BLUE ENCOUNT、ショーケースイベントでコントラストのついた2ステージを展開

2017年1月15日 / 18:00

1月14日@豊洲PIT(2部) (okmusic UP's)

BLUE ENCOUNTが1月14日に豊洲PITにて、KDDIとぴあが手掛けるエンタメサイト「uP!!!」がお送りするショーケースイベント「uP!!!NEXT BLUE ENCOUNT ~HERO NEVER END」を開催した。

2部構成となる今回、「静寂の椅子エン」と題した第一部はバンドにとっても、会場である豊洲PITにとっても、初のアコースティック・セットかつ、センターステージというレアな構成だ。暗転と同時にスポットライトがフロアを照らし、メンバーはプロレス入場というサプライズ。田邊駿一(Vo,Gt)が「今日はゆっくり楽しんで」と、初の試みに戸惑いがちなファンの緊張をほぐすように語りかけ、オープナーは「SMILE」。江口雄也(Gt)はもちろん、ベースの辻村勇太もアコギを持ち、そして高村佳秀(Dr)はカホンという編成で、メロディはもちろん4人が曲をどう捉え、演奏しているのかが手に取るように分かる。「ラジオみたいな気分でいい意味ユルく行きましょう」と、いつも以上にMC多めで進行していく。このスタイルがハマる「だいじょうぶ」に続き、レア選曲の「LIFE」では江口の哀愁味溢れるフレージングや、辻村がウッドベースを持っただけでフロアがどよめいた「YOU」など、ミュージシャン・BLUE ENCOUNTの軸の太さや成熟も垣間見せ、アコースティックセットならではの見所が随所に溢れる。逆にアコースティック・アレンジが想像しにくい「LAST HERO」は、怒りや熱さとは違うベクトルでこの曲を鳴らす姿を見た。加えて、ラスト2曲では楽器をエレクトリックに持ち替え、高村もドラムセットに付いて届けた「EVE」。アルバム『≒』収録曲としてファンには人気の高い、しかしライブでの披露は相当レアなナンバーだ。エレクトリックだが、圧が少ないアンサンブルで、細部に心を通わせる演奏を浮き彫りにする。それはラストの「はじまり」でさらに会場の隅々まで行き届くように、温もりを伝えていった。「改めて自分たちの曲を尊いなと思えました。いい新年のスタートを切れたと思います」と感謝を述べ、アンコールではニューアルバム『THE END』のアルバム曲として、最速となる「涙」を演奏。エモーショナルで泣けるバンド、BLUE ENCOUNTとは一味違うこのアプローチは、2017年の第一歩としてチャレンジングかつ良い選択だった。

一転、「激動の立ちエン」と題した第二部は、バンドにとっては馴染みのシチュエーション。が、ステージ前の紗幕に映像が映し出されたと同時にバンドはすでにそこにいるという、これまたサプライズなオープニング。しかも新作『THE END』の中でも最もエモラウド寄りのナンバー「HEART」だ。ライブ初披露とは思えない引き締まったプレイで、そのまま展開の多い「MEMENTO」を立体的に展開していく。田辺が第一部の緊張から解放された旨を話しながら、「お前ら容赦ねえな!」と、沸きまくるフロアに笑顔で応える。そのまま、ブルエンのソリッドでアッパーなマイナーチューン、「GO CRAZY」、オーディエンスが声を出すことで、さらにグッとギアアップし、ステージ上もフロアもアドレナリンが湧き出した「声」。放射状のレーザーが豊洲PITを射抜いていくと同時にリアクションもさらに熱いものに膨張し、実際、室温がものの20分で5℃は上昇したんじゃないか?と思える「アンバランス」「ロストジンクス」と、これまでブルエンのライブを長く見てきたファンですら、ここまでのキラーチューンの連投には驚きとともに狂喜している。これぞ二部構成にした意味ということだろう。しかも4人の演奏、一音一音の説得力が高い。曲そのものが持っている強度で自然に高まっていくテンション。こんなに理想的なライブはなかなかないんじゃないだろうか。「目の前には信じられない光景が広がってます!やっぱライブハウスだよな!」と満面の笑みの田邊。一部での緊張感と比べ、ライブハウスを実家にたとえ、自由自在に動き表現できる楽しさを全身に溢れさせた。

後半は前半とは打って変って、2ビートや高速スカなど、明るく盛り上がれる「GO」「LIVER」と続け、「LIVER」では恒例のタオル回しで、「今年はもうどのバンドのタオル回すなとか言わない!」と、寛容(!?)なところも見せる。そしていつも通り、ステージ上もフロアもともに逞しく育ち続ける「BLUE ENCOUNTという価値観」をも感じさせてくれたのだ。ファストチューンはその後も「THANKS」まで続き、アレンジがアップデートされ続けている「DAY×DAY」、第一部のアコースティックアレンジとの対比が印象的な「LAST HERO」は大文字のロックを体現する8ビートの力強さがあった。新年一発目、しかも二部構成という切り替えの難しいライブをやり切りつつあるバンドは、すでに去年とも違う新しいバンド像を体現。田邊のMCも新たな価値を告げるもので、「今年は自信持って、ライブハウスに行ってきます!って言え。お前らが泣いたり笑える場所は俺らが用意してるから。こんなにクソ熱い4人がいるから自信持っていけ!」という言葉とともに放たれた「もっと光を」の迸るような優しさは、あまりにもリアルだった。アンコールの「NEVER ENDING STORY」まで13曲を凄まじい濃度で駆け抜けた。自ら提案した二部構成ライブ、バンドもファンも大きな収穫になったに違いない。

【セットリスト】

■1部『静寂の椅子エン』

1.SMILE

2.だいじょうぶ

3.LIFE

4.YOU

5.LASTHERO

6.EVE

7.はじまり

EN.涙

■2部『激動の立ちエン』

01.HEART

02.MEMENTO

03.GO CRAZY

04.声

05.アンバランス

06.ロストジンクス

07.GO

08.LIVER

09.THANKS

10.DAY×DAY

11.LAST HERO

12.もっと光を

EN.NEVER ENDING STORY

2017年ワンマンツアー「TOUR2017 break“THE END”」
3月12日(日) 香川:高松Festhalle

3月20日(月) 千葉:幕張メッセ国際展示場

4月02日(日) 北海道:Zepp Sapporo

4月08日(土) 宮城:仙台PIT

4月09日(日) 新潟:LOTS

4月15日(土) 大阪:Zepp Osaka Bayside

4月16日(日) 広島:BLUE LIVE

4月26日(水) 名古屋:Zepp Nagoya

4月27日(木) 名古屋:Zepp Nagoya

5月07日(日) 福岡:福岡国際センター

■先行チケット予約受付け中!

受付期間:1月16日23時59分まで

受付URL: http://eplus.jp/blue-encount/

<チケット料金>

スタンディング:¥4,300(税込・ドリンク代別)

2F指定席:¥4,800(税込・ドリンク代別)

●幕張メッセ公演 スタンディング・ブロック指定:¥4,800(税込)

●福岡公演 アリーナ立見・スタンド指定:¥4,800(税込)


音楽ニュースMUSIC NEWS

田中圭が主演『mellow』一般試写会に15組30名様ご招待

J-POP2019年12月15日

 2019年4月公開の映画『愛がなんだ』を大ヒットに導いた恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と今最も勢いのある田中圭が初タッグを組んだ映画『mellow』が、2020年1月17日に全国公開する。  本作は街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン … 続きを読む

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』試写会に10組20名様ご招待

洋楽2019年12月15日

 『アメリカン・スナイパー』(14)、『ハドソン川の奇跡』(16)、『15時17分、パリ行き』(18)、『運び屋』(18)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月1 … 続きを読む

fhána、ニューシングルは劇場版『SHIROBAKO』主題歌

ジャパニーズロック2019年12月14日

fhánaが12月14日(土)に開催した『fhána“where you are Tour 2019″』の東京公演にて、ニューシングル「星をあつめて」を2020年2月26日(水)にリリースすること、さらに同シングルの表題曲が20 … 続きを読む

ORESAMA、爆発的なキラメキ&トキメキでリミッター解除! 来春アニメ主題歌&4月16日ワンマンライブ開催発表も

J-POP2019年12月14日

 80s’Discoをエレクトロやファンクミュージックでリメイクした音楽で話題沸騰中。ボーカルのぽん&サウンドクリエイターの小島英也からなる2人組ユニット・ORESAMAが、12月6日 Shibuya WWW Xにてワンマンライ … 続きを読む

ポルカドットスティングレイ、ミニAL『新世紀』ジャケット&全曲トレーラー公開

J-POP2019年12月14日

 ポルカドットスティングレイが2020年1月8日にリリースするミニアルバムのタイトルが『新世紀』に決定、併せてジャケットとトレーラ映像が公開となった(https://youtu.be/QApsTuQEDTA)。  トレーラーは楽曲ごとにその … 続きを読む

page top