吉田山田、日比谷野音で47都道府県ツアーファイナル完走&『吉田山田祭り2016』にて7周年ツアーを発表!

2016年8月23日 / 17:00

8月20日@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP's)

吉田山田の初の全国47都道府県ツアー『吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~』が、8月20日に日比谷野外大音楽堂でファイナルを迎えた。

これまで全国各地を廻り、少しでも多くのファンにゴールの瞬間を見届けてもらいたいという想いから、ツアーファイナルはフリーライヴで開催。この日は朝からの豪雨で開催も危ぶまれていたが、開演前には晴れ間が差し、ステージ中央のセンターステージに吉田山田が登場すると会場からは割れんばかりの歓声が上がった。

「約束のマーチ」からライヴはスタート。 “どれだけアナタに助けられてきただろう”。まさに彼らが46ヶ所廻り続けて野音まで来られたのは、二人だけではなく、会場に足を運んでくれたファン、サポートしてきたスタッフ、すべての人のおかげだという想いが込められたようであった。“雨が止んで”という歌詞とまさにリンクした奇跡のような幕開けに会場からも拍手があがり、一曲目から感涙の空気に包まれた。

山田義孝(Vo)の『吉田山田47都道府県ツアー2016! 東京ただいまー!!』の挨拶と共に、この47都道府県ツアーのスタートを担ってきた「てんてんてんて」で一気に会場のボルテージは最高潮に達し、「OK」ではコール&レスポンスと共に指で作るOKサインで会場中が一つに。センターステージから360度見渡しながら歌う2人の顔は笑顔に包まれていた。

吉田結威(G,Vo)は『一公演一公演、最後のライヴになってもいいという気持ちで歌ってきました。今日はより特別な想いで歌を届けることになると思います。色んなことを思い出してもらいながら、最後までよろしくお願いします。』と挨拶をし、カンニング竹山出演の高齢者詐欺被害未然防止キャンペーンのCMソングとして話題になった「母のうた」、結婚する友人へ向けて書かれた「告白」、彼らの代表曲であるNHKみんなのうた「日々」と珠玉のバラードを披露。弾き語りでの歌唱は2人のハーモニーがよりダイレクトに伝わり涙を誘う。

各地で恒例となっていた、吉田が山田へ投げかける方言クイズで笑いを誘った後は、サビを各地の方言に変えて歌ってきた「好きだよ」で、集まったファンにそれぞれの方言で歌わせて和やかなムードに。アップナンバー「押し出せ」では“押し出せ 押し出せ ネガティブ 押し出せ” と大合唱で拳をあげた。『いつまでもいつまでも心の中に僕らの想いが消えないように、想いを込めて歌います』と「ためいき」で47都道府県ツアーを締めくくった。

会場からは惜しみない拍手が送られ、4ヶ月で全国47都道府県を廻るという偉業を成し遂げた2人の顔はどこか誇らしげであった。最後には、ツアー出発前に成功を祈願して開眼を行なっていたダルマに筆を入れ、満願成就でツアーの成功を祝した。

さらにこの日は、ツアーファイナル開催後に同じ日比谷野外大音楽堂でスペシャルライヴ『吉田山田祭り2016』を開催。『吉田山田祭り』は昨年8月に上野恩賜公園水上音楽堂にて初めて開催され、浴衣姿でステージに登場したり、縁日を思わせるセットなど、普段とは違う装いに会場を大いに沸かせた。

雨が降り始める中、「夏のペダル」のバラードバージョンでしっとりとライヴをスタート。祭りの幕を背に、はっぴ姿で『飛ばしていくぞ! 日比谷!』と会場を煽り、「新しい世界へ」「全う」と畳み掛けるように披露。『吉田山田祭り2016! よく来たね! こんな雨降るとは思わなかったからさ! むき出しなままで勝負するぜ!』と先程のツアーファイナルとは打って変わってのハイテンションに、会場もびしょ濡れになりながら応える。

久しぶりのナンバー「ごめん、やっぱ好きなんだ。」に続き、『ここに集まったあなたたちに言いたい! 押し出せ! 押し出せ! ネガティヴ押し出せ!』とツアーファイナルでも披露した「押し出せ」で両手を押し上げる。『やれんのか日比谷!!』と叫ぶと共に、同じ言葉が刻み込まれた幕へ差し替わり、「未来」では客席を抜けながらセンターステージへなだれ込む。

再び360度囲まれながら、『47都道府県ツアーで大事に歌ってきた歌があります。いつまでも君の心に残るように、歌のお守りを送りたいなと思います。あなたからぼくらへも歌のお守りをどうか送ってほしいです』と「魔法のような」の大合唱が始まる。その歌声に呼応するかのように雨が降り止むという奇跡が再び起こり、会場からは唄声だけでなく割れんばかりの拍手も送られた。山田は雨が降り止んだ空を眺めながら『野外って大好きなんだ。会えなくなった人に声が届きそうで。それぞれの思いを全部ここに投げていいから、それぞれの大事な人に届けるから……』と涙ぐみ、声を震わせながら「日々」を届ける。この日一番の感動を誘い、2人は深くお辞儀をしてセンターステージを後にした。

ストリングスとピアノの演奏にのせながら、ピエロが登場し、曲の雰囲気をパントマイムで表現。はっぴを脱いだ2人もステージ中央へ着席し、「泣いて泣いて」をしっとりと歌い上げる。「てんてんてんて」 では左右のお立ち台を行き来しながら山田が会場を煽り、「ORION」ではステージに星座を投影する演出も。『最近いろんなことを感じて、いろんなことが日々起こるんだけど、これにもちゃんと意味があるって思うんですよ。こういう素晴らしい皆さんと出会えて素晴らしい風景が待っているから。だからここにいる皆さん、いないでも心を届けてくれた皆さんに、この出会いに感謝します。ありがとう』と「僕らのためのストーリー」をアカペラからはじめて、感謝の気持ちを歌にのせて届ける。

ステージに曲のタイトル通り「天使と悪魔」の映像が映し出され、赤と青の対照的な照明でダークな世界観へ誘う。『こっから飛ばしていくぜ日比谷!!』と「YES」、『ここにいる愛するランナーに!!』とデビュー曲「ガムシャランナー」で会場は一体となり飛び跳ね、拳をあげる。会場から浴びせられる喝采の中、吉田は『さっきツアーファイナルが無事終わりましたけど。もし歌えなくてなっても良いライヴを46回やって来れたから、山田とやって来れたからだと、やっとそんなことに気付きました。皆んなに感謝してるし、ここまで一生懸命歌を歌ってきてよかったなと。今、このステージに立っていて、今日まで生きてこれてよかったなって思ってます。人生で一番幸せな気持ちでここに立てています。まだまだ伝えたいことの本当に少ししか言葉にできてないけど、あとは僕らの歌で、これまでの歌、これからの歌で伝えていこうと思います。今日まで本当にありがとう。これからもどうか吉田山田をよろしくお願いします。』と心の底からの感謝を言葉にし、会場からは改めて拍手が送られた。47都道府県を今日まで2人で回ってきたことを噛みしめるように「Today,Tonight」で伝えた。

『皆さんに一番にお知らせしたいことがあります。先程、47都道府県ツアーを終えて、今年は祝7周年を迎えられるわけですけども……『Over The Rainbowツアー』決定しました!!』と『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』の開催をサプライズ発表。2014年の5周年のタイミングにも同様の企画ツアー『555ツアー(トリプルファイブツアー)』が組まれ、ライヴペインティングや全曲ライヴ等、趣向を凝らしたライヴを展開したが、今年はさらにスケールアップして7か所7公演すべて全く異なった内容の贅沢なツアーを開催する。

あっという間に最後の曲となり『あれやってないでしょ? 夏祭りだからね! “ワッショイ”と言って終わろうよ!』『叫べんのか日比谷! 最後みんなででっかい花火をあげよう!』と祭囃子に乗せて、一曲目に披露した「夏のペダル」を祭り仕様で披露。昨年同様に、“ワッショイ!”の掛け声とともに最高潮の盛り上がりを見せ、『みんな大好きだよ! ありがとう!』と全17曲を披露して夏の祭りを終えた。

4月から4ヶ月で全国47都道府県を2人だけで廻り、まさに原点回帰とも言えるライヴを届けてきたが、さらにスケールアップしていく吉田山田からますます目が離せない。また、この日の公演の模様は11月2日に『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』としてリリースが決定。ツアーファイナルの模様も特典映像として収録され、豪華2枚組仕様となる予定だ。ぜひチェックしてみてほしい。

Photo by 岩﨑 真子

【セットリスト】
■『吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~』TOUR FINAL

01. 約束のマーチ

02. てんてんてんて

03. OK

04. 母のうた

05. 告白

06. 日々

07. 好きだよ

08. 押し出せ

09. ためいき

■『吉田山田祭り2016』

01. 夏のペダル(バラードver.)

02. 新しい世界へ

03. 全う

04. ごめん、やっぱ好きなんだ。

05. 押し出せ

06. 未来

07. 魔法のような

08. 日々

09. 泣いて泣いて

10. てんてんてんて

11. ORION

12. 僕らのためのストーリー

13. 天使と悪魔

14. YES

15. ガムシャランナー

16. Today,Tonight

17. 夏のペダル

DVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』
2016年11月2日発売

PCBP.53156/¥5,500+税

<収録内容>

■DISC.1

8月20日(土)「吉田山田祭り2016」@日比谷野外大音楽堂の模様を収録。

■DISC.2

8月20日(土)「吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~」TOUR FINAL@日比谷野外大音楽堂の模様を収録。

※収録楽曲等の詳細は後日発表となります。

<先着予約購入特典>

オリジナルポスターカレンダー(B2サイズ)

※先着予約購入特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳しくは店舗までご確認のうえご購入下さい。

※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認下さい。

※先着予約購入特典は数に限りがあります。無くなり次第終了致します。

『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』
■~福岡 クレイジーワンダーパレス~

9月22日(木・祝) 福岡・ももちパレス(福岡県立ももち文化センター)

山田のライヴペインティングをフューチャーした音楽とアートの融合

■~大阪 Trick or Trick~

10月29日(土) 大阪・なんばHatch

吉田と山田、そしてストリングスが彩る、初めてのハロウィンナイト

■~仙台 ミュージックカジノ~

11月23日(水・祝) 宮城・仙台Rensa

ルーレットを回して、出た曲をその場で…!何がでるかは運次第…!?

■~渋谷 ラブソングシネマ~

12月25日(日) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

クリスマスの夜、ラブソングが主役の一日限りの映画館

■~名古屋 ミステリアスマジックサーカス~

2017年1月29日(日) 愛知・愛知県芸術劇場

吉田と山田、2人が団長の不思議なサーカス団

■~札幌 ツートンカラー~

2月19日(日) 北海道・札幌PENNY LANE 24

吉田だけの世界。山田だけの世界。そして2人の世界…

■~有明 コズミックダンスホール~

3月25日(土) 東京・ディファ有明

身体で感じ、勝手に心が踊り出す小宇宙のダンスホール


音楽ニュースMUSIC NEWS

KOHH、国内ツアーのチケット一般発売スタート&ドキュメンタリー映像の続編公開

ジャパニーズロック2019年9月15日

KOHHが2019年2月にリリースしたアルバム『Untitled』の発売後初となるライブツアー『”Untitled” Tour』の一般発売が開始された。 本ツアーは、10月13日(日)大阪・大阪The Pink、10月20日(日)愛知・名古 … 続きを読む

SILENT SIREN、ボイメン、みやかわくん、ポルカ、フレデリックら出演【サイサイフェス】笑顔で大団円

J-POP2019年9月15日

 SILENT SIRENが、毎年恒例6度目の【サイサイフェス2019】を、2019年9月14日に新木場スタジオコーストにて開催した。  SILENT SIREN自身がリスペクトするアーティストたちを集めて毎年開催されるこのイベント。今回は … 続きを読む

伊藤千晃、新アー写&1stアルバム『Be』ジャケット写真を公開

J-POP2019年9月15日

 伊藤千晃が、2019年11月6日にリリースする1stアルバム『Be』の新アーティスト写真とジャケット写真を公開した。  アルバム『Be』は、ソロ・アーティストとして音楽活動をしてきたここ1年間の想いが込められたアルバムで、新曲2曲を含む全 … 続きを読む

BiSH、4年前の再現&最新曲を織り交ぜた渋谷O-nestワンマン

J-POP2019年9月15日

 BiSHが、2019年7月3日に発売されたメジャー3rdアルバム『CARROTS and STiCKS』のTSUTAYA RECORDS購入者限定イベント【FLASH BACK BiSH MEMORiES】を、東京・渋谷O-nestにて開 … 続きを読む

エビ中、結成10周年イヤー2枚目のフルアルバム『playlist』12月リリース

J-POP2019年9月15日

 私立恵比寿中学(略称:エビ中)が、ニュー・アルバム『playlist』を、2019年12月11日にリリースする。  9月15日、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて開催された大型音楽フェス【シミズオクト Presents 氣志團万博2019 ~房総 … 続きを読む

page top