蛭子能収『任侠野郎』長編映画初主演&挿入歌担当「高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません」

2016年1月14日 / 19:01

 映画『任侠野郎』(監督:徳永清孝)が完成し、2016年6月4日(土)に全国順次公開されることが明らかになった。

 この作品は、日本テレビ放送網と吉本興業が共同制作。男女問わず幅広い世代から人気を集める漫画家/俳優の蛭子能収が、長編映画初主演を務める。役どころは、かつて関東一円に名を響かせた元若頭・柴田源治(主人公)。過去と決別しようとするが、義理と人情が絡んで次第にヤクザ同士の争いに巻き込まれてしまう。男としての意地を貫いたその先に待つものとは……。蛭子能収の男気溢れる、ビジュアルまでもがカッコいい、かつて見たことがないほどの迫真の演技は必見。

 そして、柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英(NGT48)、大悟(千鳥)、橘ケンチ(EXILE)、佐藤二朗ら超豪華個性派キャスト陣が脇を固める。さらに、クライマックスへ向かう重要な場面で使用される挿入歌「任侠野郎」(作詞:福田雄一 作曲:牧戸太郎)は、蛭子自らが歌唱。味わいのある歌声を披露している。

 また、今作品は公開に先駆け、4月21日(木)から24日(日)まで沖縄県内で開催される【島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭】への出品と舞台挨拶が予定されている。

◎蛭子能収コメント
今日は、蛭子能収です。このたび初めて映画の主役をやらせていただいて一応撮影は無事に終了しました。元若頭が現在はクレープ屋を経営しているという設定で、でも義理が絡んで悪いヤクザの組織へ殴り込みをかけ次々とやっつけてゆくという話です。高倉健さんみたいな役ですが、自分でうまくできたとは思っていません。温かい目で「どんな映画になってるんだ?」と疑問に思いつつも映画を観に来て頂けたら、ありがたいです。よろしくお願い致します。

(C)2016『任侠野郎』製作委員会


音楽ニュースMUSIC NEWS

ROUGEがホストを務める『GBGB 2020』、布袋寅泰など第二弾出演アーティストを発表

ジャパニーズロック2020年1月18日

群馬県高崎市にて5月16日(土)、17日(日)に行なわれるフェス『FINAL GBGB 2020 ‘G-Beat Gig Box’』の第二弾出演アーティストとして、布袋寅泰、Ivy to Fraudulent Gam … 続きを読む

映画『キャッツ』公開記念、『レミゼ』&舞台『キャッツ』Blu-rayを5名様にプレゼント

洋楽2020年1月18日

映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる映画『キャッツ』が2020年1月24日より日本公開を迎える。  『キャッツ』は、全世界累計観客動員数8,100万人、日本公演通算1万回を記録する … 続きを読む

安田レイ、約4年ぶりとなるオリジナルアルバムのリリースが決定

ニュース2020年1月18日

安田レイがレギュラーを務めるラジオ『JA全農COUNTDOWN JAPAN』内にて、3月18日(水)に約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『Re:I』をリリースすることを発表した。 同アルバムは配信ヒットを記録し話題となっている「アシンメトリ … 続きを読む

上坂すみれ、ニューアルバム特典よりジャケットやMVのメイキング映像ダイジェスト版を公開

ニュース2020年1月18日

上坂すみれが1月22日(水)にリリースする4thアルバム『NEO PROPAGANDA』より、初回限定盤Aに収録される映像特典『NEO PROPAGANDA MAKING』のダイジェスト映像を公開した。 『NEO PROPAGANDA MA … 続きを読む

page top