和製ならではの繊細さや湿度を感じさせるボサノヴァ作品集(Album Review)

2016年6月21日 / 10:30

リオデジャネイロ五輪の影響があるのかどうかはともかく、ボサノヴァ系の再発やコンピレーション・アルバムが続々とリリースされている。定番アイテムももちろんいいのだが、ちょっと食傷気味というのなら、こんなアルバムはどうだろうか。本作『TOKYO BOSSA NOVA CAFÉ』は、日本コロムビアの数あるカタログから和製ボサノヴァの名曲を集めた作品集だ。

 コロムビアの和製ボサノヴァというと、いしだあゆみを筆頭に、伊東ゆかりやヒデとロザンナなど、60年代の歌謡曲に多数の名曲が残されていることがマニアには知られている。しかし、本作は70年代初頭から90年代にかけての作品にフォーカス。特に、1980年前後のシティ・ポップ系に焦点を当てているのが珍しい。しかもかなりのレア曲が含まれているのだ。発掘され尽くしたといわれている和製ボサノヴァだが、ここまでディープなところをすべてチェックしている人はまずいないだろう。

  冒頭のやまがたすみこによる「夏の光に」は、この中ではよく知られた楽曲だろう。彼女のようないわゆるシティ・ポップ系ニューミュージックは、本作のメイ ンどころであり、庄野真代、佐藤奈々子、木村恵子、石川セリなどの楽曲もセレクトされている。また、アイドルの河合奈保子、歌謡曲の尾崎紀世彦、フォーク・デュオのとんぼなど、ジャンルの振り幅も広い。加えて、90年代のJ-POPシーンから、クラックポット、frasco、赤松英弘といった通好みの ミュージシャンがセレクトされているのも嬉しい。

 初CD化曲も3曲含まれており、五十嵐麻利江や早瀬ナオミなどは、その存在すら知らなかった人も多いだろう。なかでも驚くのが、アニメソングで知られる堀江美都子が『花の子ルンルン』のサウンドトラック盤に残した「夢であなたと」。先述のいしだあゆみあたりの60年代歌謡に通じるドリーミーさが魅力だ。

 このように、雑多なセレクトのように見えるが、ボサノヴァというキーワードで繋がる20曲を通して聴くと、本場ブラジルのボサノヴァとは違った和製ならではの繊細さや湿度を感じさせるのが面白い。テレビにオリンピック中継を映しながらボリュームを下げ、このCDをだらだらと流しておくのが、この夏の極上の過ごし方かもしれない。

(REVIEW:栗本 斉)


音楽ニュースMUSIC NEWS

福岡在住バンドの図鑑、初のベストアルバムをリリース

ニュース2019年10月22日

福岡在住バンドの図鑑が、10月22日の“図鑑の日(※)”に初のベストアルバム『ベスト オブ 図鑑~MADE IN FUKUOKA~』をリリースした。 図鑑は今までに5枚のアルバムをリリースしており、今や九州を代表するバンドに成長。2019年 … 続きを読む

never young beach、⾼橋⼀⽣が主演を務める映画『ロマンスドール』の主題歌・挿入歌を書き下ろし

ジャパニーズロック2019年10月22日

2020年1⽉24⽇に全国公開となる映画『ロマンスドール』に、never young beachが新曲2曲を書き下ろし。それぞれ主題歌、そして劇中歌として起⽤されることが発表された。 この映画は“ラブドール職⼈と、⼀⽬で恋に落ちて結婚した妻 … 続きを読む

Wienners、配信シングル「ANIMALS」のリリース&全国ワンマンツアー開催を発表

ジャパニーズロック2019年10月22日

Wiennersが12月17日に配信シングル「ANIMALS」をリリースすることと、来年1月15日(水)の千葉公演を皮切りに約1ヶ月に渡る『BACK TO THE ANIMALS TOUR 2020』と題した全国ワンマンツアーの開催を発表し … 続きを読む

SUPER JUNIORの新ミニアルバム1月発売&新曲「I Think I」先行配信

J-POP2019年10月22日

 SUPER JUNIORのニューミニアルバムが2020年1月29日にリリース。収録曲「I Think I」が10月30日に先行配信される。  日本でのアルバムリリースは『HERO』以来、約6年半ぶり。ミニアルバムは日本オリジナルのアートワ … 続きを読む

サイダーガール、3rdアルバムのリリース&ワンマンツアー開催を発表

ジャパニーズロック2019年10月21日

サイダーガールが2020年1月15日に3rdアルバム『SODA POP FANCLUB 3』をリリースし、併せて全国ワンマンライブツアー『サイダーガールTOUR2020 サイダーのゆくえ-SPRING HAS COME-』を行なうことを発表 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top