TOWER RECORDSのポスターに山田洋次監督&坂本龍一が登場

2015年11月17日 / 12:00

 TOWER RECORDSの「NO MUSIC, NO LIFE.」キャンペーンの意見広告シリーズに山田洋次監督と坂本龍一が登場することが決定した。

 本キャンペーンは、音楽を応援するために1996年にスタート。2008年からは、音楽(MUSIC)と世の中(LIFE)との接点を語る意見広告として様々なアーティストが参加している。坂本龍一は、12月12日に公開される山田洋次監督最新作『母と暮せば』の音楽を担当しており、今回のコラボ実現に至った。本キャンペーンは、11月17日より全国のタワーレコード全86店にて、約2か月にわたって展開される予定だ。

◎山田洋次監督メッセージ
「歌を忘れたカナリアは…」という童謡が昔あったけど、今の日本人は歌うことがない。更に云えば歌うことを奪われていると思う。 ぼくたちは自分の歌をうたうことをとり戻さなくてはならない。 

◎坂本龍一メッセージ
約1万年前まで、人類は長い定常状態のなかで暮らすことが多かった。その遺伝子は今でもぼくたちのなかに受け継がれている。しかし現代、特に20世紀以降、社会環境、自然環境、おまけに気候まで常に変動するなかにぼくたちは置かれている。
体や心にいろいろな不具合が生じるのも当然だ。
音楽は必ずぼくたちの思考や心から生じるので、そのような激変に常にさらされていることは音楽に大きな影響を与えるだろう。そのなかにあって常に変わらぬものを求めることも、また音楽なのである。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加

J-POP2020年1月27日

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする1stアルバム『1』の全収録楽曲情報を公開した。  既に収録がアナウンスされており、来週1月29日に先行配信がスタートされ … 続きを読む

【第62回グラミー賞】ジョナス・ブラザーズ、新曲2曲を披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、アルバム『ハピネス・ビギンズ』が全米1位を獲得したジョナス・ブラザーズがパフォーマンスを行った。  ブラスバンドを引き連れた3名は、新曲「What A Man Gotta Do」と … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リゾ「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、リゾの「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した。プレゼンターは、キース・アーバンとシンシ … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

洋楽2020年1月27日

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。 … 続きを読む

page top