RADWIMPS「前前前世」を筆頭に映画主題歌4曲がアニメチャートを独占

2016年9月7日 / 13:39

 Billboard JAPAN アニメチャート“HOT Animation”トップは前週に続き、RADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)となり、上位4曲を彼らが占める快挙を成し遂げた。

 「前前前世」は前回から更にポイントを積み上げて、“HOT Animation”でトップをキープ。特に動画再生回数、デジタルダウンロードのポイントが拡大している。さらに、RADWIMPSが音楽制作を手掛けた、映画『君の名は。』の主題歌が2位から4位に続き、トップ4をRADWIMPSの楽曲が占める結果に。楽曲と映画共々、相乗効果のヒットを見せており、4曲はいずれもTwitterのポイント、デジタルダウンロードで高ポイントとなった。

  5位は高橋優「光の破片」(アニメ『orange』オープニング)がチャートイン。漫画の原作者・高野苺からの依頼で高橋が書き下ろした本作は、多数の指標でポイントを獲得。ユーザの本楽曲への接触方法が多岐に渡っているのが特徴的だ。

 また、トップ10ではRADWIMPSの楽曲以外、すべて初チャートインとなる。中でも7位「純情Midnight伝説」(アプリゲーム『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS』)、8位のBeit & S.E.M「エウレカダイアリー」(アプリゲーム『アイドルマスター SideM』)は、アニメチャートのパッケージセールスでは「エウレカダイアリー」がトップとなっているが、PCによるCD読み取り数“ルックアップ”では「純情Midnight伝説」に軍配が上がっている。“HOT Animation”にチャートインする要素として、一つの指標以外でもポイントを積み上げることが醍醐味となる

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「スパークル」RADWIMPS
3位「なんでもないや」RADWIMPS
4位「夢灯籠」RADWIMPS
5位「光の破片」高橋優
6位「RAIMEI」T.M.Revolution
7位「純情Midnight伝説」向井拓海(原優子),藤本里奈(金子真由美),松永涼(千菅春香),大和亜季(村中知),木村夏樹(安野希世乃)
8位「エウレカダイアリー」Beit & S.E.M
9位「ONE CHANCE」下野紘
10位「99」MOB CHOIR


音楽ニュースMUSIC NEWS

YOASOBI&藤井 風が総合首位、「Pretender」史上初3億達成、フジファブリック×小林武史:今週の邦楽まとめニュース

J-POP2020年5月30日

 2020年6月1日付のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、YOASOBIの「夜に駆ける」が総合首位を獲得した。初の総合トップを飾った「夜に駆ける」は、週間動画国内再生数が2015年6月から … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】YOASOBI「夜に駆ける」が首位 瑛人「香水」も4位に

J-POP2020年5月30日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、YOASOBI「夜に駆ける」が首位を獲得した。  今週、HO … 続きを読む

繰り返される白人警官による黒人への不当逮捕や弾圧に怒り、ガガが新ALリリース、フューチャー7作目の首位:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2020年5月30日

 今週の洋楽まとめニュースは、米ミネソタ州の白人警察官が無抵抗の黒人男性の首を膝で押さえ付けている現場を捉えた動画に関する話題から。2020年5月25日にこの動画は投稿され、全米に怒りが広がっている。ジョージ・フロイドという名のこの男性は武 … 続きを読む

すとぷり、新曲「マブシガリヤ」を含めた未配信楽曲を配信開始

J-POP2020年5月30日

 ミュージックビデオの再生回数が2週間で350万再生を超え、多くの反響を呼んでいた、すとぷりの新曲「マブシガリヤ」が配信スタートした。  長時間リレー放送や生配信などでも人気を博しているすとぷりは、今回の配信にあわせ、これまでYouTube … 続きを読む

AI、アート・ディレクターにとんだ林蘭を迎えた最新ビジュアルを公開

J-POP2020年5月30日

 AIが20周年アニバーサリー・ミニアルバム・シリーズ第1弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 を2020年7月8日に発売する。  本作には、豪華タイアップ曲や海外アーティストをフィーチャリングに迎えた全6曲が収録され、まさに“今の … 続きを読む

page top