【Chart insight of insight】洋楽ヒットを作るならラジオで勝負? レイチェル・プラッテンとメイヤー・ホーソーン

2016年4月23日 / 12:00

 ビルボード・ジャパンのHot100にチャートインする楽曲は、その大半がシングルとしてリリースされている楽曲だ。「いまどきシングル?」なんていう声もありそうだが、やはりフィジカルでの売上加算は大きく影響してくる。逆にいうと、昨今シングル・カットされることがなくなった洋楽曲は分が悪い。しかしそれでもチャート上位に食い込んでくる楽曲が存在する。

 今週9位にランクインしたのが、レイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」(【表1】。すでにこの曲は全米で大ヒットを記録しており、動画再生数が1億回を突破、ダウンロード数も300万以上というから、日本でもようやくといったところだろう。とはいえ、日本では動画再生数は圏外だしダウンロード数も今週は84位とそれほどではない(紫のグラフ)。ではなぜベスト10に入ったのかというと、完全にラジオでのオンエア回数のおかげだ(緑のグラフ)。4/18付では2位、今週は1位と洋楽では独走状態。いわゆるパワープレイ扱いになっている場合だけでなく、応援歌ということもあって、今回の震災で被災された方へのメセージ代わりにオンエアされていることもあるのかもしれない。いずれにせよ、ラジオ・フレンドリーな楽曲だったことは確かで、ラジオ・プロモーションが効果的だった好例といえるだろう。

 もう一曲、ベスト10入りを狙っているのが、今週25位にランクインしたメイヤー・ホーソーンの「ラヴ・ライク・ザット」(【表2】)。昨年はタキシードというユニットでもブレイクしたが、先日3年ぶりのソロ作『マン・アバウト・タウン』をリリースしたばかり。8月には来日講演も控えている。このポップなソウル・チューンは、たしかにラジオ向けといえるかもしれない。オンエア回数は、4/18付で6位、今週は2位と大健闘している(緑のグラフ)。それ以外の要素はすべて圏外であることを考えると、ラジオでのプロモーションがいかに大切かがわかるだろう。洋楽ヒットを出すのであれば、ラジオに絞って攻めまくるのが、結果を出しやすい作戦なのだ。text by 栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

RADWIMPS、鬼気迫るライブ映像「PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~」公開

J-POP2020年3月29日

 RADWIMPSが、LIVE Blu-ray&DVD『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』より、「PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~」のライブ映像を公開した。  本作には、昨年8月29日に行われた … 続きを読む

眉村ちあき、ライブで人気のラブソング「おじさん」MVを公開

J-POP2020年3月29日

 眉村ちあきが、1stアルバム『めじゃめじゃもんじゃ』から、ライブでファンから人気のラブソング「おじさん」のMVを公開した。  このMVは、映像監督・松浦本がディレクションを担当。松浦本は、眉村ちあき「ピッコロ虫」「奇跡・神の子・天才犬!」 … 続きを読む

ゆず、バーチャルアーティスト・MIZUに全国アリーナツアー出演をオファー

J-POP2020年3月29日

 ゆずの全国アリーナツアー【YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN】に、“雫型フォークデュオエンターティナー”を名乗るバーチャルアーティスト・MIZUが、ファーストアクトとして出演する。  19歳のジンジン、ガンガンの2 … 続きを読む

ハナレグミ、ライブ生配信『出前THE MOMENT』& ツアーグッズや会場限定CDの通販が決定

J-POP2020年3月29日

 ハナレグミが、2020年4月4日に弾き語りライブを生配信する。  本来、東京・日比谷野外大音楽堂で【THE MOMENT ~acoustic with moon light~】と銘打ったライブが開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大 … 続きを読む

【深ヨミ】Official髭男dism/King Gnu アルバムのロング・セールを続ける2バンドを販売推移を分析

J-POP2020年3月29日

 2020年3月30日付のBillboard JAPAN週間“Top Albums Sales”で、2019年10月9日発売のOfficial髭男dism『Traveler』が8,590枚を売り上げ、10位を獲得した。また、2020年1月1 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top