お花見の場所取りでひとりぼっち。寂しさをまぎらわす曲。

2016年3月31日 / 18:00

でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」のジャケット写真 (okmusic UP's)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
今回は、「お花見の場所取りでひとりぼっち。寂しさをまぎらわす曲。」をテーマに選びました。桜の季節がやってきました。みんなで花見をするのは楽しいものですが、それは誰かが寂しさを耐えて、ひとり場所取りをしてくれていたからかもしれません。今年もきっといるであろう、花見を盛り上げる影の功労者に贈る5曲をどうぞ。

1.「サクラあっぱれーしょん」 / でんぱ組.inc
https://www.youtube.com/watch?v=NypVvG9fQ7o
花見そのものは大変テンション上がるイベントですが、一人で場所を探すのにテンションが上がるかと言われると、果たしてどうなんでしょう。そんな時にお薦めしたいのがでんぱ組.inc。特に桜をテーマにした「サクラあっぱれーしょん」は今の季節、まさにピッタリ。矢継ぎ早に繰り広げられる歌パートはまさにお祭りそのもの。聴いて楽しい、見て楽しい、もちろん踊って楽しい。皆を待っている間、間違いなくハッピーな気持ちになる。気分上々で皆を迎えて、またこの曲で皆で盛り上がってはいかがでしょうか。

(選曲・文/Kersee)

2.「Cherry Blossom Girl」 /AIR
日本人の季節感覚を代表する行事といえば、やはり春のお花見。

しかし、いざお花見当日となると、仲間とワイワイ騒いだり、周囲に気を遣ったりで、意外にじっくり風情に浸れなかったりするもの。そう思うと、実はひとり場所取りをしている時が、桜そのものを一番楽しめる時間なのかもしれませんよね。

そんな贅沢なひとときに、フランスを代表するエレクトロ・バンド、AIRの「Cherry Blossom Girl」なんていかがでしょう?2004年発表のアルバム『Talkie Walkie(トーキー・ウォーキー)』に収録されている人気曲です。目の前に広がる美しい風景を感じさせつつ、これから訪れる仲間たちとの楽しい時間も予感させるワクワク感がポイントです。

ええい、一足先にビール一缶ぐらい空けちゃいましょうか。

(選曲・文/伊藤威明)

3.「オレンジ村から春へ」/りりィ
普段は都会で仕事をしている友人達。田舎で暮らしている僕たちはなかなか会えません。でも年に一度。桜が咲く頃には、皆で集まってワイワイ楽しくお花見をするのです。タイトル通り、「春」の来訪を祝うこの曲は1975年にリリースされた資生堂のコマーシャル・ソング。女優としても活躍しているシンガー・ソングライター、りりィの曲です。「暖かい春がやって来たのだから」旧友たちに送る帰郷のメッセージ。もうすぐみんなと会える。春のワクワク感が伝わって、あなたを盛り上げてくれることでしょう。

※この曲はアルバム未収録。しかしながら「オレンジ村から春へ~ONアソシエイツ CM WORKS」(CDSOL1372)というオムニバスCDに収録されており、現在も入手可能です。

(選曲・文/旧一呉太良)

4.「Cherry Blossom」 / ALA.NI
https://www.youtube.com/watch?v=k7PJxrNEvFc
一人の花見番。皆が来る前にかつ丼などを食べて、体を温めておくっていうのもいいかもしれません。んー、おなかも膨れて気持ちよくなってきたぞ。ちょっとゴロゴロするかぁ。こんな時に聴いてほしいのが、イギリス、ロンドン出身の女性シンガー・ソングライター、アラ・ニが歌う「Cherry Blossom」。(2016年3月に国内発売されたデビュー・アルバム「You & I」に収録)気品ある歌声が、まったりととろけるようなメロディーに乗ってあなたを包み込む。桜の花びらがチラチラと落ちる様を見ながら、ほのぼのといい気分。あくびを一つ。ちょっとのんびりしましょうか。

(選曲・文/旧一呉太良)

5.「The Cherry Blossom In Japan」 / THE LOCH NESS MOUSE
https://www.youtube.com/watch?v=fNSyW_J78Rg#t=155
あと1時間後に皆が来る。それまではここで待っていないと。向こうでは一足早くお花見がスタート。まだまだ風が冷たいなー。こんな時は音楽を聴いて気分転換しましょう。ノルウェーのバンド、ザ・ロッホ・ネス・マウスが作ってくれたお花見ソングです。(2016年2月に発売された「The Loch Ness Mouse」に収録)優しく語り掛けるような歌声、和気あいあいとしたコーラス、爽やかなキーボード。まだ誰も来ないけれども、うららかな春の団らんが訪れてきました。ありがとう、ノルウェーの皆さん。思えば、ゆっくり桜を眺められるのも場所取り当番の特権ですね。さて、缶ビールを1本開けて。これはお花見のリハーサル。

(選曲・文/旧一呉太良)


関連ニュースRELATED NEWS

音楽ニュースMUSIC NEWS

BLUE ENCOUNT、11/21ツアーファイナル公演の模様をLINE LIVEにて生配信

J-POP2019年11月18日

 現在全国ツアー中のBLUE ENCOUNTが、ツアー最終日となる11月21日東京公演の様子を、LINE LIVEにて生配信することが分かった。  全国18か所22公演を巡る本ツアーは、今週のZepp Tokyo編でファイナルを迎える。今回 … 続きを読む

SpecialThanks、12月より4ヶ月連続配信リリース決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

通称“スペサン”ことSpecialThanksが11月18日、下北沢SHELTERにて開催した新体制初の東名阪ツアー『SpecialThanks TOUR 2019〜これからのスペサンの話をしよう〜』初日公演のMCにて、12月より4ヶ月連続 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、ツアー最終公演をLINE LIVEにて生配信決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

BLUE ENCOUNTが現在展開中の全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR2019「B.E. with YOU」』の最終日となる11月21日の公演をLINE LIVEにて生配信することを発表した。 これは11月20日にリリースされ … 続きを読む

<インタビュー前編>小林直己が、映画『アースクエイクバード』から得たものとは

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。1980年代の東京を舞台とした本作は、日本人写真家の禎司と恋に落ちる外国人女性、ルーシーが三角関係に心乱され、やがて殺人事件にまで巻き込まれていくサスペンス・ … 続きを読む

<インタビュー後編>小林直己、表現者として「誰かの心に残りたい」

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。メインキャストとして出演する、小林直己に作品について話を訊いた前編に続き、本ページでは後編を公開。ここでは “ダンサー”である小林が “役者”として本作に対し … 続きを読む

page top