家入レオ 東名阪Zeppワンマン初日レポート到着 秋の全国ツアー開催決定

2016年2月3日 / 19:58

 2月17日に、11thシングル『Hello To The World』をリリースする家入レオが、2月2日 Zepp DiverCityにてワンマン公演【家入レオ LIVE at Zepp 2016 ~two colours~】を開催。公式レポートが到着した。

 ワンマン公演としては、昨年5月に開催し約2万人を動員した自身4度目の全国ワンマンツアー【家入レオ 4th ワンマンTOUR~20 twenty~】以来、約7か月ぶり。また、2012年2月15日、当時17歳の時にシングル『サブリナ』でメジャーデビューを果たした家入レオにとっては、デビュー5年を目前に控えての2016年第1弾となった本日の初日公演。今回開催される【家入レオLIVE at Zepp 2016 ~two colours~】は、サブタイトルに“two colours”を冠しているとおり、家入が持つ“2つの色”をテーマとして、熱いバンドサウンドからアコースティック、初の生ストリングスなど、家入レオが持つ“2つの色”を表現したライブコンセプトとなっている。

 定刻の19時をまわり、暗転したステージにまずは2人のギタリストにスポットライトがあたりイントロをかき鳴らす中、次にスポットライトがセンターに照らされ、アコースティックギターを弾き抱えた家入がステージに現れるや一気に歓声に包まれると、初となるアコースティックギター3本編成で自身のデビュー曲「サブリナ」を披露し、この日のライブがスタート。アコースティックギターのまま続いた2曲目「lost in the dream」では、曲中でベース、ドラム、キーボードが登場し一気に会場をバンドサウンドで盛り上げるなど、今回のライブコンセプトらしい演出で立て続けに3曲を披露。

 「今日は2016年はじめてのライブということで、すごくワクワクしてます」「今回は東京、名古屋、大阪だけのワンマンライブだから、全国ツアーとはちょっと違った雰囲気で音楽を届けたいと思ってます。みんな最後までよろしくね」と本日最初のMC。その後は、「Shine」などのヒット曲をはじめ、2月17日発売のニューシングルに収録されるシンディ・ローパーのカバー曲「Time After Time」のライブ初披露などロックサウンドからミディアムナンバーまで幅広い選曲で会場を盛り立てるなか中盤戦に突入。

 続いては、昨日2月1日から放映が始まり、本日がライブ初披露となるNHK『みんなのうた』2~3月度の新曲「オバケのなみだ」を披露。また、ライブ終盤では自身初のストリングス編成で、ドラマ主題歌として大ヒットした「Silly」、「君がくれた夏」、これもこの日初披露となるトリーネ・レインのカバー曲「Just Missed The Train」などをバイオリンを加えたスペシャルバージョンのアレンジでバラードから煽るようなロックナンバーまで立て続けに披露し会場が熱狂に包まれるなか本編が終了した。

 会場からのアンコールを受け、今回のツアーTシャツを着用して再度ステージに登場した家入。「みなさん、もう知ってらっしゃる方もいらっしゃると思うんですけど、2月17日にニューシングルをリリースします。2015年は自分が成人したり、春から夏にツアーやったりして、いろいろと得るものが多い年でした。そして、もっとみんなに楽しんでもらえるような音楽を作りたいと思ったとき、新曲のイメージはライブで一つになれる曲を作りたいと思ったんです。その想いだけで曲を作ったんで、今ここでライブ初披露してもいいですか?」とMCすると会場からは大歓声があがり、「それでは、2016年は駆け抜けていくんだという決意と共に、そして会場のみなさん、今日から明日に向かって歩いていこうよ、そんな気持ちを込めて歌います」と、ニューシングル曲「Hello To The World」をファン待望のライブ初披露。元Superflyの多保孝一をプロデューサーに迎えた久々のアッパーロックチューンに会場はこの日最高潮の盛り上がりを見せた。

 さらに、フィナーレではステージ中央でファンの拍手と歓声に応えるなか、家入が「ここでもう一つ大事なおしらせがあります。秋に全国ツアーが決定しました! 今回は自己最多となる20か所をまわらせてもらうので、是非また会いましょう!」とサプライズで発表。早くも発表された待望の5thワンマンツアー開催決定に会場からは再度大歓声があがり、110分にわたる初日公演は大盛況で幕を閉じた。【家入レオ LIVE at Zepp 2016~two colours】は、2月4日 愛知・Zepp Nagoya、翌5日に大阪・Zepp Nambaで開催。

 サプライズ発表された【家入レオ 5th ワンマンTour 2016】は、自身最大規模となる初の全国ホールツアーとなり、9月17日 三郷市文化会館大ホールを皮切りに12月10日 東京国際フォーラムホールAまで、20か所20公演にわたって開催。なお、2月17日に発売するニューシングル『Hello To The World』の3形態(初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤)すべてに“5thワンマンTour 2016”先行抽選予約シリアルナンバーが封入されることも発表。応募受付は2月16日 18時~2月29日23時迄となる。

 また、ニューシングルに収録される「オバケのなみだ」の音源視聴もオフィシャルホームページにてスタート。2月6日からは「Hello To The World」が起用されるTBS系テレビ『CDTV』2~3月度オープニングテーマの放映もスタートする。


音楽ニュースMUSIC NEWS

リンゴ・スター、80歳の誕生日を祝う配信イベントでBlack Lives Matterに言及

洋楽2020年7月8日

 2020年7月7日に80歳の誕生日を迎えたリンゴ・スターが、米ハリウッドの<キャピトル・レコーズ>の前で開催している毎年恒例の誕生日イベントを、今年はYouTube上で行った。イベントの収益は、ブラック・ライヴス・マター・グローバル・ネッ … 続きを読む

元カサビアンのトム・ミーガン、元婚約者への暴行罪で有罪に

洋楽2020年7月8日

 現地時間2020年7月7日、カサビアンの元フロントマンのトム・ミーガンが、元婚約者を暴行した罪を認め、英レスター治安裁判所から200時間の社会奉仕活動を命じられた。彼は、この前日にカサビアンを脱退しており、バンドは声明でトムが長年「個人的 … 続きを読む

ジュース・ワールド、ホールジーを迎えた新曲を解禁&アルバムの発売も発表

洋楽2020年7月8日

 2019年12月に21歳の若さで死去した米シカゴ出身のラッパー、シンガー・ソングライターのジュース・ワールドが、ホールジーをフィーチャリングに迎えた新曲「Life’s A Mess」を世界同時解禁した。同時に公開されたオフィシャルのヴィジ … 続きを読む

進化を続けるオルタナティヴ・ロック界のカリスマ、ベックの誕生日

洋楽2020年7月8日

 7月8日はベックの50歳の誕生日。  ベックは1970年7月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。90年代前半にインディー・ロック界に彗星の如く現れ、様々なルーツ・ミュージックを包括した独創的なサウンドで常にオルタナティブ・ロック・ … 続きを読む

Kitri、レギュラーラジオ番組OAスタート&配信シングル「Lily」のリリックビデオ公開

J-POP2020年7月8日

 Kitri初のラジオレギュラー番組『E∞Tracks Selection ~Kitriのきとりごとらじお~』が、本日7月8日よりFM大阪にてスタートする。  同番組は、FM大阪のパワープレイやE∞Tracksに選ばれるなど、同局と関係の深 … 続きを読む

page top