ジェーン・スー&Charaが野宮真貴エッセイを絶賛 野宮×スーの異色の初対談イベントも開催決定

2016年9月14日 / 12:30

 2016年9月23日に幻冬舎より発売される野宮真貴の書き下ろしエッセイ『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』。同書について、ジェーン・スーとCharaからの推薦コメントが公開された。

<ジェーン・スー(コラムニスト) コメント>
『赤い口紅』は一生似合わないと思っていたのに、野宮さんのおかげであっさり克服。
あーびっくりした。さあ、集まって女たち。稀代の魔法使いが秘術を皆伝よ!

<Chara(ミュージシャン) コメント>
赤い口紅は、自分を愛して疑いたくない女の子の勇気の印っぽい。お守りだよね。
私も大好き▼(編集部註:▼はハート)

***

 そして更に10月1日には、渋谷区円山町に新たにオープンしたトークライブハウス、LOFT9 Shibuyaにて初対談となる野宮真貴とジェーン・スーとによるトーク・イベントの開催が決定。【口紅美人と、甲冑女。~】というタイトルからもそんなトーク内容になるのか期待が集まる。

 なお、野宮真貴は、8月31日に発売したデビュー35周年記念アルバム『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』でBillboard Japanジャズ・チャート 1位を獲得。また、11月に行われる毎年恒例のビルボードライブ・ツアーでは、新作『男と女』の収録曲を中心に“究極のラブソング・ライブ”を届ける。

◎書籍情報
『赤い口紅があればいい』
2016年9月23日(金)発売(幻冬舎)
1,404 円(税込)

◎トーク・イベント情報
【「口紅美人と、甲冑女。 ~野宮真貴とジェーン・スーが女を語る~」新刊発売記念ナイト】
2016年10月1日(土) 東京・LOFT9 Shibuya(ロフトナイン渋谷)
OPEN 18:00/START 19:00
チケット:前売 2,000円 当日 2,500円(税込・要1オーダー500円以上)
出演:野宮真貴、ジェーン・スー
URL:http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/49637

◎リリース情報
『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』
2016/8/31 RELEASE
2枚組 UICZ-4360/1 3,500円(tax in)

◎公演情報【野宮真貴、渋谷系を歌う−2016−。“男と女”】
11月4日(金)ビルボードライブ大阪
11月5日(土)名古屋ブルーノート
11月11日(金)ビルボードライブ東京
11月12日(土)ビルボードライブ東京


音楽ニュースMUSIC NEWS

城 南海、「産声」MV公開&初のYouTube生配信を実施

ニュース2021年1月27日

城 南海が1月27日(水)にリリースした10thアルバム『Reflections』より、森山直太朗作詞作曲の「産声」のミュージックビデオが解禁された。 ディズニー実写映画『ムーラン』の日本版主題歌に抜擢され、注目を集める奄美大島出身の歌姫・ … 続きを読む

AK-69、『LIVE : live from NAGOYA』のライブDVDをリリース! ¥ellow Bucks、R-指定、SWAYらのコメントが到着

ニュース2021年1月27日

AK-69が地元愛知のシンボルかつ国の重要文化財でもある“名古屋城”を背負って開催した配信ライブ『AK-69 LIVE:live from NAGOYA』のライブDVDと配信限定でライブ音源をリリースした。 エンターテイメント業界全体がコロ … 続きを読む

PLASTICZOOMS、アルバム『Wave Elevation』から「The Letter」のMV公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

PLASTICZOOMSが1月27日(水)にアルバム『Wave Elevation』を配信リリースした。 今作は”気の上昇”をテーマにグラデーションを魅せる全12曲を収録。80’s~現在のアンダーグラウン … 続きを読む

『SUCCESS STORY』から振り返る広瀬香美が“冬の女王”と成った必然

ジャパニーズロック2021年1月27日

広瀬香美の新作『歌ってみた 歌われてみた』が1月27日に発売となった。カバー(=歌ってみた)を5曲、他アーティストとのコラボによる自身のセルフカバー(=歌われてみた)を5曲、さらには過去YouTubeやTV番組で披露された即興曲、通称“作っ … 続きを読む

ビッケブランカ、5thシングル「ポニーテイル」の新ビジュアル&アートワークを公開

ジャパニーズロック2021年1月27日

ビッケブランカが、3月17日(水)にリリースするシングル「ポニーテイル」のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。 今作のアートワークも、ファッションや広告などあらゆるシーンで幅広く活躍するアートディレクターのとんだ林蘭が担当。表題曲の … 続きを読む

page top