SPICY CHOCOLATE、新曲「キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君」MVで鈴木奈々が浴衣と花火を堪能

2016年8月26日 / 14:30

鈴木奈々×SPICY CHOCOLATE (okmusic UP's)

8月24日(水)より配信がスタートしたSPICY CHOCOLATEの最新シングル「キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君」のMVが完成した。

ジャケット写真同様、MVにもテレビ・雑誌などで大活躍中の鈴木奈々が出演。Ms.OOJAと寿君の歌唱シーンに合わせて、鈴木奈々が公園や商店街で花束を持ち歩き、撮影タイミング(今年7月時点)で今年初となった浴衣と花火を楽しんでいるシーンとで構成されている。

今作は聞くもの誰もが魅了される、包み込む様な優しいシルキーボイスの持ち主Ms.OOJAと、ストレートなリリックを武器にヒット曲を量産し続ける寿君というSPICY CHOCOLATEならではのコラボレーションとなっており、多くの音楽ファンからの注目を集めることは間違いない。24日(水)に配信スタートした今作は、配信直後からiTunesレゲエ・チャートで早くも1位を獲得している。

【各関係者よりコメント】
■SPICY CHCOLATE KATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER

比較的付き合いの長いふたりが愛を確かめ合うことができる楽曲づくりを目標としてきました。付き合いが長く、愛を確かめ合うというイメージをしていく中で、鈴木奈々さんがぴったりだと思いました。撮影中に通りかかったお婆ちゃんが「あ! 鈴木奈々ちゃんだ!」と微笑んでいるのを見て、その場に居るだけで、まわりを笑顔にさせる鈴木奈々さんと一緒に仕事ができて本当にありがたいと思いました。

■鈴木奈々

旦那様と5年間お付き合いして結婚したので、そのコンプセプトにぴったりだと思いました。私も嬉しく思います! 結婚する前にも喧嘩もしたこともありました。1日だけ別れたこともありました。ただこの一日がとても大切な日になりました。離れるのは1日でも無理だと思いました。絶対離れたくないと二人で思えたんです。そこで喧嘩も大切なんだと思いました。夫婦円満の秘訣はお互い褒めあうことが大切だと思います。お互いありのままで素直でいることも大切かもしれません。1日20回~30回連絡取ります。旦那さんもまめに連絡くれるんです。8年近くずっとかわりません。結婚から2年半経ったので今年はお母さんになりたいですw 大好きな人とこの曲を聴いてもらいたいです。わたしは旦那さんと聞きたいです!!

「キミと未来」MV
https://www.youtube.com/watch?v=LqC7kGNqiWo


音楽ニュースMUSIC NEWS

神はサイコロを振らない、コラボ楽曲「六畳の電波塔」相手はRin音

J-POP2022年5月20日

 神はサイコロを振らないが、2022年6月3日に配信リリースするコラボレーション楽曲「六畳の電波塔」のコラボ相手がRin音であることを発表した。  新曲「六畳の電波塔」は、柳田周作(vo)の「たった一つ叶うなら うたで世界を救いたい」 とい … 続きを読む

神はサイコロを振らない、シングル「六畳の電波塔」のコラボ相手はRin音!

ジャパニーズロック2022年5月20日

神はサイコロを振らないが、6月3日(金)に今この時代に訴えたい“平和への願い”を歌ったコラボレーション楽曲「六畳の電波塔」をデジタルリリースすることを先日発表していたが、先程、柳田周作(Vo)のインスタグラムでのライブ生配信にて、コラボレー … 続きを読む

Elle Teresa、妄想と現実が交錯する「maybe love u」MV公開

J-POP2022年5月20日

 Elle Teresaの新曲「maybe love u」のMVが公開された。  同曲は、そばに居ながら”好き”という一言がいえない、友情と恋の狭間を描いたラブソング。MVでは、学園生活を送っているElle Teresaが、同じクラスの彼を … 続きを読む

クボタカイ、最新曲「ひらめき」MV公開「沢山のイヤホンの向こうに、僕のひらめきが届いてくれたら」

J-POP2022年5月20日

 クボタカイが、最新曲「ひらめき」のミュージックビデオを公開した。  同映像はNasty Men$ahが手掛けている。また、タイトルの「ひらめき」は自身の発想やクリエイティビティを表現しているといい、3月に行われた自身初のバンド体制でのワン … 続きを読む

羊文学、“名演技が爆裂”する「OOPARTS」MV公開

J-POP2022年5月20日

 羊文学が、楽曲「OOPARTS」のミュージックビデオを公開した。  楽曲「OOPARTS」は、2022年4月20日にリリースとなったニューアルバム『our hope』の収録曲。トラックに初めてシンセサイザーを取り入れたこの楽曲は、羊文学の … 続きを読む

amazon

page top