佐野元春、音楽的冒険を繰り返して進化を遂げた90年代のアルバム6タイトルをリイシュー

2016年3月23日 / 19:00

佐野元春が90年代に発表したオリジナル・アルバム6タイトル (okmusic UP's)

佐野元春が90年代に発表したオリジナルアルバム6作品がニューリマスタリング/高品質Blu-spec CD2仕様で復刻し、3月23日にリリースされた。

80年代初頭に「サムデイ」や「ガラスのジェネレーション」といった楽曲を次々に発表、それまでの邦楽の価値観を覆し、一躍時代のカリスマとなった佐野元春。しかし、ソングライターとしての彼の真価は、むしろ90年代にこそあると言っていいだろう。リリースしたアルバムのトータルセールスは100万枚超と、80年代のアルバムと何ら遜色ない実績を挙げている。そして80年代以上にさまざまな音楽的冒険を繰り返し、さらなる進化を遂げたのも紛れもない事実だ。

今回リリースされるのは『タイム・アウト!』(1990年)、『スウィート16』(1992年)、『ザ・サークル』(1993年)、『フルーツ』(1996年)、『ザ・バーン』(1997年)、『ストーンズ・アンド・エッグス』(1999年)の全6作品。90年代、言葉とビートを高い次元で昇華させ、文学的な世界観に深くシフトしていった佐野元春。今回再リリースされるこれら6作品には、今も心を揺さぶる名曲の数々が収められている。ようやく彼の90年代が深く語られる時が訪れた。

なお、今回のリイシューにあたっては、名匠テッド・ジェンセンによる最新リマスタリング音源を使用。さらに立体感と奥行きが増した音質で、新旧ファンにとって、どのアルバムも新たな発見に満ちた素晴らしい仕上がりになっている。商品の詳細はソニーミュージックOTONANO内の佐野元春スペシャルサイトでご確認いただきたい。

■ソニーミュージック 佐野元春 スペシャルサイト

http://www.110107.com/moto_albums


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top