The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!

2016年3月31日 / 14:00

The BONEZ (okmusic UP's)

背伸びもギミックもない、等身大のThe BONEZを刻み付けた渾身のニューアルバム『To a person that may save someone』が完成した。

振り返れば、前作『Beginning』はJESSE、NAKA、T$UYO$HI、ZAXのメンバー4人が膝を突き合わせ、イチから作り上げたという意味を表題に込めていた。その段階を経て、今作はこちらの予想を鮮やかに裏切り、期待を遥かに超えるバンド感を見せつけることに成功している。

冒頭の飾る表題曲を聴き、いままでとは決定的に何かが違うと瞬時にわかるほどだった。徐々に視界が開けていく明るい音色、ウォーウォーの合唱コーラスをイントロに、ヴォーカルは声を荒げるわけでもなく、演奏は過剰な熱量で押し切るわけでもない。リスナーと目と目を合わせ、じっくり対峙するような肝の座ったアプローチを取っている。力強く、懐深く、なにより人間味溢れる音に心の芯から熱くなる感覚だ。

もちろん従来のThe BONEZ節が炸裂した「Revolution feat.Hiro Fujita」のような骨太重厚ナンバーもあるので安心してほしい。荒ぶるシャウト、過剰な熱量も兼ね備えながら、今作が従来の作品と一線を画すのはメンバー4人の性格や息遣いがこれ以上なくダイレクトに音楽へ昇華されている点だろう。音楽ありきの人間ではなく、人間ありきの音楽という視座に彼らは立った。

アルバム名は「誰かを救えるであろう君へ」というメッセージを帯び、歌詞にも”I”と”YOU”という言葉を多用している。俺とおまえ、私とあなた、という関係性を色濃く打ち出しているのだ。まさに対・人に向けた作風へと様変わりした。

バラエティに富んだ楽曲を揃えつつも、紛うかたなきThe BONEZサウンドに仕上がっている点も素晴しい。JESSEが今作でラップを解禁し、歌心溢れるメロディと共存させる手法を選んだのも自然体=ありのままで勝負するようになった証だろう。内側の感情や衝動と素直に向き合い、着飾ることなく体当たりしてくる音像は温かく、優しく、強靭な人間力から生まれたものであることが伝わってくる。

そして、今作の発売にあたり、各楽曲について同世代で一緒に対バンを繰り広げる仲間たち、先輩や後輩、さらに著名人から多数コメントが寄せられている。ACIDMAN、BUCK-TICK、coldrain、Crossfaith、Def Tech、DIR EN GREY、Dragon Ash、HYDE、J、LMC、lynch.、MAN WITH A MISSION、ONE OK ROCK、RADIOTS、ROTTENGRAFFTY、SHADOWS、SUPER BEAVER、SiM、SOWLKVE、TEARS OF THE REVEL、TOTALFAT、UZMK、10-FEET、難波章浩など錚々たるメンツの中に、あの芥川賞を受賞したお笑いタレント・又吉直樹も熱い感想を寄せている。

そういえば、「今作は聴く人によって好きな曲が違う」とJESSEが零していた。加えて、その日の気分やシチュエーションで好きな曲が変わるような表情豊かな楽曲ばかりだ。洋楽/邦楽、ロック/ポップスの対立軸さえも無効化するスケール感のあるサウンドを是非体感してほしい。

TEXT:荒金良介

■各楽曲試聴、コメントはこちらから

http://www.thebonez2016.info/#!comment/mofot

アルバム『To a person that may save someone』
発売中

【初回限定盤】(CD+DVD)

TBRD-2800/¥2,800+税

【通常盤】(CD)

TBRD-0323/¥2,300+税

<収録曲>

01. To a person that may save someone

02. Revolution feat. Hiro Fujita

03. Paper crane

04. Louder

05. 1905

06. Stranger

07. Remember

08. Cosmic strings

09. Incredible

10. Wasted dreams

11. Friends

12. Leaf ※初回限定盤のみ収録

13. Waking up


音楽ニュースMUSIC NEWS

ひらめ「ポケットからきゅんです!」、読売ジャイアンツの選手たちが円陣で披露

J-POP2020年10月31日

 ひらめ「ポケットからきゅんです!」を、読売ジャイアンツの選手たちが試合前の円陣で披露した。  TikTokで著名人等を含む関連動画が30万に登り、総再生回数が数億回を誇る「ポケットからきゅんです!」。これまで、LINE MUSICデイリー … 続きを読む

Uru、アニメ『半妖の夜叉姫』ノンクレジット・エンディングムービーを公開

J-POP2020年10月31日

 Uruが、楽曲「Break」がエンディングテーマに起用されているTVアニメ『半妖の夜叉姫』のノンクレジット・エンディングムービーを公開した。  今回公開されたのは、『犬夜叉』の登場人物である殺生丸の双子の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の … 続きを読む

イヤホンズ、初のオンラインライブがいよいよ本日開催

ニュース2020年10月31日

高野麻里佳、高橋李依、長久友紀の3人からなる声優ユニット・イヤホンズが、10月31日(土)19:00より単独でのライブとしては約1年10カ月振りとなる『EARPHONES Theory of evolution Online Show』を開 … 続きを読む

DOMMUNEにて『細野晴臣大特集』が11/3放送決定

J-POP2020年10月31日

 11月3日にDOMMUNEにて『細野晴臣大特集』が放送されることが決定した。  11月3日のレコードの日に、細野晴臣ソロ作品の、80&90年代のワールド・ミュージック、アンビエントの名盤3作品と、10年代の近年のアルバム3作品の計 … 続きを読む

【ビルボード HOT BUZZ SONG】LiSA「炎」が2連覇 「紅蓮華」も再び注目が高まりえダウンロードが前週比166%に

J-POP2020年10月31日

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。LiSA「炎」が、2週連続となる首位を獲得した。  本作は、ダウンロ … 続きを読む

page top