【連載コラム】稚菜、ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」のEDテーマをカバー

2016年8月19日 / 18:00

稚菜 (okmusic UP's)

こんばんは。

さて今回の一曲はケツメイシの「カラーバリエーション」

「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」の主題歌です。

ケツメイシの曲は私の歌とはかけ離れていてどのように歌うか少し悩んだのですが、私なりに歌ってみました。

何たって歌詞が好きなんです。

是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=l7awRH3F4-w
このコラムを書いている私、この瞬間実は那須高原にあるオートキャンプに来ているんです。

今この夜の時間、かなりの雨が降り出していて、そんな中ロッジで雨の音を聞きながら一人コラムを書いている訳です。

…キャンプ場来てまでパソコン!!笑

でもね、凄く静かな場所なので集中出来るし意外と落ち着くんですよね。

のんびりと過ごしております。

キャンプでテント張ったりとか、いつぶりだろうか?覚えていないくらい久々である。

夜にはBBQして、近くの温泉施設行って入って、その後帰って来てからはみんなで遊んだり恋バナしたり…

滅多に出来る事ではないので凄く楽しいしずっとわくわくしている。

というか友達とやるのは初めてのなので凄く面白い。

ここへ来るまでに「那須に入ってからは電波飛ばすものは使用NG」というルールが勝手に決められていた。笑

(…ただこのコラムを書く事に関してだけはちゃんと許可を頂きました。笑)

ただね、そんなルールを決めなくてもこの日はほとんど誰も携帯をいじっていない。

全然要らなかったんですよね。

都会に住んでいたら本当にひっきりなしに触っているのに。

今までどれだけ電波に支配されていたのかが分かった瞬間。面白いものです。
普段都会にいてなかなか出来ない事やらない事をやるのって凄く大事。

人と過ごす事の楽しさや新しい発見が沢山あるから。

大切な事に気付けるから。

のんびり生きる時間があるって凄く幸せだ。

とりあえずね、今一番したい事。

…早くみんながいるテントの中に合流して寝袋に包まりたい!!笑

やっぱり一人でロッジにいるのは寂しい!

という事でそろそろみんなの所へ戻りたいと思います。笑

明日もきっと雨。

何も出来ないかもしれないけれど、じゃあ何をするかをその時その時で決める、それも旅の醍醐味。

みんなと色んな話をして、色んな体験をして、色んな思い出を作って。

それがまたきっと新しい言葉とメロディーを浮かばせてくれる。

そんな日々がありがたい。

人生はどんな時も楽しんで生きたいし生きるべきだ。

それが人生だ。

さぁ、明日からも楽しむぞ。


関連ニュースRELATED NEWS

音楽ニュースMUSIC NEWS

ジャスティン・ビーバー、“Carpool Karaoke”に再び登場 トム・クルーズに突然挑戦状を突きつけた理由を明かす

洋楽2020年2月19日

 現地時間2020年2月19日、ジャスティン・ビーバーが、米トーク番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』の人気コーナー“Carpool Karaoke”に再び登場し、ヒット・ナンバー「Yummy」や「Love Yourself … 続きを読む

ちゃんみな、2/19にEP『note-book -Me.-』『note-book -u.-』を2作同時リリース スタジオ・セッション動画も3夜連続で公開

J-POP2020年2月19日

 日本語、英語、韓国語の3ヶ国語を操るトリリンガルラッパー/シンガーのちゃんみなが、2月19日に4曲入りEP『note-book -Me.-』と『note-book -u.-』を2作同時リリースした。  2019年8月に発売した『Never … 続きを読む

『インソムニア』に、鬼束ちひろにしか作り出せなかった歌詞世界の本質を見る

ニュース2020年2月19日

鬼束ちひろのデビュー20周年を記念して制作されたオールタイムベストアルバム『REQUIEM AND SILENCE』が2月20日に発売される。“死者のためのミサと沈黙”、あるいは“葬送曲と静寂”というタイトルが何とも彼女らしい感じであるが、 … 続きを読む

有安杏果、ライブで披露していた「サクラトーン」「虹む涙」の2曲を配信リリース

ニュース2020年2月19日

約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した「サクラトーン」、そして何十日もかけて「サクラトーン」を完成させた後 … 続きを読む

<ライブレポート>クリス・デイヴ、深化の一端を垣間見ることができる変則的で刺激的なビートに包まれた夜

洋楽2020年2月19日

 ロバート・グラスパー、ディアンジェロ、アデルなど、現代のジャズ、ブラック・ミュージック~ポップ・シーンの最重要アーティスト達と数々の共演を果たし、音楽の新たな可能性を切り拓き続けるドラマー、クリス・デイヴがクリス・デイヴ&ドラムヘッズとし … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top