【ビルボード】グレツキ「交響曲第3番 悲哀のシンフォニー」チャート6位に急上昇

2017年1月18日 / 19:28

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、先週に引き続き1位に『0歳からの育脳クラシック』、2位に村治佳織の『ラプソディー・ジャパン』がチャートイン。『0歳からの~』は2006年のリリース以来これで合計241回目のチャートイン、『ラプソディー・ジャパン』はリリースから3ヶ月足らずの短期間で12回目のチャートインとなり、人気タイトルが上位を席巻したかたちとなった。

 先週4枚のアルバムが一挙チャートインしたピアニスト辻井伸行は、今週も4枚のアルバムが同時チャートインとなり、『THE BEST』と『ショパン:エチュード&バラード』は同ポイントで3位へ上昇するなど、勢いの衰えを見せない結果となった。年末年始のテレビ放映でドキュメンタリーが合計3本放送された影響であると思われる。

 今週も新盤は無い一方、1993年録音のタイトルが突如上位にチャートインしている。6位に顔を見せたのはデイヴィッド・ジンマン指揮によるグレツキ「交響曲第3番 悲哀のシンフォニー」だ。グレツキ幻の遺作とされる「交響曲第4番 タンスマンのエピソード」の発売に合わせ3番のアナログLP盤も限定リリースされ、話題となっている。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『0歳からの育脳クラシック』
2位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
3位『THE BEST』辻井伸行
3位『ショパン:エチュード&バラード』辻井伸行
5位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
6位『グレツキ:悲歌のシンフォニー(交響曲第3番作品36)』デイヴィッド・ジンマン
7位『100曲クラシックベストが10枚3000円』
8位『ピアノ・ピュア~クラシック・ファンタジー』加羽沢美濃
9位『アヴェ・マリア名曲集~10人の作曲家による』
10位『月の光』冨田勲


音楽ニュースMUSIC NEWS

SKY-HI、ホールツアー【八面六臂】をグレードアップした【超・八面六臂】開幕

J-POP2022年7月3日

 SKY-HIが、ホールツアー【SKY-HI HALL TOUR 2022 -超・八面六臂-】の初日公演を、2022年7月2日ロームシアター京都 メインホールにて開催した。  今回のツアーは、最新アルバム『八面六臂』を引っ提げて今年2月に開 … 続きを読む

【深ヨミ】首都圏での人気が拡大中 HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』が首位奪還

J-POP2022年7月3日

 2022年7月4日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、HKT48『ビーサンはなぜなくなるのか?』が168,547枚を売り上げ、首位を獲得した(集計期間2022年6月20日~2022年6月26日) … 続きを読む

上坂すみれ、5thアルバムのリリースが決定!新アー写も公開!

ニュース2022年7月2日

声優アーティストの上坂すみれ が、ファン待望の5枚目のアルバム『ANTHLOGY & DESTINY』を10月26日(水) にリリ0すすることを発表した。 『NEO PROPAGANDA』以来約2年9ヶ月ぶりとなる本作は、収録楽曲全 … 続きを読む

キタニタツヤ、10月の東名阪Zeppツアー開催&全国ツアー【BIPOLAR】東京公演の配信を発表

J-POP2022年7月2日

 キタニタツヤが、2022年10月に東名阪Zeppツアー【UNKNOT / REKNOT】を開催する。  7月2日にZepp Hanedaにて全国ツアー【BIPOLAR】東京公演を開催、ソールドアウトさせたキタニタツヤが、東名阪Zeppツア … 続きを読む

作曲家マイケル・ジアッチーノが『バズ・ライトイヤー』から感じ取ったメッセージ「恐れを受け入れて、前進することが大事」

洋楽2022年7月2日

 『トイ・ストーリー』の人気キャラクター、バズ・ライトイヤーの原点を描く最新作『バズ・ライトイヤー』が全国公開中だ。  本作の主人公である“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーは、『トイ・ストーリー』シリーズのアンディ少年が人生を変える … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top