということで振り付けの練習をしてから始まった「Bhaja Mana」では、息の合った動きを見せたオーディエンス。サビの冒頭部分を観客が合唱した「BLOOD, SWEAT & GUTS」や、みんなでメロディに合わせて左右に手を振って一体感を生み出した「星降る夜に」など、新旧織り交ぜた楽曲たちがいずれもファンから愛されていることをひしひしと感じる。

DIE(Key.)のドラマティックなピアノに合わせて情感豊かに歌い上げた「Home」を除いて、ほぼ全てロック色の強い楽曲で固められた本編はまさに“あっという間”という感覚だ。DIEとCherryにMOTO(G.)、Ju-ken(Ba.)の4人から成るバンド隊と田村直美が織りなすエネルギッシュな演奏は、最初から最後まで観客の目をステージに惹きつけ続けた。

アンコール前には新生PEARLのメンバーであるカーマイン・アピス(Dr.)、トニー・フランクリン(Ba.)、北島健二(G.)の3人からお祝いのビデオメッセージが突如流されたのもアニバーサリーライブならでは。ファンからもリクエストを募って選りすぐられた全20曲(※アンコール含む)のセットリストは、この記念すべきライブにふさわしいものだったと言えるだろう。

最後は「東京に行くと決めた日に作った曲」だという、「Cry My Boy」で締め括られたこの日のライヴ。「私の思い出だけじゃなくて、みんなの思い出と一緒に曲が成長している」と田村直美自身が語ったように、どの時代に作った曲も色褪せることのない輝きを放っていた。

勢いを失うことなく攻め続けたセットリストが物語るとおり、30周年の節目を超えてもなお田村直美は止まることなく、愛する仲間とファンと共にこれからもひたすらに突き進んでいく。果てなき道を行く彼女の旅は、まだ始まったばかりなのだから。

TEXT BY IMAI

【セットリスト】
01.The future stars today

< 挨拶 MC >

02.One Step

03.Gold Rush

< MC >

04.Love songを

05.Against

06.Bhaja mana

< MC >

07.NO ONE SEES NO ONE HEARS NO ONE SPEAKS

08.泣きくずれる君をだきしめて

< MC >

09.BLOOD, SWEAT & GUTS

10.ゆずれない願い

11.Home

< MC >

12.星降る夜に

13.Drive drive me crazy

14.Everybody run on the bumpy road

< MC >

15.Fireworks

16.有名人~Take care boys, watch out girls~

17.Everybody tears~すべての矛盾を愛せ~

< メッセージタイム >

En1.Hey Kids Move

En2.ALL RIGHT

En3.Cry My Boy

バンドメンバー:田村直美 / DIE / MOTO / Ju-ken / 小柳“Cherry”昌法

OPENING DJ TIME (田村直美 Only Mix!!) :MIX BY DJ HACK & VJ KITUNE


音楽ニュースMUSIC NEWS

フルカワユタカ、次回『オンガクミンゾク』トークゲストにハマ・オカモト(OKAMOTO’S)出演決定

J-POP2020年10月19日

 フルカワユタカがおくる音楽バラエティ番組『オンガクミンゾク』にトークゲストとしてハマ・オカモト(OKAMOTO’S)の出演が決定した。  若手随一のベーシストでありながら、ラジオDJとしてはもちろん、音楽番組での司会進行など、トークに定評 … 続きを読む

FAKY、配信シングル「little more」を11/4にリリース決定

J-POP2020年10月19日

 FAKYが11月4日に新曲「little more」を配信することを明らかにした。  今作は、「ティーンの人気のバロメーター」とされるLINE MUSICでウィークリーチャートTOP5にランクインしたエモチル系ラブソング「ダーリン (Pr … 続きを読む

BACK-ON、15周年イヤー第1弾発表で無観客ライブを発表

J-POP2020年10月19日

 BACK-ONが、15周年イヤー第一弾として、12月13日の無観客生配信ライブの開催を発表した。  10月19日にメジャーデビュー15周年を迎えたBACK-ON。当日には重大発表があることもアナウンスされている。尚、詳細は後日発表される。

<ライブレポート>田島貴男のソロ・ライヴツアー【ひとりソウルツアー2020】がスタート

J-POP2020年10月19日

 毎年秋に行われている田島貴男(ORIGINAL LOVE)のソロ・ライヴツアー【ひとりソウルツアー2020】。本年は新型コロナウィルスの影響により観客数をぐっと絞り、1日2回公演を行うなどの対策のもと観客は全着席という形で行われた。  浜 … 続きを読む

石原夏織、5thシングル「Against.」MV Lip ver.とAUTUMN EVENT【ONE DROP】幕間映像の一部を公開

J-POP2020年10月19日

 石原夏織の5thシングル「Against.」が、11月4日のリリースにあたり、「Against.」ミュージックビデオLip ver.と、AUTUMN EVENT【ONE DROP】幕間映像『浮かんで体験!エアリアルヨガ』の一部をYouTu … 続きを読む

page top