2016年から2017年へ! この冬を素敵に彩ってくれる5曲

2016年12月12日 / 18:00

「Happy Xmas(War Is Over)」収録シングル「Vintage & New, Gift Shits」(Hi-STANDARD) (okmusic UP's)

師走らしく日々をあれよあれよと過ごすうちに、今年もあと2週間!! 年末にTBS系列で放送予定の『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016』くらいはのんびりダラッと楽しめるといいなぁ、なんて思ったりしております。さて、気を取り直して、2016年から2017年にかけての冬を素敵に彩ってくれそうな5曲! 今年リリースの作品で選んでみました。聴いたら、寒さもほっこり和らぐかも。

1.「snow traveler」(’16)/Qaijff
個人的に2017年の大躍進を期待している名古屋発ピアノポップバンド、Qaijff(クアイフ)。この曲は12月にリリースされたばかりの1st EP「snow traveler」のタイトルチューンで、バンドにとっての新境地を感じさせます。“失恋”がテーマにあるものの、切なくもどこかやさしい気持ちになれるので、つい何度も聴いてしまうという。そんなポップスの名曲みたいなムードが素敵です。グロッケンシュピールやチューブラーベルの音色もいい! 冬の街を歩きながら、浸ってみてください。

2.「Happy Xmas(War Is Over)」(’16)/Hi-STANDARD
続いては、『AIR JAM 2016』を控えるHi-STANDARDのカバーシングル「Vintage & New, Gift Shits」から、言わずと知れたジョン・レノンの名曲を。ザ・シュープリームス「You Can’t Hurry Love」の女装MVが話題沸騰中のハイスタですが、90年代にアナログで限定リリースされた「Happy Xmas(War Is Over)」もリマスター復活しています! 混沌とした世の中だけに、年末年始はハイスタのユーモア、ジョン&ヨーコの魂を感じながら、《全ての争いをやめようじゃないか》と歌うこの曲で想いを巡らせてみては?

3.「PERFECT SOUNDS FOREVER」(’16)/Homecomings
メリークリスマスにハッピーニューイヤーと、世界が華やぐ年末年始。楽しい時間の中には、切なさを感じる場面もあるはずです。そこでマッチするのが、Homecomingsの「PERFECT SOUNDS FOREVER」。《こんな瞬間が永遠に続くように思えた》と歌うこの曲の“イメージを喚起できる表現”、そしてピュアな歌声とメロディーは本当に素晴らしいので、刹那の季節にぜひ聴いてほしい! 12月23日(金)〜25日(日)に東京・京都・名古屋で開催される、ホムカミの自主企画クリスマスイベントも要チェック。

4.「Winter Wonderland」(’16)/She & Him
女優のズーイー・デシャネル(映画『(500)日のサマー』などに出演)とシンガーソングライターのM.ウォードによるデュオ、シー&ヒムが名曲をカバー。これまた説明不要のナンバーで、アメリカのポップスというか、クリスマスソングとして知られ、カーペンターズやシンディ・ローパー含め、多くのアーティストが歌ってきました。こんなやさしい曲を聴きながら、雪道を歩けたら最高ですね。ズーイーの笑い声に胸キュン! あと、犬が好きならMVもたまりません。2作目のクリスマスアルバム『Christmas Party』に収録。

5.「Last winter song」(’16)/戸次重幸
2015年にTEAM NACSメンバーとして最後の結婚を決め、2016年にはパパになった“シゲ”こと戸次重幸。そんなまさに絶好調の彼が作詞・作曲を手がけ、今年のオフィスキューのファンミーティングで披露した新曲です。NACSって、やっぱりお芝居だけじゃなくて歌も上手い。ピアノ〜ストリングスアレンジも鮮やかな極上のウィンターソングに、“さすが、北のSMAP!”と思わされました。ちなみに、テーマは“LOVE”(本人談)。ちゃんとiTunesなどで配信しているので、未聴の方は早速ポチりましょう。


関連ニュースRELATED NEWS

音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加

J-POP2020年1月27日

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする1stアルバム『1』の全収録楽曲情報を公開した。  既に収録がアナウンスされており、来週1月29日に先行配信がスタートされ … 続きを読む

【第62回グラミー賞】ジョナス・ブラザーズ、新曲2曲を披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、アルバム『ハピネス・ビギンズ』が全米1位を獲得したジョナス・ブラザーズがパフォーマンスを行った。  ブラスバンドを引き連れた3名は、新曲「What A Man Gotta Do」と … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リゾ「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、リゾの「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した。プレゼンターは、キース・アーバンとシンシ … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

洋楽2020年1月27日

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。 … 続きを読む

page top