【米ビルボード・ソング・チャート】リアーナが7週目の首位獲得、メーガン・トレイナーがTOP3入り

2016年4月6日 / 09:00

 リアーナの「ワーク」が、首位獲得週記録更新で、7週目のNo.1を死守した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 「ワー・ワー・ワー・ワー…」と続くサビのフックが中毒になる、「ワーク」・日本のラジオでも頻繁にエアプレイされるようになり、徐々に人気を高めている。リアーナにとっては、2007年の年間チャート2位をマークした、「アンブレラ」(7週首位)に並ぶ記録更新で、「ワーク」も、今年の年間チャートではTOP10入りが確実視される。

 また、リアーナの新作『アンチ』からは、「ワーク」に続き「キス・イット・ベター」と「ニーデド・ミー」が、2ndシングルとして3月30日に同時リリースされたばかり。翌日31日にリリースされた「キス・イット・ベター」の公式ビデオは、公開4日で1000万視聴回数を突破し、次週のソング・チャートでは上位初登場が予想される。アルバムから2曲目、自身15曲目のNo.1獲得なるか、こちらも注目したい。

 リアーナに続き、女性陣が続々と新曲をランクアップさせている。先週の6位から3位に、自身2曲目のTOP3入りを果たしたのは、メーガン・トレイナーの「NO(ノー)」。5月13日にリリース予定の2ndアルバム『サンキュー』からの先行シングルで、デビュー曲にしてNo.1ヒットとなった、「オール・アバウト・ザット・ベース」以来、1年半ぶりのTOP3入りとなる。2位に停滞しているルーカス・グラハムが次期No.1候補といわれているが、先立ってメーガンがリアーナから首位の座を奪うかもしれない。

 自身初のTOP10入りを果たしたのは、フィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム」。昨年ロングヒットを記録した「ワース・イット」の最高位12位を上回り、自己最高位、初のTOP10入りとなった。こちらも5月20日にリリースされる2ndアルバム『7/27(セブン・トゥエンティー・セブン)』からの先行シングルで、メーガン同様に、アルバムリリースの来月までは、まだまだロング・ヒットが期待できそうだ。

 そして、5月20日にはアリアナ・グランデの3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』も全世界で同時発売されることが明らかになっている。本作からの先行シングルであるタイトル曲も好調で、一旦ダウンしたものの、先週の13位から12位へ息を吹き返し、3月30日に公開されたビデオの視聴回数(1500万回)を受け、次週一気に上位へジャンプアップすることも期待できる。アリアナは、デビュー作『ユアーズ・トゥルーリー』(2013年)、2ndアルバム『マイ・エヴリシング 』(2014年)が、どちらも首位デビューを果たしているが、シングル曲でのNo.1獲得は未だ達成していない。

 先週の21位から14位へラックアップしたのは、ブルックリン出身、18歳の新星ラッパー、デザイナーの「パンダ」。昨年末にリリースされたオーディオ・ビデオは2700万視聴回数を突破していて、R&B/ヒップホップ・チャートでは、すでに4位まで上昇している。カニエ・ウェストに見出されたその才能は確かなもので、今年ブレイクが予想されるラッパーの一人でもある。未だ発表されていないが、そのカニエの新作にも参加しているとのこと。

 27位に初登場したのは、ニック・ジョナスの新曲「クロース」。「ハビッツ(ステイ・ハイ)」で大ブレイクした、トーヴ・ローをパートナーに迎えたミッド・テンポのR&Bトラックで、ニックのアーティストとしての成長が伺える1曲。6月10日にリリース予定の3rdアルバム『ラスト・イヤー・ワズ・コンプリケイテッド』からの先行シングルで、アルバムはジェイソン・エビガンやマックス・マーティンといった人気プロデューサー等が参加した、意欲作に仕上がっている。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、6日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
2位「7イヤーズ」ルーカス・グラハム
3位「ノー」メーガン・トレイナー
4位「ピロートーク」ゼイン
5位「ラヴ・ユアセルフ」ジャスティン・ビーバー
6位「マイ・ハウス」フロー・ライダー
7位「ストレスド・アウト」トウェンティ・ワン・パイロッツ
8位「ミー、マイセルフ&アイ」ジー・イージー&べべ・レクサ
9位「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」マイク・ポスナー
10位「ワーク・フロム・ホーム」フィフス・ハーモニー


音楽ニュースMUSIC NEWS

繰り返される白人警官による黒人への不当逮捕や弾圧に怒り、ガガが新ALリリース、フューチャー7作目の首位:今週の洋楽まとめニュース

洋楽2020年5月30日

 今週の洋楽まとめニュースは、米ミネソタ州の白人警察官が無抵抗の黒人男性の首を膝で押さえ付けている現場を捉えた動画に関する話題から。2020年5月25日にこの動画は投稿され、全米に怒りが広がっている。ジョージ・フロイドという名のこの男性は武 … 続きを読む

すとぷり、新曲「マブシガリヤ」を含めた未配信楽曲を配信開始

J-POP2020年5月30日

 ミュージックビデオの再生回数が2週間で350万再生を超え、多くの反響を呼んでいた、すとぷりの新曲「マブシガリヤ」が配信スタートした。  長時間リレー放送や生配信などでも人気を博しているすとぷりは、今回の配信にあわせ、これまでYouTube … 続きを読む

AI、アート・ディレクターにとんだ林蘭を迎えた最新ビジュアルを公開

J-POP2020年5月30日

 AIが20周年アニバーサリー・ミニアルバム・シリーズ第1弾『IT’S ALL ME – Vol.1』 を2020年7月8日に発売する。  本作には、豪華タイアップ曲や海外アーティストをフィーチャリングに迎えた全6曲が収録され、まさに“今の … 続きを読む

『5月30日はなんの日?』レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、トム・モレロの誕生日

洋楽2020年5月30日

 5月30日はギタリスト、トム・モレロの56歳の誕生日。  トム・モレロは1964年5月30日、米ニューヨーク生まれ。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストとして90年代の音楽界に一躍その名を轟かせたモレロは、スクラッチ音や機械音、 … 続きを読む

ころん、初のオリジナル曲の続編MVを公開&メンバーから誕生日お祝いコメント到着

J-POP2020年5月30日

 5月29日に誕生日を迎えたすとぷりのころんが、自ら作詞を手掛けた「敗北の未来地図」のミュージックビデオを公開した。  1か月前にソロとして2作目となるオリジナル曲「だいよげん」を投稿したころんの新曲「敗北の未来地図」は、1年前の誕生日にソ … 続きを読む

page top