RADWIMPS、対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」第九夜の相手は同郷のいきものがかり!

2015年11月26日 / 12:00

11月24日(火)@横浜アリーナ(RADWIMPS) (okmusic UP's)

RADWIMPSが連日熱演を繰り広げる「RADWIMPS 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の第九夜となる11月24日(火)、横浜アリーナにて同郷の同志いきものがかりを迎えて開催された。

「RADWIMPSとはずっと違う道を進んでいると思ってました。でも、10年経って、違うものを作っていると思っていた人に、手を差し伸べてもらって。真ん中の部分ではちゃんと繋がっているんじゃないかと信じてステージに立ちました。繋がることができて、本当に嬉しかったです」

水野良樹が語った、その言葉がすごく胸に迫った。「方向性が全く違うじゃない? 一番タイプが違うでしょう、僕ら」とMCで彼が言っていたように、RADWIMPSといきものがかりは、今回の対バンツアーの中でも、最も予想外の組み合わせだった。「おお!と思った人も一杯いるんじゃないですか?」と野田洋次郎も言っていた。

共に神奈川県出身で、世代も、デビューの時期も近かった両者。共にFMヨコハマで番組を持っていたりもした。でも、そこから10年、それぞれは別の道を歩んできた。「みんな」を包む半径の大きな歌を紡いできたいきものがかりと、「一人」を焦点に胸を貫くような歌を作ってきたRADWIMPS。でも、その二組が初めて交わったこの夜に感じさせてくれたのは、どちらもやっぱり、音楽に対して真っ向から情熱を注いできた、ということ。それが大きな熱量になって放たれていた、ということだった。

水野は最初のMCで「完全アウェーだと思ってます」と言っていたけれど、そんなことは全然なかった。「ありがとう」や「風が吹いている」など代表曲を次々と披露し、「じょいふる」では吉岡聖恵がステージ狭しと走り回り、「絶対に楽しませてやるぞ」という気負いのようなものを見せてくれた。お客さんの一人一人も、手拍子して、飛び跳ねて、一緒に歌って、大きな盛り上がりのうねりを作っていく。

RADWIMPSも圧巻だった。喜怒哀楽の全てを色鮮やかに塗りつけるようなステージ。森瑞希と刄田綴色のツインドラムが、突進力を持って響く。野田、桑原、武田のプレイが躍動的なエネルギーとなって爆発する。昨日がバンドのメジャーデビュー記念日だったという彼ら。野田は「今日は10年と1日目、すがすがしくて気持ちいいです」と前に進んでいく意志を語る。「時間をかけて、心をこめて作った曲です」と、この日に店着日だったニューシングルから新曲「 ‘I’ Novel 」を披露。愛しさの感情がこみ上げてくるようなメロディを響かせた。

「彼らは僕らとはちょっと違うところで、だけど僕らが全く知らない責任や苦しみを抱えながら、ちゃんと音楽を届けたいとやってきた。そんな彼らと一緒にできて嬉しかったです」

野田洋次郎は最後、いきものがかりについて、こう語った。「僕らは音楽から目を背けずに、音楽に何の嘘もつかずにやってきた。これからもそれは変わらないと思います」と自分たちの10年を語り、「あなたが夢を追っているのなら、その道標になれたらいいなと思います」と、一人一人のお客さんに呼びかけた。

二つのバンドが歩んできた道。そのことを強く感じさせてくれた一夜だった。

text by 柴 那典

photo by 植本一子

■いきものがかり オフィシャル HP

http://ikimonogakari.com/

■RADWIMPS オフィシャル HP

http://radwimps.jp

■RADWIMPS 10th ANNIVERSARY HP

http://radwimps.jp/10th

『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』
11月04日(水) Zepp Tokyo

Guest Act : 米津玄師

11月05日(木) Zepp Tokyo

Guest Act : きのこ帝国

11月09日(月) Zepp Namba

Guest Act : plenty

11月10日(火) Zepp Namba

Guest Act : LOVE PSYCHEDELICO

11月12日(木) Zepp Sapporo

Guest Act : ゲスの極み乙女。

11月16日(月) Zepp Nagoya

Guest Act : ハナレグミ

11月18日(水) Zepp Fukuoka

Guest Act : クリープハイプ

11月23日(月祝) 横浜アリーナ

Guest Act : Spitz

11月24日(火) 横浜アリーナ

Guest Act : いきものがかり

11月25日(水) 横浜アリーナ

Guest Act : ONE OK ROCK

11月28日(土) Zepp Tokyo

Guest Act : Mr.Children

『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり』
12月23日(水・祝) 幕張メッセ国際展示場

開場/開演時間 16:30/18:00


音楽ニュースMUSIC NEWS

Mary’s Blood、3カ月連続ライブ『鋼鉄伝説』でゲストの小野正利とコラボパフォーマンスを披露

ジャパニーズロック2021年9月29日

Mary’s Bloodのシリーズ・ライヴ『鋼鉄伝説・下』が9月23日に目黒鹿鳴館にて開催された。この『鋼鉄伝説』シリーズは、7月に『上』、8月に『中』、今回の9月の『下』に渡るマンスリーライブとして完結する、企画色の高いライヴ … 続きを読む

HANCE、季節の変わり目をテーマにした大人のラブソング「left」配信リリース 海辺を舞台としたMVティザーも公開

J-POP2021年9月29日

 シンガーソングライター・HANCEの7thシングル「left」が、配信リリースされた。  本作は、大人の男の色気を漂わせた、秋を感じさせるメロウで切ないミディアムナンバーだ。HANCEは「大人のラブソングを私小説風にイメージして作った」と … 続きを読む

森 大翔、デビューシングル「日日」のMV公開

ジャパニーズロック2021年9月29日

9月29日に配信リリースとなった森 大翔のデビューシングル「日日」のMVがYouTubeで公開された。 「日日」は、歌とギターのみのシンプルな弾き語りナンバー。MVでは、ギターを演奏して歌う森 大翔をシンプルに撮影した内容で、『Young … 続きを読む

森 大翔、ギタースキルが垣間見える「日日」MV公開

J-POP2021年9月29日

 森 大翔のデビューシングル「日日」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開された。https://youtu.be/T-S61PIlDEw  本日9月29日にリリースされた「日日」は、歌とギターのみのシンプルな弾き語りナンバー。森 大 … 続きを読む

Mary’s Blood、目黒鹿鳴館にてシリーズライブ「鋼鉄伝説」2回目を開催!小野正利と奇跡のコラボを披露!

ジャパニーズロック2021年9月28日

Mary’s Bloodのシリーズ・ライヴ“鋼鉄伝説・下”が9月23日に目黒鹿鳴館にて開催された。この“鋼鉄伝説”シリーズは、7月に「上」、8月に「中」、今回の9月の「下」に渡るマンスリーライブとして完結する、企画色の高いライヴ … 続きを読む

amazon

page top