シーア「アライヴ」が主題歌!映画『秘密 THE TOP SECRET』の観賞券を1組2名様にプレゼント!

2016年7月22日 / 17:00

 シーア「アライヴ」が主題歌の映画『秘密 THE TOP SECRET』の公開を記念し、映画観賞チケットをBillboard JAPAN.comの読者から抽選で1組2名様にプレゼントする。下記の応募方法をよくお読みのうえ、ご応募ください。

 『るろうに剣心』 シリーズで興行収入3作合計130億円を超える大ヒットを記録した大友啓史監督の最新作となる『秘密 THE TOP SECRET』。主題歌には、シーアの「アライヴ」が初の邦画主題歌に抜擢された。シーアと映画『秘密 THE TOP SECRET』については現在、Billboard JAPAN.comの特集ページに掲載中だ。

◎プレゼント
映画『秘密 THE TOP SECRET』劇場観賞チケット 1組2名様

<応募方法>
STEP1:お持ちのTwitterアカウントにログイン
STEP2:Billboard Japan“@Billboard_JAPAN”とソニー・ミュージック洋楽オフィシャルTwitteアカウント“@INTSonyMusicJP”をフォロー(ご当選案内DM用)
STEP3:該当ツイートをRTして応募完了

※Billboard JapanオフィシャルTwitterとソニー・ミュージック洋楽Twitterアカウントをフォロー及びご応募の要件を満たしていただいた方のみが当選対象となります。
※当選賞品はお選びいただけません。
※当選のご案内及び詳細はTwitterの DMの送信をもって代えさせて頂きます。
※当落に関する質問は一切お受けできません。予めご了承の上ご応募下さい。
※当選の権利は当選者様ご本人のものとし、換金・譲渡はできません。
※公開される最寄りの劇場はお客様自身で公式WEBサイトをチェックの上、ご来場ください。
※劇場までの交通費は当選者のご負担となります。

<応募期間>
2016年7月31日(日)23時59分まで

◎作品情報
『秘密 THE TOP SECRET』
©2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会
2016/08/06より全国ロードショー
監督:大友啓史
原作:清水玲子 「秘密-トップシークレットー」(白泉社刊・メロディ連載)
出演:生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、織田梨沙、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋 ほか
企画・配給:松竹
公式HP: http://himitsu-movie.jp/


音楽ニュースMUSIC NEWS

BLUE ENCOUNT、11/21ツアーファイナル公演の模様をLINE LIVEにて生配信

J-POP2019年11月18日

 現在全国ツアー中のBLUE ENCOUNTが、ツアー最終日となる11月21日東京公演の様子を、LINE LIVEにて生配信することが分かった。  全国18か所22公演を巡る本ツアーは、今週のZepp Tokyo編でファイナルを迎える。今回 … 続きを読む

SpecialThanks、12月より4ヶ月連続配信リリース決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

通称“スペサン”ことSpecialThanksが11月18日、下北沢SHELTERにて開催した新体制初の東名阪ツアー『SpecialThanks TOUR 2019〜これからのスペサンの話をしよう〜』初日公演のMCにて、12月より4ヶ月連続 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、ツアー最終公演をLINE LIVEにて生配信決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

BLUE ENCOUNTが現在展開中の全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR2019「B.E. with YOU」』の最終日となる11月21日の公演をLINE LIVEにて生配信することを発表した。 これは11月20日にリリースされ … 続きを読む

<インタビュー前編>小林直己が、映画『アースクエイクバード』から得たものとは

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。1980年代の東京を舞台とした本作は、日本人写真家の禎司と恋に落ちる外国人女性、ルーシーが三角関係に心乱され、やがて殺人事件にまで巻き込まれていくサスペンス・ … 続きを読む

<インタビュー後編>小林直己、表現者として「誰かの心に残りたい」

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。メインキャストとして出演する、小林直己に作品について話を訊いた前編に続き、本ページでは後編を公開。ここでは “ダンサー”である小林が “役者”として本作に対し … 続きを読む

page top