[Alexandros]、JR SKISKIのCMソングを担当

2016年12月1日 / 17:45

[Alexandros]×「JR東日本 2016-2017 JR SKISKI」 (okmusic UP's)

[Alexandros]が『JR東日本 2016-2017 JR SKISKI CMソング』を担当することが決定した。CMの為に書き下ろされた楽曲のタイトルは「SNOW SOUND」。[Alexandros]史上初となる『冬ソング』に仕上がっている。

この楽曲は1月4日からデジタル先行配信される予定で、デジタル配信ジャケットには期間限定で今シーズンCMヒロインである桜井日奈子さんのCMクリエイティブとコラボレーションしたデザインを起用。また来年2月1日には、CDシングルとして発売が決定しており、先日川上洋平(Vo.&Gt.)が友情出演していることで話題になった映画「きょうのキラ君」(2017年2月25日公開)の主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」との両A面シングルとなる。

なお、『JR東日本 2016-2017 JR SKISKI』のCMは、12月1日(木)の夜からスタートする。

【川上洋平(Vo.&Gt.)コメント】

「我々が学生時代から流れていたCMに携われることができて光栄です。雪国出身のバンドではありませんが、だからこそ雪に憧れる気持ちはわかります。そういった気持ちを込めました。サウンドは新しいものをこしらえましたが、メロディーはどこか懐かしく切ないものが出来上がりました。[Alexandros]初の冬ソング、是非聴いてください。まぁ多分夏も歌いますが。」

デジタル配信「SNOW SOUND」
2017年1月4日(水)デジタル先行配信予定

シングル「SNOW SOUND/今まで君が泣いた分取り戻そう」
2017年2月1日(水)発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

UPCH-7226/¥2,300+税

【通常盤】(CD)

UPCH-5898/¥1,300+税 

<収録予定曲>

■CD

1 「SNOW SOUND」

2 「今まで君が泣いた分取り戻そう」

他ライブ音源2曲収録予定

■DVD ※初回限定盤のみ

2016年11月10日に行われたフリーライブ『[Alexandros]「EXIST!」Launch Party at Roppongi Hills』収録予定


音楽ニュースMUSIC NEWS

細野晴臣による映画『万引き家族』OSTアナログ盤が発売決定

J-POP2019年7月20日

 細野晴臣が音楽を担当した是枝裕和監督の大ヒット映画『万引き家族』のサウンドトラックがアナログ盤で2019年9月25日に発売される。  『万引き家族』は、2018年の【カンヌ国際映画祭】<パルムドール(最高賞)>をはじめ、【日本アカデミー賞 … 続きを読む

みやかわくん、初武道館公演をWOWOWで独占放送決定

J-POP2019年7月20日

 みやかわくんが、7月19日に開催した武道館公演【大生誕祭2019】をWOWOWで独占放送することが決定した。  東京都の小さな離島・式根島に生まれたみやかわくんは早くから動画投稿をスタート。2017年3月に公開したflumpoolの「君に … 続きを読む

21世紀に英ラジオで最も流れた楽曲は?、ジャネール怒りのツイート、リル・ナズ・Xをブルーノ・マーズが祝福:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2019年7月20日

 今週の洋楽まとめニュースは、ラジオの話題から。21世紀に入ってから最も放送された楽曲はスノウ・パトロールの「しあわせがじんわり(チェイシング・カーズ)」であると、英音楽ライセンス会社PPLが認定した。全英チャートに3年以上とどまり続けたこ … 続きを読む

BUMP OF CHICKEN『aurora arc』が総合1位、米津玄師「パプリカ」をセルフカバー、『天気の子』世界観とリンクするMVが公開:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2019年7月20日

 2019年7月22日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、BUMP OF CHICKENの『aurora arc』が総合首位を獲得した。3年5か月ぶり、通算9作目のオリジナル・アルバムは、初週198,254枚を売り上げてC … 続きを読む

エイベックス楽曲のAmazon Prime Music提供開始、90年代~DA PUMP/AAA/三浦大知ら近年ヒット曲まで

J-POP2019年7月20日

 180を超えるエイベックスアーティストの約5,000の名曲・ヒット曲が、Amazon Prime Musicにて提供開始となった。  創立以来、数々のヒット曲やムーヴメントを生み出しつづけるエイベックスより、globe「DEPARTURE … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top