bloodthirsty butchers 不朽の名作『kocorono』20周年記念「最終盤」は“漆黒の貼り箱仕様”

2016年10月6日 / 12:05

 1996年10月23日にリリースされた、日本ロック界の至宝ともいうべきbloodthirsty butchersの傑作『kocorono』。この発売20周年を記念した「kocorono最終盤」が、2016年10月23日にリリースとなる。

 今作の三方背スリーブケースは、漆黒の重厚感あふれる貼り箱仕様。封入の84ページ豪華ブックレットは文庫本を模したデザインとなっており、内容も書き下ろしライナーノーツ、スペシャル・インタビューの他、96年『kocorono』発売時、2010年『kocorono完全盤』発売時のインタビューの再録等盛り沢山となっている。

 また、発売に先駆け、特設サイトも開設された。このサイトではリスナーからの投稿を大々的に募集しており、アーティストの孤独な心象風景であった『kocorono』を通じてリスナーひとりひとりに根付いた自分だけの「kocoronoの物語」を共有し、未来のリスナーへと語り継いでいくことを目指している。

◎『kocorono』20周年記念『kocorono最終盤』
2016/10/23 RELEASE
[CD]KICS-93432 / 3,000円+税
※84ページ豪華ブックレット封入 完全限定プレス 三方背スリーブケース仕様 2016リマスター
発売・販売:キングレコード株式会社
<曲目>
01. 2月/february
02. 3月/march
03. 4月/april
04. 5月/may
05. 6月/june
06. 7月/july
07. august/8月
08. 9月/september
09. 10月/october
10. 11月/november
11. 12月/december
12. kocorono(未発表音源/BONUS TRACK)
<ブックレット>
・「kocorono試論」(書き下ろしライナーノーツ)
・スペシャル・インタビュー
守屋 正(バルコニーレコード代表/レコーディング・ディレクター)
榎本是朗(Co/SS/gZ)
小松正宏(bloodthirsty butchers)
射守矢雄(bloodthirsty butchers)
名越由貴夫(Co/SS/gZ)
・『kocorono完全盤』完成記念特別対談(『Rooftop』2010年3月号掲載)
・『kocorono』リリースインタビュー(『DOLL』1996年12月号掲載) 他
特設ウェブサイト:http://bit.ly/2duazdg


音楽ニュースMUSIC NEWS

ジャスティン・ビーバー、“Carpool Karaoke”に再び登場 トム・クルーズに突然挑戦状を突きつけた理由を明かす

洋楽2020年2月19日

 現地時間2020年2月19日、ジャスティン・ビーバーが、米トーク番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』の人気コーナー“Carpool Karaoke”に再び登場し、ヒット・ナンバー「Yummy」や「Love Yourself … 続きを読む

ちゃんみな、2/19にEP『note-book -Me.-』『note-book -u.-』を2作同時リリース スタジオ・セッション動画も3夜連続で公開

J-POP2020年2月19日

 日本語、英語、韓国語の3ヶ国語を操るトリリンガルラッパー/シンガーのちゃんみなが、2月19日に4曲入りEP『note-book -Me.-』と『note-book -u.-』を2作同時リリースした。  2019年8月に発売した『Never … 続きを読む

『インソムニア』に、鬼束ちひろにしか作り出せなかった歌詞世界の本質を見る

ニュース2020年2月19日

鬼束ちひろのデビュー20周年を記念して制作されたオールタイムベストアルバム『REQUIEM AND SILENCE』が2月20日に発売される。“死者のためのミサと沈黙”、あるいは“葬送曲と静寂”というタイトルが何とも彼女らしい感じであるが、 … 続きを読む

有安杏果、ライブで披露していた「サクラトーン」「虹む涙」の2曲を配信リリース

ニュース2020年2月19日

約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した「サクラトーン」、そして何十日もかけて「サクラトーン」を完成させた後 … 続きを読む

<ライブレポート>クリス・デイヴ、深化の一端を垣間見ることができる変則的で刺激的なビートに包まれた夜

洋楽2020年2月19日

 ロバート・グラスパー、ディアンジェロ、アデルなど、現代のジャズ、ブラック・ミュージック~ポップ・シーンの最重要アーティスト達と数々の共演を果たし、音楽の新たな可能性を切り拓き続けるドラマー、クリス・デイヴがクリス・デイヴ&ドラムヘッズとし … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top