クミコのコンサートに松本隆&秦基博がゲスト出演

2016年9月26日 / 11:00

9月24日@東京・EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP's)

クミコが9月24日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて『クミコスペシャルコンサート2016』を開催した。

クミコ with 風街レビュー名義で9月7日にリリースした両A面シングル「さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる」より、「さみしいときは恋歌を歌って」の作詞・松本 隆、作曲・秦 基博が駆けつけた。クミコ with 風街レビューは、16年ぶりに作詞家の松本 隆とクミコがタッグを組み、新進気鋭のシンガーソングライターが楽曲を提供するプロジェクト。その第一弾となる「さみしいときは恋歌を歌って」の作曲とコーラスを秦 基博が、「恋に落ちる」の作曲とコーラスを永積崇が担当し、世代を越えたコラボレーションが話題となっている。この日のコンサートは、松本隆による作詞楽曲をテーマとした第1部と、クミコ楽曲を中心とした第2部の2部制にて行われ、1,000名の観客を楽しませた。

拍手に包まれ白い衣装で登場したクミコのステージは、1996年に発表したアルバム『世紀末の円舞曲』より、松本 隆との出会いの曲となった「最后のダンス・ステップ」で幕を開ける。クミコは「ようこそ皆様、雨の中お越しくださいまして、本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を添えて、「今日は1部に松本隆さんの作品を集めました。松本隆さんといえば皆さんの中では何を思われますでしょうか?」と問いかけると、「私も16年前に『AURA』というアルバムを作りまして、(松本とのタッグは)それ以来でございます。今年新たな曲を2曲書いていただきましたが、それを記念する意味でも1部は松本さんの作品を集めました。」と語った。

そして松本作詞による“愛人”の歌として「接吻」「心の指紋」を2曲歌い上げると、明かりのついた家をイメージさせる「お帰りなさい」、二人の別れを描いた「チューリップ」を切なく届け、大きな拍手を浴びた。そして「歌っていうのは人の涙とか、躊躇しているものをこじ開けて、すっきりと流してくれる役割もあるのでしょう。もちろん元気にしてくれる歌もありますけれど、弱っている心に手を差し伸べてくれる、また明日も頑張ろうってそんな風にさせてくれる役割も、きっとあるのだろうと思いますね。」としみじみ語ると、松本に初めて生歌を聞いてもらった曲として「情熱」を披露した。

ここでクミコの呼びかけからステージに上がった松本は、16年ぶりのタッグで挑んだ恋歌について「いつも(クミコが)生きるとか死ぬとか、切羽つまった歌ばかりこんなに続けなくていいんじゃないかなと。一度ニュートラルに戻しました。」と明かす。そして「やっぱり歌っていうのはみんなに夢を与えたり、恋する喜びとか悲しみを与えたりしてあげないと。いくら自分が遠ざかっても(笑)」と笑ってみせ、クミコも「やはり希望というのは恋ですかね。それが成就するとかはさておいても、何か気持ちを思い立たせる火種にはなると思います。」と返した。また、来年には『AURA』以来となる16年ぶりのアルバムを制作する計画についても明かし、集まったファンの期待を膨らませると、永積崇の作曲による「恋に落ちる」を披露した。

続いてステージには秦基博が招かれる。クミコは「秦さんのコンサートは、若い女の子が99%!今日は見回してどうですか?」と問いかけると、秦は「今日も“女の子”が99%じゃないですか?」と返し、会場を笑いと拍手で包み込んだ。また、クミコは「レコーディングの時にお会いしたら、秦さんをかわいいと思って、本当にかわいくてね。キューピーさんみたいにかわいい。」と絶賛。そして「松本さんの歌詞でクミコが歌う曲を書くことになって、どう思いました?」と投げかけると、秦は「お会いする前から緊張してました。でもいい曲を書きたいなと思いました。」と当時の心境を語った。ステージではその後、「さみしいときは恋歌を歌って」を秦の生コーラスとともに披露。クミコは時に秦と向き合って微笑みかけ、温かなライブで観客を魅了した。松本と秦を見送ると、第1部は「鳥の歌」で終幕。2部、アンコールと合わせて全20曲を熱唱し、鳴り止まない拍手の中コンサートは幕を下ろした。

【セットリスト】

<第1部>

1.最后のダンス・ステップ

2.接吻

3.心の指紋

4.お帰りなさい

5.チューリップ

6.情熱

7.恋に落ちる

8.さみしいときは恋歌を歌って

9.鳥の歌

<第2部>

10.広い河の岸辺

11.わが麗しき恋物語

12.コメディアン

13.愛の讃歌

14.地下鉄の切符切り

15.世情

16.うまれてきてくれて ありがとう

17.幽霊

<アンコール>

18.ともだち

19.一日がもっと長ければ

20.さみしいときは恋歌を歌って


音楽ニュースMUSIC NEWS

高槻かなこ、アニソンカバーシングル「King of Anison EP1」発売決定

ニュース2020年12月6日

『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役を務め、同作品のスクールアイドルグループAqoursとしても活動する高槻かなこが、2021年3月3日に初となるアニソンカバーシングル「King of Anison EP1」を発売することを発表し … 続きを読む

Maica_n、新曲「Mind game」を配信リリース&1stアルバムのリリースが決定

アニメ2020年12月6日

Maica_nが、12月6日(日)に新曲「Mind game」を配信リリースした。併せて、2021年2月17日(水)に1stアルバム『replica』を発売することも発表となった。 同曲はフジテレビ系TVアニメ『デジモンアドベンチャー:』の … 続きを読む

Organic Call、2021年4月に初の全国流通盤ミニアルバムをリリース

ジャパニーズロック2020年12月5日

東京を中心に活動するロックバンド、Organic Callが12月5日に渋谷O-Crestで行なわれた『Re:daydream tour 2020』ツアーファイナルにて、初めての全国流通盤となる2ndミニアルバムを2021年4月にリリースす … 続きを読む

インディーシーンで話題のアーティスト2組による共演企画『MEETs』、初回はNoBuses×ステレオガール!

ジャパニーズロック2020年12月5日

インディーシーンで活躍するアーティスト2組による共演企画『MEETs』の第一弾が12月5日にYouTubeで公開された。 初回はNoBusesとステレオガールが登場。活動開始時期も近く下北沢などのライブハウスシーンで共演することもある彼ら。 … 続きを読む

コレサワ、2021年に3rd AL『純愛クローゼット』発売決定&全国ツアー全20箇所にて開催決定

J-POP2020年12月5日

 コレサワが2021年3月10日に3枚目となるフルアルバム『純愛クローゼット』を発売することが決定したことが12月5日開催のワンマンライブ【コレサワ ONE MAN LIVE 2020 冬に会えたら】にて発表された。  『純愛クローゼット』 … 続きを読む

page top